パソコン買い替え時の移行方法は?

PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペースト

Q. 質問

パソコンを買い替えたときの住所録の移行、最も簡単な方法は?

A. 回答

住所録データの移行はとても簡単です。最も簡単な方法は、現在お使いの PowerAddress フォルダを丸ごとコピーし、新しいパソコンにペースト(貼り付け)する方法です。コピー&ペーストは、会社や自宅内の LAN 経由、USB メモリ、オンラインストレージ経由などで行うとよいでしょう。念のため、バックアップをとってから移行することをおすすめします。

FileMaker 版の移行

FileMaker 版は Win/Mac 完全互換です。新しいパソコンが Windows でも Mac でも、PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけです。

Win アプリ版の移行

事前に動作環境を確認してください。動作可能であれば、PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけです。新しいパソコンが Mac の場合は、新しいパソコンで Mac アプリ版をダウンロード&インストールし、住所録ファイル(PowerAddress フォルダ内の data ファイル)だけをコピー&ペースト(上書き)してください。

Mac アプリ版の移行

事前に動作環境を確認してください。動作可能であれば、PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけです。新しいパソコンが Windows の場合は、新しいパソコンで Win アプリ版をダウンロード&インストールし、住所録ファイル(PowerAddress フォルダ内の data ファイル)だけをコピー&ペースト(上書き)してください。

その他の移行方法

エクスポートしたファイルやバックアップファイルを使って移行することもできます。

ライセンスについて

パソコンを変更すると、ライセンスキーの入力が必要になる場合があります。使用許諾数の範囲内であれば再入力の必要はありません。シングルライセンスや使用許諾数を超えたライセンスの場合は、ライセンスキーの再入力が必要です。複数利用する場合は、ソフトの設置数や起動数分または、使用する人数分のライセンスのご購入をお願いいたします。

なお、各ライセンスの使用許諾数は、住所を同じにする同一の建物内にある同一の企業または団体内に限り有効です。同一の企業または団体でも、異なる住所や異なる建物で利用する場合は、店舗や事務所毎にライセンスが必要です。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x

Product ID (プロダクト ID) とは?

Product ID は製品固有の番号

Q. 質問

Product ID とは何ですか?

A. 回答

Product ID
設定> ライセンス画面にある Product ID

Product ID (プロダクトID、PID)は製品固有の番号です。ソフトの初回起動時に自動生成されます。ライセンスキーではありません。

この番号は、お客様と製品を結びつける番号です。アップグレードやお問い合わせ時など、お客様を識別する際に必要となる場合があります。ライセンスキーとともに大切にお取り扱いください。

Product ID は、PowerAddress の「設定> ライセンス」画面に記載されています。ご購入時の備考欄などで申請いただければ、お客様の識別情報の一つとして登録させていただきます。ご購入後に申請する場合は「登録内容の変更」をご利用ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x

オンライン (クラウド) ストレージで使えますか?

サポート外の情報です。データの安全性の面からおすすめしません。

オンライン, クラウドでの起動はサポート外です

Q. 質問

PowerAddress は、オンライン (クラウド) ストレージで使えますか?

A. 回答

Dropbox や iCloud など、いくつかのストレージで起動できることは確認していますが、詳細なテストは行っておりません。これらの環境での操作はサポート外となることに注意してください。住所録データを複数のユーザーで同時にかつ安全に共有したい場合は、FileMaker を使用した共有をご利用ください。

この方法は、共有フォルダや共有ディスクでの起動のように、簡易的なデータの共用と言えるでしょう。起動できるのは常に一つです。複数のパソコンから同時に使用することはできません。ご利用の際は常にバックアップをとることをおすすめいたします。

外部サイト

共有フォルダに設置するには?

サポート外の情報です。データの安全性の面からおすすめしません。

OS レベルのアクセス権が必要

Q. 質問

共有フォルダやプログラムフォルダ(アプリケーションフォルダ)に設置すると、「このファイルは変更禁止なので、この操作は実行できません」とか「〜をこのディスク上に作成できませんでした」などのメッセージが表示されます。回避方法はありますか?

