Office 365 (Outlook on the web) 連絡先への移行方法

住所録データを Microsoft Office 365(Outlook on the web)の連絡先アプリ(アドレス帳)へ移行する方法を解説します。Windows アドレス帳 CSV ファイルの1行目のヘッダーを変えるだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを Outlook クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。CSV での移行なので、PowerAddress を持っていない方でも参考になるかと思います。

移行手順

1. Windows アドレス帳 CSV ファイルをエクスポート

PowerAddress 5.0(Win アプリ版、Mac アプリ版、FileMaker 版)を起動し、移行したいデータを検索機能などを使って抽出します。すべてを移行したい場合は [全て表示] をクリックします。移行したいデータが決まったら、PowerAddress のエクスポート画面を開き、拡張タイプの「Windows アドレス帳 (CSV)」の右にある [エクスポート…] をクリックします。フォーマットの指定を [Vista/7] にし、任意の場所に保存します。ボタン表示が古いままで申し訳ありません。

PowerAddress のエクスポート> Windows アドレス帳 CSV

2. エクスポートしたファイルのヘッダーを書き換える

エクスポートしたファイルを Windows 環境であればメモ帳、Mac 環境であればテキストエディット(改行を変える必用があるので CotEditor がおすすめ)で開き、1行目のヘッダを以下の内容に変えて保存します。Mac 環境の場合は、ファイルの改行コードを CR から CRLF に変換する必用があります(Microsoft さん、CR でもインポートできるようにしてほしいなぁ)。

“First Name”,”Last Name”,”Middle Name”,””,”Nickname”,”E-mail Address”,”E-mail 2 Address”,”E-mail 3 Address”,”Home Street”,”Home City”,”Home Postal Code”,”Home State”,”Home Country/Region”,”Home Phone”,”Home Fax”,”Mobile Phone”,”Personal Web Page”,”Business Street”,”Business City”,”Business Postal Code”,”Business State”,”Business Country/Region”,”Web Page”,”Business Phone”,”Business Fax”,”Other Phone”,”Company”,”Job Title”,”Department”,”Location”,”Notes”

“Middle Name” と “Nickname” の間の項目は Windows アドレス帳 CSV では「表示名」ですが、Office 365(Outlook)では該当する項目が無いので「””」にしています。Office 365(Outlook on the web)の連絡先の全フィールドはこちらをご覧ください。エクセルで編集する場合は以下のページを参考にしてください。

編集前の Windows アドレス帳 CSV
編集前(”名” 〜 “メモ”)
編集後の Windows アドレス帳 CSV
編集後(”First Name” 〜 “Notes”)

3. Office 365 (Outlook on the web) の連絡先アプリへインポート

Office 365 (Outlook on the web) にログインし、連絡先アプリの「管理」メニューから「連絡先をインポート」を実行し、手順2のファイルを指定してインポートします。

Office 365 (Outlook on the web) の管理メニュー

参考

  • インポート後の姓名の表示が「名 姓」になっている場合は、[姓の順] をクリックし、表示順を「名」から「姓」に変更します。
  • 無料(フリー)の Outlook の連絡先アプリでは部署が表示されません。連絡先の編集画面には表示されるので、インポートはされているようです。どこかに設定がある? Office 365 の連絡先アプリは部署が表示されます。個人用とビジネス用の違い?
  • 住所の並びが欧米向けで表示されます。どこかに設定がある?
Office 365 (Outlook on the web) の連絡先 (アドレス帳)

移行可能な項目

この方法で移行できる項目は以下のとおりです。矢印の左側は PowerAddress の項目名、右側は Office 365(Outlook on the web)連絡先アプリの項目名です。Office 365(Outlook on the web)の連絡先の全フィールドはこちらをご覧ください。

