更新日

マネーフォワード クラウド請求書
Money Forward

住所録データを「マネーフォワード クラウド請求書」の取引先へ移行する方法を解説します。CSV ファイルを書き出し、マネーフォワード用の項目名を1行目に付加してインポートします。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データをマネーフォワードの取引先として活用することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。CSV での移行なので、PowerAddress を持っていない方でも参考になるかと思います。

移行手順

1. 移行したいデータを抽出

PowerAddress 5.0(Win アプリ版、Mac アプリ版、FileMaker 版)を起動し、移行したいデータを検索して抽出します。クラウド請求書の取引先データなので、多くの場合は所属宛を移行するかと思います。所属宛を検索するには、カード検索を開き、所属(会社名)の欄に * を入力して検索します。カテゴリの欄などを使って所属宛を分類している場合は、カテゴリの欄を任意の値で検索します。自宅宛も必要な場合は、所属宛を移行した後、新たに自宅宛を検索して移行します。

2. CSV ファイルをエクスポート

エクスポート画面を開き、標準タイプの [エクスポート…] をクリックします。任意のファイル名、保存場所を指定し、ファイルタイプを「コンマ区切り値」にして [保存] をクリックします。

PowerAddress のエクスポート画面

フィールドデータのエクスポート順ダイアログが表示されます。まずは中央の [全て消去] をクリックしてエクスポートする項目をリセットします。次に、左欄にある項目をダブルクリックまたは [移動] ボタンを使って右欄に設定していきます。移行例は以下のとおりです。会社名とその連絡先に絞った「所属宛の項目設定例」がおすすめです。出力ファイルの文字セットは、「日本語(Shift-JIS)」か「Unicode(UTF-8)」にします。特にこだわりがなければ「日本語(Shift-JIS)」がよいでしょう。項目の設定が終わったら右下の [エクスポート] をクリックして保存します。

Money Forward 取引先、所属宛の項目設定例(おすすめ)
所属宛の項目設定例(おすすめ)
Money Forward 取引先、全ての項目設定例
全ての項目設定例

3. 先頭行にマネーフォワード用の項目名を追加

エクスポートした CSV ファイルに以下のヘッダーを追加します。Windows のメモ帳や Mac のテキストエディットで開いて追加するか、エクセルで開いて追加します。

所属宛の項目設定例(おすすめ)の場合

顧客ID,名称,名称(カナ),郵便番号,都道府県,住所1,住所2,担当者部署,電話番号,メールアドレス,メモ

全ての項目設定例の場合

顧客ID,名称,名称(カナ),敬称,郵便番号,都道府県,住所1,住所2,担当者部署,担当者役職,担当者氏名,電話番号,メールアドレス,CCメールアドレス,メモ

4. マネーフォワードの取引先へインポート

マネーフォワードクラウド請求書にログインし、「マスタ管理> 取引先」を開き、画面右上の「その他> CSVアップロード」を実行し、編集した CSV ファイルをインポートします。

マネーフォワード取引先のインポート

参考

  • ファイルサイズは1MBまで、データ件数は500件まで(Money Forward さんの注意書きより)
  • 「名称」等のタイトル行を削除せずアップロードしてください(Money Forward さんの注意書きより)
  • 先頭行に「名称」の項目名がないとエラー、「名称」の項目名とそのデータさえあれば OK
  • 「名称」のデータが1件でも空欄だとエラー
  • CSV ファイルのエンコーディングは、Shift-JIS か UTF-8
  • CSV ファイルの改行コードは、CRLF のほか LF や CR でも OK
  • クラウド請求書の取引先、敬称の初期値は「御中」なので PA からエクスポートしなくてもいいかも
  • 名称のふりがなは、ひらがなの方が使い勝手がいい(検索が楽)と思います
  • CC メールアドレスを移行すると、見積書などをメール送信する際に CC が設定されます。送信前に編集できますが、CC が不要な場合は、メールアドレスを1つだけ移行する方がよいでしょう。

移行可能な項目

PowerAddress で移行可能な項目は以下のとおりです。矢印の左側は PowerAddress の項目名、右側はマネーフォワード クラウド請求書の取引先の項目名です。

  • ID or 任意のフィールド → 顧客ID
  • 所属 or 表示名 → 名称
  • 所属_ふりがな or 所属_フリガナ or 表示名_ふりがな or 表示名_フリガナ → 名称(カナ)
  • 敬称 → 敬称
  • 所属_郵便番号 → 郵便番号
  • 所属_都道府県 → 都道府県
  • 所属_市区町村と町域 → 住所1
  • 所属_番地と建物名等 → 住所2
  • 部署 → 担当者部署
  • 役職 → 担当者役職
  • 姓 or 任意のフィールド → 担当者氏名
  • 所属_TEL → 電話番号
  • 所属_mail → メールアドレス
  • 携帯_mail or 自宅_mail → CCメールアドレス
  • メモ or テキスト1〜4 or ポップアップ1〜4 など → メモ

PA のエクスポート機能をお試しください

FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動する場合やはじめての方はアプリ版をお試しください。好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.0 (.zip)FileMaker 版(zip 圧縮)15 MB
PowerAddress 5.0 (.dmg)FileMaker 版(Mac dmg 圧縮)18 MB
PowerAddress Win 5.0Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮)76 MB
PowerAddress Mac 5.0Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮)91 MB

関連ページ

外部サイト