に投稿

PowerAddress FileMaker テンプレート

ダウンロードして自由に編集, フリー (無料)

FileMaker テンプレート
FileMaker テンプレート

PowerAddress 5.x のすべてのフィールドを配置した FileMaker(ファイルメーカー)テンプレートファイルです。レイアウトのサンプルのようなものです。自由に編集してご利用ください。PowerAddress のデータをインポートする際は、インポート時の配置順を「照合名順」、インポートオプションを ON にしてインポートしてください。

ファイル概要サイズ
PowerAddress FM 0.1.1zip 圧縮ファイル0.2 MB

PowerAddress 5.x でエクスポートしたファイルをもとに作成した FileMaker 形式のファイルです。レイアウトは以下の3つのみです。PC 向けのサイズです。

  • レイアウト1:表形式のレイアウト(デフォルト)
  • レイアウト2:フォーム形式のレイアウト(デフォルト)
  • レイアウト3:PowerAddress のカード画面に少し似たレイアウト

フィールド定義は、主キー、タイムスタンプなどを追加しています。レイアウト3の白い背景のフィールドは、PowerAddress 上で入力および編集可能なフィールドを表しています。グレーの背景のフィールドは、PowerAddress 上で自動的に生成されるフィールドを表しています。このテンプレートではすべて編集可能です。計算式や値一覧、スクリプトなどは含んでいません。FileMaker で自由に編集してご利用ください。

FileMaker 製品のダウンロード

このファイルを複数の複数のデバイス(Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android)で共有するには、オンプレミスの FileMaker Server か FileMaker Cloud が必要です。FileMaker テンプレートを編集するには FileMaker Pro が必要です。FileMaker 製品の無料評価版、ダウンロード、ライセンスについては、Claris 社のサイトをご覧ください。iPad や iPhone 向けの FileMaker Go は無料でご利用いただけます。

関連ページ

に投稿

ClarisWorks 版 v1.0 をリリース

PowerAddress CW 1.0 をリリースしました。PowerAddress CW は、ClarisWorks(クラリス ワークス)の住所録テンプレートです。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

AppleWorks 版 v1.0 をリリース

PowerAddress AW 1.0 をリリースしました。PowerAddress AW は、AppleWorks(アップル ワークス)の住所録テンプレートです。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

ClarisWorks/AppleWorks 版 v1.1 をリリース

PowerAddress CW 1.1(ClarisWorks テンプレート)、PowerAddress AW 1.1(AppleWorks テンプレート)をリリースしました。

PowerAddress CW は、ClarisWorks の住所録テンプレートです。PowerAddress AW は、AppleWorks の住所録テンプレートです。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

ClarisWorks/AppleWorks 版 v1.2 をリリース

PowerAddress CW 1.2、PowerAddress AW 1.2 をリリース(1.0 ユーザー向け)しました。

PowerAddress CW は、ClarisWorks の住所録テンプレートです。PowerAddress AW は、AppleWorks の住所録テンプレートです。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

ClarisWorks 版 mini v1.0 Blue をリリース

PowerAddress mini 1.0 Blue(PA-mini1.0-Blue、ClarisWorks テンプレート)をリリースしました。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

ClarisWorks/AppleWorks 版 v1.2 をリリース

PowerAddress CW 1.2(ClarisWorks テンプレート)、PowerAddress AW 1.2(AppleWorks テンプレート)を公開しました。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

CW v1.2 に Indigo, Ruby, Sage, Snow を追加

PowerAddress CW 1.2(ClarisWorks テンプレート)に Indigo、Ruby、Sage、Snow を追加しました。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

ClarisWorks/AppleWorks 版 v1.2.1 をリリース

PowerAddress CW 1.2.1、PowerAddress AW 1.2.1 をリリースしました。PowerAddress AW に Indigo、Ruby、Sage、Snow を追加しました。

PowerAddress CW は、ClarisWorks の住所録テンプレートです。PowerAddress AW は、AppleWorks の住所録テンプレートです。

お知らせ

v1.x はサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

FileMaker 版の住所録テーブルを操作するサンプル

PowerAddress の住所録テーブルを、任意の FileMaker ファイルで使うサンプルファイルです。ヘルプに記載しているリレーションシップの使用例に沿ったものです。レイアウトやフィールドの配置は自由に編集することができます。リレーションシップを設定し、お客様独自のデータベースを作成してみましょう。

v4.8 からは、Win/Mac アプリ版もリレーション設定ができるようになりました。サンプルファイルは、Win/Mac アプリ版または FileMaker 版の PowerAddress フォルダに同梱しています。別途ダウンロードする必要はありません。

リレーションシップの利用には FileMaker Pro 12 が必要です。FileMaker のサイトには、FileMaker Pro や FileMaker Server の無料評価版があります。FileMaker Pro があれば、より高度な機能を使うことができます。新たな可能性をお試しください。

サンプルファイルの概要

PowerAddress フォルダ内の my_database というフォルダに、以下の3つのサンプルファイルを収録しています。詳しくは、my_database フォルダ内の「お読みください」をご覧ください。ご利用の前に PA をバックアップすることをおすすめします。

  • my_database1: 住所録テーブルをレイアウトに直接表示して操作する例
  • my_database2: ルックアップを設定して住所録テーブルの内容をコピーする例
  • my_database3: リレーションシップを設定して住所録テーブルを結合する例

対応するヘルプは以下のページをご覧ください。