  • 姓 → 姓
  • 名 → 名
  • 通称 → ニックネーム
  • 所属 → 会社
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_国名 → 勤務先の国または地域
  • 所属_郵便番号 → 勤務先の郵便番号
  • 所属_都道府県 → 勤務先の都道府県
  • 所属_市区町村 → 勤務先の市区町村
  • 所属_町域から建物名等 → 勤務先の番地
  • 所属_TEL → 勤務先の電話
  • 所属_FAX → 勤務先 FAX
  • 所属_mail → 電子メール アドレス
  • 所属_HP → Web ページ
  • 自宅_国名 → 自宅の国または地域
  • 自宅_郵便番号 → 自宅の郵便番号
  • 自宅_都道府県 → 自宅の都道府県
  • 自宅_市区町村 → 自宅の市区町村
  • 自宅_町域から建物名等 → 自宅の番地
  • 自宅_TEL → 自宅の電話
  • 自宅_FAX → 自宅 FAX
  • 自宅_mail → 電子メール アドレス 2
  • 自宅_HP → 個人の Web ページ
  • 携帯電話 → 携帯電話
  • 携帯_mail → 電子メール アドレス 3
  • その他の番号 → その他の電話
  • メモ(備考欄) → メモ

PA のエクスポート機能をお試しください

FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動する場合やはじめての方はアプリ版をお試しください。好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.0 (.zip)FileMaker 版(zip 圧縮)15 MB
PowerAddress 5.0 (.dmg)FileMaker 版(Mac dmg 圧縮)18 MB
PowerAddress Win 5.0Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮)76 MB
PowerAddress Mac 5.0Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮)91 MB

関連ページ

外部サイト

に投稿

住所録の移行方法に「Office 365 (Outlook) 連絡先への移行方法」を追加

Outlook の連絡先アプリへの移行方法

Office 365 (Outlook)
Outlook on the web への移行方法

住所録データの移行方法に「Office 365 (Outlook on the web) 連絡先への移行方法」を追加しました。PowerAddress 5.0 の住所録データを Microsoft Office 365(Outlook on the web)の連絡先アプリへ移行する方法を解説します。Windows アドレス帳 CSV ファイルのヘッダー(1行目)を変えるだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを Outlook クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。CSV での移行なので、PowerAddress を持っていない方でも参考になるかと思います。

追加したヘルプ

参考資料

外部サイト

エクセルで郵便番号のハイフンを削除する方法

ハイフンがある郵便番号をハイフンなしの郵便番号に変換する方法を解説します。

手順

1. 郵便番号の列を選択

2. セルの書式設定を 0000000 に

3. 列を選択し「検索と選択> 置換…」を実行

4. 検索する文字列を「-」にし [すべて置換] をクリック

5. ハイフンの削除を確認し、CSV ファイルを保存

関連ページ

CSV やエクセルの住所録をインポートするには?

フィールド名を編集しておくと便利です

Q. 質問

他ソフトでエクスポートした CSV やエクセルの住所録をインポートするには?

A. 回答

CSV やエクセルの住所録には、「氏名」、「郵便番号」、「住所」など、他ソフトまたはお客様が決めた項目があると思います。PA にも「姓」、「名」、「自宅_郵便番号」などがあります。インポート時には、互いの項目を関連付ける操作が必要です。PA では、項目のことを「フィールド」、項目の位置合わせのことを「フィールドの照合」と呼んでいます。PA の用語についてはこちらをご覧ください。

フィールドの照合は手動でも行えますが、PA には同じフィールド名を自動で照合する機能があります。あらかじめ、CSV やエクセルの住所録のフィールド名を PA 向けに編集しておけば、インポート時の照合はとても簡単です。フィールドの順序は問いません。もし、CSV やエクセルの住所録にフィールド名がない場合(1行目にフィールド名がない場合)は、PA 用のフィールド名を付加しておきましょう。PA のフィールドの一覧はこちらをご覧ください。

CSV やエクセルの住所録を簡単にインポートする方法

すべてのフィールド名を編集しておけば、インポート時の照合を完全に自動化することができます。主なフィールドだけを変更し、残りを手動で照合したり、インポートから除外するという方法もあります。

一般的な手順は以下のとおりです。より詳しい情報は「エクセル住所録からの移行方法」をご覧ください。CSV でも基本的な移行方法は同じです。

1. CSV やエクセルのファイルを開く

インポートしたい CSV やエクセルのファイルを、テキストエディタやエクセルで開きます。以下のように1行目にフィールド名、2行目以降に住所録データがあると以降の作業が簡単になります。不要な行は削除しておきましょう。