A. 回答

共有フォルダやプログラムフォルダ(アプリケーションフォルダ)への設置はおすすめしません。設置およびその後の運用方法などについてはサポート外とさせていただきます。まずは自身のドキュメントフォルダ(書類フォルダ)内かデスクトップへの設置をお試しください。以下ご参考まで。

共有フォルダやプログラムフォルダ(アプリケーションフォルダ)など、OS レベルのアクセス権が必要な場所に設置する場合は、PowerAddress フォルダのアクセス権を変更する必要があります。この他、自分以外のユーザー(パソコンのアカウント)の PowerAddress を起動する際も適切な書き込み権限が必要です。アクセス権を変更するには、パソコンの管理者権限が必要です。アクセス権の操作や PowerAddress フォルダの取り扱いには十分注意してください。

参考)Windows での操作例

  1. PowerAddress フォルダを右クリックして [プロパティ] を開く
  2. セキュリティのタブをクリック
  3. 適切なグループまたはユーザーの「書き込み」を ON にする

例えば、Users グループに書き込み許可を与える場合は、「グループ名またはユーザー名」の下の [編集…] をクリックし、Users の書き込み許可のボックスにチェックを入れます。Users グループがない場合は、Users グループを追加するか、適切なユーザーを追加してアクセス権を与えるとよいでしょう。

通常、「C:¥Program Files」に展開/移動/コピーした場合は、Users グループが表示されます。「C:¥Users¥Public」の場合は、Users グループを追加するか、必要なユーザーの追加が必要です。

参考)Mac での操作例

  1. PowerAddress フォルダを右クリックして [情報を見る] を開く
  2. 共有とアクセス権を表示する
  3. 適切なグループまたはユーザーのアクセス権を「読み/書き」にし、内包している項目にも適用する。

例えば、Staff グループに書き込み許可を与える場合は、名前とアクセス権ボックスの右下にある鍵をクリックしてロックを解除し、Staff のアクセス権を「読み/書き」にした状態で、下の歯車アイコンの [内包している項目に適用…] を実行します。Staff グループがない場合は、適切なユーザーを追加してアクセス権を与えるとよいでしょう。

通常、「(Macintosh HD)/アプリケーション」や「(Macintosh HD)/ユーザ/共有」に移動した場合は、Staff グループが表示されます。コピーすると admin グループや wheel グループになりますので、必要なユーザーの追加が必要です。

注意事項

PowerAddress はフォルダ単位で動作します。お客様が入力した住所録データは、PowerAddress はフォルダ内の住所録ファイル(data ファイル)に保存されていることに注意してください。他のソフトと同じ感覚でアプリケーションフォルダ内の PowerAddress フォルダを上書きすると、住所録データがすべて消失します。

また、共有フォルダやプログラムフォルダに設置する場合は、住所録データのセキュリティにも注意する必要があります。

住所録の共有したい場合は、FileMaker を使った同時共有がおすすめです。共有フォルダなどに設置したりアクセス権を変更することなく、複数のクライアントで同時にアクセスすることができます。FileMaker を使えば、簡単で安全な共有が可能です。

外部サイト

ライセンスキーの再発行は可能ですか?

サポート期間中の製品は再発行可能

Q. 質問

ライセンスキーを紛失しました。ライセンスキーの再発行は可能ですか?

A. 回答

サポート期間中の製品(v5.x)をご購入いただいたお客様は再発行が可能です。サポートまでお問い合わせください。ベクターシェアレジで購入されたお客様や旧製品をご利用のお客様は、後述の注意事項をご確認ください。

申請時は、可能な限りご購入時の情報を入力してください。忘れてしまったり、不確かな項目がある場合は、備考欄を使ってその旨を必ずお知らせください。登録情報と異なる場合は、ライセンスキーの再発行を保留する場合があります。ライセンスキーは紛失しないよう大切にお取り扱いください。

なお、再インストールなどを行うと、キーの再入力が必要になることがあります。契約書にもある通り、複数分を使用する場合は、複数のライセンスのご購入をお願いしております。ご理解のほど何卒お願いいたします。

Vector シェアレジで購入されたお客様へ

Vector シェアレジで購入されたお客様は、ベクターでもライセンスキーの再発行が可能です。詳しくはご購入時のメールをご覧の上、ベクターにお問い合わせください。弊社で再発行を行う場合は、事前にユーザー登録を行ってから申請してください。備考欄には「シェアレジのお申込番号」をご記入ください。

