更新日

住所録データを iCloud の連絡先へ移行する方法を解説します。vCard ファイルを書き出すだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを iCloud クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。iPhone ユーザーにもおすすめです。vCard での移行なので、他の vCard の場合でも参考になるかと思います。

Mac 環境の場合

Mac 環境の場合は、エクスポート画面の [Mac 連絡先を更新…] を使って、Mac 連絡先経由で iCloud へ移行することも可能です。詳しくは以下のページをご覧ください。

移行手順

1. 準備

PowerAddress 5.0(Win アプリ版、Mac アプリ版、FileMaker 版)を起動し、移行したいデータを検索機能などを使って抽出します。すべてを移行したい場合は [全て表示] をクリックします。移行したいデータが決まったら、PowerAddress の設定> データ移行> vCard 画面を開き、vCard のエクスポート設定を確認します。vCard 3.0 出力文字セットが、「Unicode(UTF-8)」になっていることを確認してください。

PowerAddress の設定> データ移行> vCard

2. vCard ファイルをエクスポート

PowerAddress のエクスポート画面を開き、拡張タイプの「vCard」の右にある [エクスポート…] をクリックし、連絡先データを任意の場所に保存します。Mac 環境の場合は、エクスポートされた vCard ファイルの改行コードを CR から CRLF に変換する必要があります(Apple さん、CR でもインポートできるようにしてほしいなぁ)。

  • vCard のフォーマットは、vCard 3.0 を指定する
  • Windows 環境の場合は、ファイル名(vCard.vcf など)のほかにファイル種類(タブ区切り値)を指定する
PowerAddress のエクスポート> vCard

ちなみに、PowerAddress Mac の vCard 2.1 のエクスポート処理は、改行コードを CR から CRLF に変換しています。これは開発当時、Mac でエクスポートした vCard 2.1 が、Windows アドレス帳でもインポートできるよう考慮したためです。vCard 3.0 は、FileMaker Mac のデフォルトの改行コード CR のままエクスポートしています(FileMaker さん、Mac でも LF か CRLF にしてほしいなぁ)。

3. iCloud 連絡先へインポート

iCloud にログインし、下図の大きな赤枠の部分に vCard ファイルをドラック&ドロップするか、iCloud 連絡先の歯車メニューから「vCard 読み込み…」を実行し、vCard ファイルを指定してインポートします。

iCloud 連絡先> vCard を読み込む...

参考

  • iCloud がインポートできる vCard は、vCard 3.0、エンコーディング UTF-8、改行コードは CRLF か LF です。
iCloud 連絡先

移行可能な項目

この方法で移行できる項目は以下のとおりです。矢印の左側は PowerAddress の項目名、右側は iCloud 連絡先の項目名です。メモは、PowerAddress の設定> データ移行> vCard 画面で、任意の項目に変更することができます。必要であれば、vCard をエクスポートする前に設定してください。

  • 姓 → 姓
  • 名 → 名
  • 姓_ふりがな → 姓(ふりがな)
  • 名_ふりがな → 名(ふりがな)
  • 通称 → ニックネーム
  • 所属 → 会社名
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_TEL → 電話番号(勤務先)
  • 自宅_TEL → 電話番号(自宅)
  • 携帯電話 → 電話番号(携帯)
  • 所属_FAX → 電話番号(勤務先Fax)
  • 自宅_FAX → 電話番号(自宅Fax)
  • その他の番号 → 電話番号(その他)
  • 所属_HP → URL(勤務先)
  • 自宅_HP → URL(自宅)
  • 所属_郵便番号 → 郵便番号(勤務先)
  • 所属_都道府県 → 都道府県(勤務先)
  • 所属_市区町村 → 郡/市区町村(勤務先)
  • 所属_町域から建物名等 → 番地(勤務先)
  • 所属_国名 → 国(勤務先)
  • 自宅_郵便番号 → 郵便番号(自宅)
  • 自宅_都道府県 → 都道府県(自宅)
  • 自宅_市区町村 → 郡/市区町村(自宅)
  • 自宅_町域から建物名等 → 番地(自宅)
  • 自宅_国名 → 国(自宅)
  • 誕生年月日 → 誕生日
  • メモ or テキスト1〜4 or ポップアップ1〜4 など → メモ

PA のエクスポート機能をお試しください

FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動する場合やはじめての方はアプリ版をお試しください。好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.0 (.zip)FileMaker 版(zip 圧縮)15 MB
PowerAddress 5.0 (.dmg)FileMaker 版(Mac dmg 圧縮)18 MB
PowerAddress Win 5.0Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮)76 MB
PowerAddress Mac 5.0Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮)91 MB

関連ページ

外部サイト