基本的な使い方 (v5.1)

基本的な使い方をご説明します。詳細は以下のページを参照してください。

ヘルプ
https://poweraddress.jp/help/

参考)基本的な用語

フィールド  :姓、名、電話番号など、個々の情報を入力する欄
レコード   :一人分のフィールドの集まり、1レコードは一人分のデータ
現在のレコード:現在選択中または表示中の1レコード
対象レコード :検索や除外などで編成した現在表示中の複数のレコード
レイアウト  :ソフトの画面

レイアウトの切り替え

アプリケーションウィンドウ内のメニュータブ、サブメニュー、ボタン、アイコンなどをクリックして切り替えます。主なレイアウトは以下のとおりです。

リスト

複数のレコードを表示するレイアウトです。表示項目固定の8種類のリストと、個々のデータ項目を編集できる一覧表があります。

カード

個々のレコードを表示するレイアウトです。詳しい情報の入力および表示用に3種類のレイアウトがあります。

検索

レコード内のフィールドを横断検索するレイアウトと、3種類のカードに対応した検索レイアウトがあります。

インポート

指定されたファイルまたはデータソースからレコードをインポート(取り込み)するレイアウトです。

エクスポート

指定されたファイルにレコードをエクスポート(書き出し)するレイアウトです。バックアップや Mac の連絡先を更新するボタンも配置しています。

印刷

名簿印刷、はがき/封筒/ラベルへの宛名印刷を行うレイアウトです。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

メール

電子メールを作成し、メールソフト経由での送信を行うレイアウトです。

設定

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。

レコードの基本操作について

レコードの新規追加、複製、削除など基本操作は、レイアウト上にあるボタンをクリックして行います。主な操作ボタンは以下のとおりです。

新規

レコードを新規追加します。

複製

現在のレコードを複製します。

検索

カード検索レイアウトを開きます。

削除…

現在のレコードを削除します。対象レコードをすべて削除することもできます。

対象外…

指定したレコードを対象レコードから除外(一時的に非表示)します。複数のレコードを除外する場合は、現在のレコードを起点に除外数を指定します。現在のレコード以降のすべてを除外したい場合は、適当な大きな数字(1000件の対象レコードがある場合は9999など)を指定して除外します。

対象入替

対象レコードと除外したレコード(一時的に非表示にしたレコード)を入れ替えて表示します。

すべて表示

すべてのレコードを表示します。

データの入力

入力したいフィールドをクリックすると入力可能状態になります。Tab キーや return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

データの確定について

フィールドに入力された値は、データが確定された後に自動的に保存されます。データは、次のいずれかの操作を行った時点で確定されます。

  • 他のレコードを選択する
  • 現在のフィールド以外の場所をクリックする
  • Windows の場合、テンキーの Enter、または Ctrl+Enter を押す
  • Mac の場合、enter キーを押す

住所の入力について

住所欄は、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名の6つに分かれています。必ずしもこの分割方法を強要するものではありませんが、分割して入力しておけば、以下のような住所データが自動的に生成されます。

  • 郵便番号〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜番地の連結データ(2分割向け)
  • 市区町村〜町域の連結データ(3分割または4分割向け)
  • 町域〜建物名の連結データ(3分割向け)
  • 町域〜番地の連結データ(4分割向け)
  • 番地〜建物名等の連結データ(3分割または4分割向け)

これらのデータは、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名とともに、自由に組み合わせてエクスポートすることができます。これにより、一度入力した住所データを任意の形式で再利用することができます。

住所の分割数や表示方法が異なるファイル形式(vCard、Windows アドレス帳 CSV、Yahoo!アドレスブック CSV、Google Gmail 連絡先 CSV)にエクスポートする際は、対応する項目が自動的に割り当てられます。住所の分割数を意識したり、エクスポート後に別途編集する必要はありません。

郵便番号データベースについて

カードまたは印刷画面に配置している [所属] ラベルと住所欄の [〒] マークは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号データベースを起動すると、対応したフィールドの内容で郵便番号データベースを検索し、候補がある場合はそのリストを表示します。