旧製品をご利用のお客様へ

v2.x 〜 v4.9 の一般向けの公開、サポート、ライセンスキーの再発行サービスは終了しております。ライセンスキーは紛失しないようお願いいたします。旧製品のダウンロード、ライセンスキーの発行については以下の各ページをご利用ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x

サポート

製品サポート

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress を選んでいただいたことに感謝いたします。ご購入方法や操作方法など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。ご意見、ご感想、ご要望のほか、導入事例や他のお客様と共有できる情報などもお待ちしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

重要なお知らせ

サポート終了の製品については、ライセンスキーの再発行サービスも終了させていただきます。ライセンスキーは紛失しないようお願いいたします。ライセンスキーが必要な場合は、旧製品(v3.0 〜 4.8.2)に対応したライセンスキー「v4.7 パーソナル」をご利用ください。

ユーザー登録

PowerAddress 正規ユーザーは、製品に関するサポートサービスやアップグレードなどの特典が得られます。弊社サイトでご購入いただいたお客様は、決済時の情報をもってユーザー登録が完了します。改めて新規登録する必要はございません。ベクターシェアレジでご購入いただいたお客様は、弊社側でお客様の特定ができないため、弊社へのユーザー登録をご希望の場合は新規登録の手続きが必要です。詳しくは以下のページをご覧ください。登録内容の変更や削除も可能です。

クーポン

ご登録ユーザー様へのお得なアップグレードクーポンです。この機会に最新の v5.x をご体験ください。上位版のライセンス(プロ → ビジネスなど)へのアップグレードや優待割引による追加購入も可能です。

お問い合わせの前に

サイト内を検索してみると意外と簡単に問題が解決するかもしれません。気になる単語やフレーズで検索してみてください。

また、以下の各ページをご覧いただくと問題が解決する場合があります。

お問い合わせ

製品のサポートは、お問い合わせフォームまたはメールにて承っております。誠に恐れ入りますが、お電話でのサポートは行っておりません。

お問い合わせの内容によりますが、年末年始や土日祝日に関係なく、おおむね3日以内に返答できるよう努めております。弊社からのメールが遅いと感じた場合は、迷惑メールに分類されている可能性がございます。お手数ではございますが、お客様の迷惑メールフォルダなどをご確認ください。弊社からのメールは、通常、以下の何れかのメールアドレスから送信されます。

  • support@powershift.ne.jp(主にサポート)
  • support@poweraddress.jp(ライセンスキーの送付など)

お客様のメールソフトやメールサーバーで「受信ドメインの設定」がある場合は、powershift.ne.jp および poweraddress.jp からのメールを受信できるようにしていただきますようお願いいたします。

その他

Powershift の営業状況、PowerAddress のライセンスキー発行窓口の営業状況などを随時お知らせいたします。

macOS 10.13 以降の環境で Mac アプリ版 v4.8 〜 v4.9 を起動するには?

FileMaker で起動してバックアップファイルを作成

Q. 質問

Mac アプリ版 v4.9 を使っています。v5.0 へ移行するためにバックアップファイルを作成したいが、macOS 10.13 以降の環境では v4.9 が起動しない。「Runtimeが予期しない理由で終了しました」などと表示される。macOS 10.13 以降の環境で v4.9 を起動するには?

A. 回答

Mac アプリ版 v4.9 は macOS 10.13 以降の環境には対応しておりません。リリース時にご案内した動作環境は、Mac OS X 10.6 〜 10.8 です。FileMaker 版は問題ありませんが、Mac アプリ版 v4.9 以下は異常終了してしまいます。

バックアップファイルがある場合は、通常の移行方法の手順3以降で移行可能です。バックアップファイルとは、任意の形式でエクスポートしたファイル、またはエクスポート画面の [住所録をバックアップ] で作成したファイルのことです。PowerAddress フォルダの PA_backup 内や、任意の場所にバックアップファイルがないか再度お確かめください。

バックアップファイルがない場合は、以下のいずれかの方法で移行してください。FileMaker 16 以降があればバックアップファイルの作成が可能です。

FileMaker 16 以降で起動して移行(おすすめ)

この方法が最も簡単です。FileMaker 16 以降をお持ちであれば、Mac アプリ版の PowerAddress フォルダ内にある main ファイルを FileMaker で開いて起動してください。FileMaker 16 以降をお持ちでなければ、以下の Claris 社のサイトから最新の FileMaker 無料評価版をダウンロードしてインストールしてください。