 ABCD
1氏名郵便番号住所電話番号
2鈴木 一郎163-8001東京都新宿区西新宿2-8-103-1234-xxxx
3田中 二郎163-8001東京都新宿区西新宿2-8-203-1234-xxxx
4山田 花子163-8001東京都新宿区西新宿2-8-303-1234-xxxx

2. フィールド名を編集

CSV やエクセルのフィールド名を PA 向けに編集します。PA のフィールド名の一覧はこちらをご覧ください。ダウンロード可能なフィールド一覧ファイルもあります。以下は、1行目のフィールド名を PA 向けに編集した例です。エクセルで編集する場合はこちらも参考にしてください。

 ABCD
1自宅_郵便番号自宅_番地自宅_TEL
2鈴木 一郎163-8001東京都新宿区西新宿2-8-103-1234-xxxx
3田中 二郎163-8001東京都新宿区西新宿2-8-203-1234-xxxx
4山田 花子163-8001東京都新宿区西新宿2-8-303-1234-xxxx

姓名が連結している場合は、そのフィールド名を「姓」に編集しておきます。表計算ソフトで姓と名に分割しても構いませんが、姓と名の間にスペースがあればインポート後に自動で分割することができます。Mac であれば、ふりがなの自動生成も可能です。

郵便番号は「自宅_郵便番号」、都道府県以降の連結した住所は「自宅_都道府県」か「自宅_番地」などにインポートするとよいでしょう。インポート後に郵便番号データベースを使って住所を修正する場合は、「自宅_番地」などのフィールドにインポートすることをおすすめします。郵便番号さえあれば、カード画面にある「〒」をクリックして都道府県から町域までを自動入力することができます。あとは番地と建物名を編集するだけです。

PA の住所欄は、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名等の6つに分かれています。分割して入力しなくても、住所録の管理や宛名印刷は可能です。必ずしも6つの分割を強要するものではありませんが、分割して管理しておけば、宛名の住所がより美しいレイアウトになるほか、数種類の分割/連結データが自動生成され、住所データの再利用やフォーマット変換が容易になります。

誕生日が「1970/5/1」や「5/1/1970」などと連結した状態になっている場合は、そのフィールド名を「誕生年」に編集しておきます。これも姓名と同様、インポートした後に自動で分割することができます。年齢は誕生日をもとに自動計算しますのでインポートの必要はありません。

3. インポートするファイルを指定

PA のインポート画面を開き、標準タイプの [インポート…] ボタンをクリックします。

インポート

「ファイルを開く」ダイアログが表示されますので、編集済みのファイルを指定して開きます。ファイルの種類(Mac 版ではファイルタイプ)を「すべて」にすると、すべてのファイルが表示されます。CSV ファイルだけを表示したい場合は「コンマ区切り (CSV)」にします。

ファイルを開く

4. フィールドの照合

「フィールドデータのインポート順」ダイアログの左下にある「フィールド名が含まれる最初のレコードはインポートしない」をチェックします。この状態で画面右中にある配置順を「照合名順」にすると、インポート元のフィールドとインポート先のフィールドが自動的に照合されます。

フィールドデータのインポート順ダイアログ

5. インポートを実行

フィールド順を確認し、画面右下の [インポート] ボタンをクリックします。

6. インポート後の修正

他ソフトから住所録データを移行した場合は、必要に応じてインポート後のデータを修正するとよいでしょう。詳しくは以下のページをご覧ください。

参考資料

表計算ソフトは、Excel などの市販ソフトのほかに、OpenOffice.org のような無料で使えるソフトもあります。Win 版と Mac 版がありますので、表計算ソフトをお持ちでない方はダウンロードしてお試しください。

Mac で Shift JIS の CSV ファイルを開く場合は、テキストのインポート画面の文字列を「Unicode (UTF-8)」から「日本語 (Shift_JIS)」に変更します。Windows 版の場合は、デフォルトの「日本語 (Windows-932)」か「日本語 (Shift_JIS)」にします。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ

Microsoft Office 365 (Outlook on the web) 連絡先のフィールド一覧

連絡先アプリ(アドレス帳)の項目一覧

Office 365 (Outlook on the web) 連絡先
Office 365 (Outlook on the web) 連絡先

Microsoft Office 365(Outlook on the web)の連絡先アプリ(アドレス帳)のフィールド一覧です。連絡先アプリを使うには、Office 365 のサインインページまたは Outlook.com にアクセスし、アプリの一覧から「連絡先」を選びます。連絡先の編集、インポート、エクスポートなどの操作はブラウザで行います。

以下は、編集可能な全項目を CSV でエクスポートしたときのヘッダーです。ご参考まで。

CSV ファイルのヘッダー

First Name,Middle Name,Last Name,Title,Suffix,Nickname,Given Yomi,Surname Yomi,E-mail Address,E-mail 2 Address,E-mail 3 Address,Home Phone,Home Phone 2,Business Phone,Business Phone 2,Mobile Phone,Car Phone,Other Phone,Primary Phone,Pager,Business Fax,Home Fax,Other Fax,Company Main Phone,Callback,Radio Phone,Telex,TTY/TDD Phone,IMAddress,Job Title,Department,Company,Office Location,Manager’s Name,Assistant’s Name,Assistant’s Phone,Company Yomi,Business Street,Business City,Business State,Business Postal Code,Business Country/Region,Home Street,Home City,Home State,Home Postal Code,Home Country/Region,Other Street,Other City,Other State,Other Postal Code,Other Country/Region,Personal Web Page,Spouse,Schools,Hobby,Location,Web Page,Birthday,Anniversary,Notes

以下ご参考まで。

項目一覧表

以下は、Office 365(Outlook on the web)連絡先 CSV の項目一覧表です。

Outlook の項目内容、ラベル名Outlook → PA時の項目例PA → Outlook 時の項目例
First Name
Middle Nameミドル ネーム
Last Name
Title敬称
Suffix敬称 (名前の後)敬称敬称
Nicknameニックネーム通称通称
Given Yomi名(フリガナ)名_ふりがな名_フリガナ
Surname Yomi姓(フリガナ)姓_ふりがな姓_フリガナ
E-mail Addressメール アドレス所属 or 自宅 or 携帯_mail所属_mail
E-mail 2 Addresメール アドレス所属 or 自宅 or 携帯_mail自宅_mail
E-mail 3 Addressメール アドレス所属 or 自宅 or 携帯_mail携帯_mail
Home Phone自宅電話番号自宅_TEL自宅_TEL
Home Phone 2自宅電話番号
Business Phone勤務先電話番号所属_TEL所属_TEL
Business Phone 2勤務先電話番号
Mobile Phone携帯電話番号携帯電話携帯電話
Car Phone
Other Phoneその他の電話番号その他の番号その他の番号
Primary Phone
Pagerポケットベル
Business Fax勤務先 FAX所属_FAX所属_FAX
Home Fax自宅 FAX自宅_FAX自宅_FAX
Other Faxその他の FAX
Company Main Phone組織の代表番号
Callbackコールバック先電話番号
Radio Phone無線電話の番号
Telexテレックス
TTY/TDD PhoneTTY
IMAddressチャット
Job Title役職役職役職
Department部署部署部署
Company会社所属所属
Office Location
Manager’s Name
Assistant’s Nameアシスタント名
Assistant’s Phoneアシスタントの電話番号
Company Yomi会社名 (フリガナ)所属_ふりがな所属_フリガナ
Business Street勤務先 番地所属_番地所属_町域から建物名等
Business City勤務先 市区町村所属_市区町村所属_市区町村
Business State勤務先 都道府県所属_都道府県所属_都道府県
Business Postal Code勤務先 郵便番号所属_郵便番号所属_郵便番号
Business Country/Region勤務先 国/地域所属_国名所属_国名
Home Street自宅 番地自宅_番地自宅_町域から建物名等
Home City自宅 市区町村自宅_市区町村自宅_市区町村
Home State自宅 都道府県自宅_都道府県自宅_都道府県
Home Postal Code自宅 郵便番号自宅_郵便番号自宅_郵便番号
Home Country/Region自宅 国/地域自宅_国名自宅_国名
Other Streetその他 番地
Other Cityその他 市区町村
Other Stateその他 都道府県
Other Postal Codeその他 郵便番号
Other Country/Regionその他 国/地域
Personal Web Page個人の Web ページ自宅_HP自宅_HP
Spouse配偶者/パートナー配偶者_名配偶者_名
Schools
Hobby
Location
Web PageWeb ページ所属_HP所属_HP
Birthday誕生日誕生年 or 誕生月 or 誕生日誕生年月日
Anniversary記念日
Notesメモメモメモ