候補の中から転載データに対応したボタン([〒]、[住所]、[事業所名]、[すべて])をクリックすると、該当するフィールドへデータが転載されます。

検索について

姓名の先頭文字で検索する「クイック検索」、データ項目を指定して検索する「カード検索」、複数のデータ項目を横断的に検索する「横断検索」の3種類の検索方法があります。

クイック検索

リストや印刷詳細レイアウトの画面上部にある [あ]、[か]、[さ] などのボタンをクリックして検索します。姓名の先頭文字や、マークの有無、英住所の検索および除外などを素早く検索できます。姓名の先頭文字から検索する場合は、あらかじめ姓名のふりがなが設定されている必要があります。

カード検索

データ項目を指定して検索します。リスト、カード、インポート、エクスポート、印刷レイアウトにある [検索] ボタンをクリックするか、検索レイアウトのサブメニュー(Simple、Full、Memo)から移行すると、カード検索レイアウトが表示されます。検索対象のフィールドにキーワードを入力し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

横断検索

複数のデータ項目を横断的に検索します。検索レイアウトのサブメニューから [横断検索] を選び、検索したいキーワードを入力すると、すべてのフィールドを対象に検索が行われます。

印刷について

名簿印刷、はがき/長封筒/洋封筒/ラベルへの宛名印刷が行えます。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

現在のレコードを1件だけ印刷する場合は、スクリプトメニューから「現在のレコードのみ表示」などを実行してあらかじめ対象レコードを1件にするか、プリントダイアログで「現在のレコード」を指定します。

対象レコードを一括して印刷する場合は、プリントダイアログで「対象レコード」を指定します。

ラベル印刷時は、印刷前に表示されるレイアウトで「現在のレコード」、「対象レコード」、「現在のレコードを繰り返し印刷」の中から選択して印刷します。

電子メールの作成と送信について

メール画面を使うと、メールソフト経由でのメール送信が簡単に行えます。メールソフトの挙動設定で [ダイアログなしで実行] を OFF にしておけば、メールを送信する前に内容を確認することができます。より複雑な処理は、FileMaker 版をご利用ください。

レコードの状態表示

リスト/カード/印刷レイアウトの画面右上には、レコードの状態を示す情報が表示されています。

番号

対象レコードの中で、現在のレコードが何番目にあるかを表示します。対象レコードをソートすると番号も変わります。

対象

対象レコードの数を表示します。

総数

全レコードの数を表示します。

順序

対象レコードのソート状態を表示します。ソート名の前の記号「▲」は昇順、「▼」は降順を表しています。ソート後、レコードが新規追加または複製され、対象レコードが部分的にソートされているときは「△」や「▽」となります。

に投稿

住所録の移行方法に「iCloud 連絡先への移行方法」を追加

Apple iCloud の連絡先への移行方法

iCloud 連絡先
iCloud 連絡先への移行方法

住所録データの移行方法に「iCloud 連絡先への移行方法」を追加しました。PowerAddress 5.0 の住所録データを iCloud の連絡先へ移行する方法を解説します。vCard ファイルを書き出すだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを iCloud クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。iPhone ユーザーにもおすすめです。vCard での移行なので、他の vCard の場合でも参考になるかと思います。

追加したヘルプ

外部サイト

に投稿

住所録の移行方法に「Google Gmail 連絡先への移行方法」を追加

Google の連絡先アプリへの移行方法

Google Gmail 連絡先
Google Gmail 連絡先への移行方法

住所録データの移行方法に「Google Gmail 連絡先への移行方法」を追加しました。PowerAddress 5.0 の住所録データを Google Gmail の連絡先アプリへ移行する方法を解説します。Google Gmail 連絡先 CSV ファイルを書き出すだけで簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを Google クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。Android ユーザーにもおすすめです。CSV での移行なので、PowerAddress を持っていない方でも参考になるかと思います。