Mac アプリ版 v4.8 〜 v4.9 を FileMaker で起動する方法は以下のとおりです。

  1. FileMaker のアイコンに PowerAddress フォルダ内の main ファイルをドラックして起動
  2. エクスポート画面の [住所録をバックアップ] を実行し、バックアップファイルを作成
  3. 通常の移行方法の手順3以降を実行

上記手順1は、FileMaker を起動し、ファイルメニューの [開く…] で PowerAddress フォルダ内の main ファイルを指定する方法もあります。

データ救出用の PowerAddress を用意して移行

v4.9 のデータ救出用に v5.0 をもう一つ用意し、v4.9 の PowerAddress フォルダ内にある data ファイルを救出用の v5.0 にコピーして起動します。詳しくは以下のページをご覧ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8

ライセンスキーの登録方法は?

設定画面の「ライセンス」を開きライセンスキーを入力

Q. 質問

ライセンスキーの登録方法を教えてください。

A. 回答

購入手続きが完了すると、ライセンスキーを記載したメールが届きます。ライセンスキーの登録手順は以下のとおりです。

ライセンスキーの登録手順

  1. PowerAddress を起動
  2. メニュータブの「設定」をクリック
  3. サブメニューの「ライセンス」をクリック
  4. [登録…] ボタンをクリック
  5. ライセンスキーと登録者名を入力
  6. 登録完了の [OK] をクリック

ハイフンも含め一字一句間違いなく

ライセンスキーは、ハイフンも含め一字一句間違いなく入力してください。手入力する際は、数字の 0 と英字の O、数字の 1 と英字の I などの違いに注意してください。

余分な空白や改行をコピーしないように

ライセンスキーは、コピー&ペースト(貼り付け)すると間違いなく入力することができます。コピーする際は、ライセンスキーの最初の文字から最後の文字の部分だけを選択してください。余分な空白(スペース)や改行をコピーしないようご注意ください。ライセンスキーをペーストすると、ライセンスキーの入力欄にすぐに表示されます。ペースト直後に何も表示されない場合や、登録者名に移動したタイミングで表示される場合は改行が入っている可能性があります。その際はライセンス登録を一旦キャンセルし、ライセンスキーの最初の文字から最後の文字の部分だけをコピーして再度お試しください。

登録の前に再確認

[登録…] をクリックする前に、ライセンスキーの入力欄がライセンスキーのみであることを再度ご確認ください。行頭や行末に余分な空白が入っていないこともご確認ください。

ライセンスキーが届いていない場合は

なお、ライセンスキーが届いていない場合は、迷惑メールに分類されている可能性もございます。お手数ですが、お客様の迷惑メールフォルダなどをご確認ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9

任意のカテゴリで色分けするには?

カテゴリは自由に編集することができます。カラーラベルの色分け基準は、性別かカテゴリを選択することができます。詳細は「設定> カラー」画面で設定します。

Q. 質問

性別での色分けではなく、任意のカテゴリで色分けすることはできますか?

A. 回答

はい、可能です。カラーラベルの色分け基準は、性別かカテゴリを選択することができます。詳細は「設定> カラー」画面で設定します。

カラーラベルの設定

まず、「設定> カラー」画面を開き、カラーラベルの色分け基準を「性別」から「カテゴリ」にします。色分け基準の切換は、リストやカード画面のラベルを直接クリックすることでも行えます。

カテゴリのカラーは、初期設定では、赤は「友人」、オレンジは「知人」などに割り当てています。これらの割り当てを必要に応じて「解除」し、任意のカテゴリを割り当ててください。

カテゴリの編集

カテゴリの編集は、カテゴリのメニューをクリックし、一番下の「編集…」を選択するとカテゴリの編集画面が表示されます。任意の行に新たなカテゴリを入力したり、順番を変えたり自由に編集することができます。

参考)カラーラベルでソート

カラーラベルでレコードをソート(並び替え)するには、リスト画面を表示し、カラーラベルの列のタイトルをクリックします。最初のクリックで、赤、オレンジ、黄… の順でソートします。再度クリックすると、グレー(未設定の状態)、ピンク、水色… の順でソートします。

参考)カラーを検索するには

カラーラベルの色分け基準を「カテゴリ」にしている場合は、カード検索画面で「カテゴリ」を検索します。色分け基準を「性別」にしている場合は、カード検索画面で「性別」を検索します。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9

インポート, 一致するレコードを更新するには?