Outlook の連絡先を PA にインポートした際は、こちらのページを参考に連絡先データを微調整してください。住所の編集、誕生日の分割、最適化などが行えます。

連絡先(アドレス帳)のスクリーンショット

無料の個人用 Web メール Outlook.com の連絡先アプリのスクリーンショットです。Office 365 の Outlook on the web の連絡先アプリとほぼ同じ構成です。

関連ページ

外部サイト

に投稿

Outlook 2010 連絡先のフィールド一覧

Outlook 2010 の項目一覧、PA との対応

Outlook 2010 連絡先をエクスポートしたときのフィールド名の一覧です。1列目は、Excel 97-2003 形式でエクスポートしたときのフィールド名です。2列目は、テキストファイル(カンマ区切りまたはタブ区切り)でエクスポートしたときのフィールド名です。Outlook 2010 の連絡先をエクスポートする方法はこちらをご覧ください。

3列目は、PowerAddress(以下 PA)にインポートするときの割り当て例です。Outlook 2010 は、エクスポート時にフィールド名を編集できます。PA にインポートする場合は、あらかじめ PA のフィールド名に変更しておくと便利です。赤字のフィールドが実際の編集例です。黒字のフィールドは、フィールド名が一致しているので編集不要です。その他のフィールドはそのままにするか、PA の任意のフィールドに割り当てます。PA 5.x の入力可能なフィールド名はこちらをご覧ください。

互いのフィールド名が一致していれば、PA でのインポートはとても簡単です。インポート時にフィールドの配置順を「照合名順」にすると、フィールドの位置合わせが一瞬で終わります。