追加したヘルプ

参考資料

外部サイト

に投稿

住所録の移行方法に「Office 365 (Outlook) 連絡先への移行方法」を追加

Outlook の連絡先アプリへの移行方法

Office 365 (Outlook)
Outlook on the web への移行方法

住所録データの移行方法に「Office 365 (Outlook on the web) 連絡先への移行方法」を追加しました。PowerAddress 5.0 の住所録データを Microsoft Office 365(Outlook on the web)の連絡先アプリへ移行する方法を解説します。Windows アドレス帳 CSV ファイルのヘッダー(1行目)を変えるだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを Outlook クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。CSV での移行なので、PowerAddress を持っていない方でも参考になるかと思います。

追加したヘルプ

参考資料

外部サイト

に投稿

各決済方法の手順を詳しく解説

に投稿

FAQ の「住所録を日本郵便の国際郵便マイページのアドレス帳へ移行するには?」を加筆修正

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。FAQ の「住所録を日本郵便の国際郵便マイページのアドレス帳へ移行するには?」を加筆修正しました。

国際スピード郵便(EMS)のラベル印刷に便利です。国際郵便マイページでお一人様につき、1回のお申し込みで各5枚までの印字を無料でオーダーすることができます。

  • EMS(物品用)ラベル:物品や書類を送られる方
  • EMS(書類用)ラベル:書類のみを送られる方
に投稿

住所録の移行方法に「カードケータイ KY-01L への移行方法」を追加

NTTドコモのカードケータイ KY-01L

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。住所録データの移行方法に以下のページを追加しました。

PowerAddress 5.0 の住所録を NTTドコモのカードケータイ KY-01L(Android)の連絡先アプリへ移行する方法を Windows と Mac 別に解説します。

に投稿

サイトのコンテンツを移行中

ライセンス購入手続きは移行済み、FAQ などは移行中

現在、PowerAddress の FAQ やヘルプなどのコンテンツを poweraddress.powershift.jp から poweraddress.jp へ移行中です。サポート向けの記事や投稿(お知らせ)にリンク切れや重複があるかと思います。解消に向けて作業しておりますので、完全な移行までもうしばらくお待ちください。ライセンスのご購入に関しては既に poweraddress.jp へ移行済みです。ご安心ください。

新サイト:poweraddress.jp
旧サイト:poweraddress.powershift.jp

サポート向けの記事や投稿内容について、ご不便をおかけして申し訳ございません。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

2019/03/24 追記

サイトの移行が完了したことをお知らせいたします。

ご利用の手引き

ダウンロード、起動方法、基本的な使い方

さあはじめましょう!
さあはじめましょう!

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベースソフト PowerAddress(以下 PA)の利用手引きです。ぜひダウンロードしてお試しください。ダウンロードから起動方法、基本的な操作方法を解説します。PA にデータを入力し、長く使える住所録や顧客管理名簿を作成しましょう。

住所録の編成は自由に変えられます

ウインドウ毎に操作可能
ウインドウ毎に操作可能

データベースに入力した住所録は、必要なものだけを表示して並び替えたり、一括して編集したり、印刷したりできます。

すべての友人や顧客を表示したい場合は、レイアウト上の [全て表示] ボタンをクリックします。ある条件の友人や顧客を表示したい場合は、検索機能を使って抽出します。男性だけ、女性だけ、友人だけ、来月が誕生日の顧客だけなど、住所録の編成は必要に応じて自由に変えられます。

一つのウインドウでは足りないですか? 心配ありません。ウインドウメニューから [新規ウインドウ] を選択してください。ウインドウ毎に検索、並び替え、レイアウトの切り替え、印刷などが可能です。ある条件で検索したリストと、別の条件で検索したリストをウインドウ毎に見比べることもできます。

PA の操作は検索が基本です

例えば、以下のようなことをしたい場合は、いくつかの検索機能や除外機能を使って、対象となる友人や顧客を抽出します。

  • 必要な人だけをリストやカードで表示したい、並び替えたい
  • 必要な人だけを更新したり、あるデータを一括して変更したい
  • 必要な人だけを CSV やエクセルなどのファイルに書き出したい
  • 必要な人だけを OS 付属のアドレスブックに送信したい(Mac)
  • 必要な人だけを宛名印刷したい、名簿印刷したい
  • 必要な人だけにメールを作成し送信したい