インポートの方法は、レコードの追加、一致するレコードの更新、既存のレコードの置換の3種類から選ぶことができます。ここでは、一致するレコードの更新方法について解説します。

Q. 質問

2つの PowerAddress(以下 PA)を使っています。1つは出先で更新することがある PA です。もう1つは会社での管理用に使っている PA です。出先で更新した住所録を会社の住所録にインポートする際、重複するレコードを更新することはできますか?

A. 回答

[インポート…] ボタンをクリックしてインポートするファイルを開くと、「インポート順の指定」ダイアログが表示されます。初期状態では、「ソース」と「ターゲット」の間の青い矢印が「追加」になっています。この矢印部分をクリックするとインポートの方法を選択することができますので、「更新」に変更してインポートします。

更新するには、インポート元(ソース)とインポート先(ターゲット)のレコードをどのような条件であれば同一とみなすかを設定する必要がります。例えば、「姓」と「名」が一致している場合に同一とみなす場合は、「姓」と「名」の2つのフィールドを「照合フィールド」として設定します。

以下は、インポートの際に重複するレコードを更新する操作例です。お試しになる前に、インポート先の住所録をバックアップすることをおすすめします。

操作手順

PowerAddress 5.1 での操作例です。この例では、インポート元の PA の全てのレコードをエクスポート(簡単バックアップ機能を使用)し、インポート先の PA にインポートしています。

  1. インポート元の PA を起動し、エクスポート画面の [住所録をバックアップ…] をクリック

    全てのレコードをエクスポートする場合は、簡単バックアップ機能を使うと便利です。任意のレコードをエクスポートしたい場合は、検索機能などで任意のレコードを抽出した後、標準の [エクスポート…] をクリックしてエクスポートしてください。

  2. テキスト形式か FileMaker 形式でエクスポート

    簡単バックアップ機能のファイル形式を選択します。顔写真などの画像データが不要な場合は [Text] を、画像データを含む全てのデータをバックアップしたい場合は [Text, Img] を選択します。前者は Merge 形式のテキストファイル(フィールド名付きの CSV)、後者は FileMaker Pro 形式のファイルです。

  3. インポート先の PA を起動し、インポート画面の [インポート…] をクリック

  4. ファイル指定のダイアログで、手順2のファイルを選択して [開く] をクリック

    選択できるファイル形式は、ファイル指定のダイアログの下の方にある「ファイルの種類」または「表示」のポップアップメニューで指定することができます。「すべて」にすると、すべてのファイル形式が指定できる状態になります。「Merge」にすると、Merge 形式のファイルだけが指定できる状態になります。「FileMaker Pro」にすると、FileMaker Pro 形式のファイルだけが指定できる状態になります。Mac でこのメニューが表示されていない場合は、ダイアログ左下の [オプション] をクリックします。

  5. ダイアログ上のソースとターゲットの間にある青い矢印をクリックし、「更新」を選択

    必要であれば「一致しないデータを新規レコードとして追加する」を ON にします。一致するレコードを更新

  6. ターゲットフィールドの一覧を「最後に使用した順序」から「照合名順」にする

    この操作を行うと、インポート元とインポート先のフィールドの順序が自動で揃います。照合名順

  7. 照合フィールドを設定(フィールド間をクリック)

    レコードを更新する際、どのような条件であれば同一のレコードとみなすかを設定します。例えば、「姓」と「名」が一致している場合に同一とみなす場合は、フィールドの一覧を照合名順にしたあとで、「姓」と「姓」の間をクリックし、フィールドのマッピングを「インポート」から「照合フィールド」にします。同じように「名」のマッピングも「インポート」から「照合フィールド」にします。照合フィールドは自由に設定することができます。照合フィールドを設定

  8. 更新するフィールドを設定

    照合フィールドでレコードが一致した場合、どのフィールドを更新するかを設定します。フィールドの一覧を照合名順にした場合は、インポート可能なフィールドがすべて「インポート」になります。更新したくないフィールドがある場合は、そのフィールド間をクリックし、フィールドのマッピングを「インポート」から「インポートしない」にします。更新したくないフィールドは「インポートしない」に設定

  9. [インポート] をクリック

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x

関連ページ

外部ページ

FileMaker のヘルプにはより詳しい情報があります。