Excel 97-2003 のフィールド名CSV または TSV のフィールド名PA フィールドの割り当て例
肩書き肩書き 
ミドルネームミドル ネーム 
敬称敬称敬称
会社名会社名所属
部署部署部署
役職役職役職
番地会社番地 (会社)所属_番地
住所2会社住所 2 (会社) 
住所3会社住所 3 (会社) 
市町村会社市町村 (会社)所属_市区町村
都道府県会社都道府県 (会社)所属_都道府県
郵便番号会社郵便番号 (会社)所属_郵便番号
国会社地域国 (会社)/地域所属_国名
番地自宅番地 (自宅)自宅_番地
住所2自宅住所 2 (自宅) 
住所3自宅住所 3 (自宅) 
市町村自宅市町村 (自宅)自宅_市区町村
都道府県自宅都道府県 (自宅)自宅_都道府県
郵便番号自宅郵便番号 (自宅)自宅_郵便番号
国自宅地域国 (自宅)/地域自宅_国名
番地その他番地 (その他) 
住所2その他住所 2 (その他) 
住所3その他住所 3 (その他) 
市町村その他市町村 (その他) 
都道府県その他都道府県 (その他) 
郵便番号その他郵便番号 (その他) 
国その他地域国 (その他)/地域 
秘書の電話秘書の電話 
会社FAX会社 FAX所属_FAX
会社電話会社電話所属_TEL
会社電話2会社電話 2 
コールバックコールバック 
自動車電話自動車電話 
会社代表電話会社代表電話 
自宅FAX自宅 FAX自宅_FAX
自宅電話自宅電話自宅_TEL
自宅電話2自宅電話 2 
ISDNISDN 
携帯電話携帯電話携帯電話
その他のFAXその他の FAX 
その他の電話その他の電話その他の番号
ポケットベルポケットベル 
通常の電話通常の電話 
無線電話無線電話 
TTYTDDTTY/TDD 
テレックステレックス 
ID番号ID 番号ID
WebページWeb ページ所属_HP
アカウントアカウント 
イニシャルイニシャル 
インターネット空き時間情報インターネット空き時間情報 
キーワードキーワード 
その他住所私書箱その他住所私書箱 
ディレクトリサーバーディレクトリ サーバー 
プライベートプライベート 
マネージャーマネージャー 
メモメモメモ
ユーザー1ユーザー 1テキスト1
ユーザー2ユーザー 2テキスト2
ユーザー3ユーザー 3テキスト3
ユーザー4ユーザー 4テキスト4
会社ID会社 ID 
会社住所私書箱会社住所私書箱 
会社名フリガナ会社名フリガナ所属_ふりがな
記念日記念日 
経費情報経費情報 
言語言語 
参照事項参照事項 
子供子供子供1_名
支払い条件支払い条件 
事業所事業所 
自宅住所私書箱自宅住所私書箱 
趣味趣味 
場所場所 
職業職業 
姓フリガナ姓フリガナ姓_ふりがな
性別性別性別
誕生日誕生日誕生日
電子メールアドレス電子メール アドレス 所属_mail
電子メールの種類電子メールの種類 
電子メール表示名電子メール表示名 
電子メール2アドレス電子メール 2 アドレス自宅_mail
電子メール2の種類電子メール 2 の種類 
電子メール2表示名電子メール 2 表示名 
電子メール3アドレス電子メール 3 アドレス携帯_mail
電子メール3の種類電子メール 3 の種類 
電子メール3表示名電子メール 3 表示名 
配偶者配偶者配偶者_名
秘書の氏名秘書の氏名 
秘密度秘密度 
分類分類カテゴリ
名前フリガナ名前フリガナ名_ふりがな
優先度優先度 

Outlook 2010 連絡先の誕生日データは、YYYY/MM/DD 形式です。PA の誕生日フィールドは、誕生年、誕生月、誕生日の3つに分かれています。でも安心してください。上記のように一旦、PA の誕生日フィールドにインポートし、インポート後にスクリプトメニューから「誕生年月日を分割…」を実行してください。誕生日データは、自動的に分割されます。

関連ページ

Microsoft Excel (エクセル)

Microsoft Excel 形式のファイルです。Excel ワークブック (xlsx) と Excel 95 – 2004 ワークブック (xls) のインポートおよびエクスポートに対応しています。Mac OS X Lion 10.7 以降の環境や iOS 環境では、Excel 95 – 2004 ワークブック (xls) のエクスポートはサポートされません。

インポートについて

複数のワークシートまたは名前の付いた範囲がある場合は、それらを選択することができます。また、先頭行がフィールド名であるかデータであるかを選択することができます。式、図、グラフィック、注記(コメント)はインポートできません。

拡張子の例:*.xls、*.xlsx
対応する動作環境:Windows、Mac

エクスポートについて

フィールド名を最初の行の列名としてエクスポートすることができます。画像フィールド(オブジェクトフィールド)はエクスポートできません。

すべてのフィールドは 32,767 文字で切り捨てられます。切り捨てが行われた場合は、エクスポート後にエラー番号 736 が出力されます。備考欄に大量のデータを入力している場合は注意が必要です。

また、エクスポート時、現在のテーブルのすべてのフィールドを指定している場合は、管理用のフィールド(フィールド名に4桁の数字を含むもの)を削除し、「カテゴリ」~「整理番号」までのフィールドをエクスポートするようにしてください。管理用のフィールドは32,767文字を越える場合があります。管理用のフィールドは、ユーザーには無関係なデータが格納されているため、エクスポートする必要はありません。

デフォルトの拡張子:*.xls、*.xlsx
対応する動作環境:Windows、Mac、iOS (iPad、iPhone、iPod touch)

関連ページ