PA では、一人分のデータのことを「レコード」、検索などで抽出した人たちを「対象レコード」と呼びます。操作の対象となるレコードです。この対象レコードに対して、表示、並び替え、印刷などの操作を行います。

データベースならではの柔軟で強力な検索方法

必要なものを検索して表示、印刷
必要なものを検索して表示、印刷…

データベースに様々なレコードを登録しましょう。エクセルのようにシートを分ける必要はありません。必要に応じてレコードを抽出し、リスト表示、並び替え、一括削除、エクスポート、印刷、メール送信などの処理を行います。対象レコードは自由に編成することができます。この対象レコードを選ぶ基本操作が「検索」です。

まずは大雑把にクイック検索や横断検索を行い、条件に応じてカード検索の絞り込みを数回行うなど、様々な検索を組み合わせた柔軟な検索が可能です。住所録データベースの PA だから出来るパワフルな検索をお試しください。

横断検索やカード検索のオプションを使うと、現在の対象レコードから任意の条件のレコードを絞り込んで検索したり、現在の対象レコードに任意の条件のレコードを加えたりすることができます。

カード検索は、さらに複雑な検索が可能です。カード検索は、カード検索画面の右上にある [新規]、[複製]、[削除] ボタンを使って、条件毎の検索画面を新規作成、複製、削除することができます。例えば、1つのカード検索画面内で複数のフィールドに条件を入力した場合は AND 検索となります。カード検索画面を増やして条件を加えた場合は OR 検索となります。

目印があれば、より簡単に検索できます

目印があると検索が簡単に
目印があると検索が簡単に

もうお気付きでしょう。強力な検索を活かすために重要になるのが、データの記録方法です。後で検索することを意識して、カテゴリやメモ1〜8などを活用しましょう。そう、重要なレコードには、検索の目印になる情報を付加しておくのです。タグ付けのようなものです。

例えば、顧客との関係を A,B,C… などのテキスト、5段階や10段階の数値、○や△などの記号を使って記録しておくと、後で検索やソートするときに便利です。来店回数や面談回数も数値化しておくと便利ですね。来店最終日、DM 送付日、面談日などを記録しておけば、期間を指定した検索が可能になります。フィールドが足りなければ、未使用の欄を使うのも一つの方法です。

データの一括入力やメンテナンスに便利なのが、フィールド内容の全置換、フィールド内容の複製/移動/入替/追加などの機能です。データを揃えるための最適化処理もおすすめです。これらの機能を駆使してデータベースを整形していきます。

あなたが使いやすいように、自由にデータを記録してください。レコードの件数が増える度に、データベース化の利点を強く実感できるでしょう。PA であなただけのデータベースを作成してください。

既にご利用中のお客様へ

ダウンロードの前に、現在ご利用中の PowerAddress をバックアップすることをおすすめいたします。ダウンロードや複数設置の際は、現在ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きしたり削除しないようご注意ください。PowerAddress フォルダについてはこちらをご覧ください。

まずはダウンロードしてお試し!

好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.1 (.zip)FileMaker 版(Win zip 圧縮)15 MB
PowerAddress 5.1 (.dmg)FileMaker 版(Mac dmg 圧縮)19 MB
PowerAddress Win 5.1Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮)93 MB
PowerAddress Mac 5.1Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮)127 MB
v5.1 ダウンロードファイル一覧

FAQ (よくある質問と答え)

Q&A

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress のご購入に関する FAQ(よくある質問と答え)です。お問い合わせの前にご覧ください。

操作方法についての詳細はヘルプをご覧ください。ダウンロードから起動までの手順、住所録や名簿の作成方法、検索、印刷などの概要はご利用の手引きをご覧ください。

基本事項

ダウンロードから起動

入力と編集

分類、ソート

履歴

印刷

共有

移行

インポート

エクスポート

設定

購入

保守

サポート

参考資料