ダウンロードから起動まで (iOS/iPadOS)

iPhone や iPad などの iOS/iPadOS デバイスで PowerAddress を使う方法です。使い方は以下の二通りがあります。どちらも iOS/iPadOS デバイス用の FileMaker Go が必要です。FileMaker Go は App Store から無料で入手できます。

  • 共有使用 – サーバー上の PowerAddress をネットワークで共有
  • 単独使用 – iOS/iPadOS デバイスに PowerAddress をインストール

前者の共有使用は、サーバー上の PowerAddress を FileMaker でホスト(ネットワーク共有)し、iOS/iPadOS デバイスの FileMaker Go からアクセスする方法です。住所録データはサーバー側に保存されます。後者の単独使用は、iOS/iPadOS デバイスに FileMaker Go と PowerAddress のファイル(main、data、zipcode)をインストールして起動する方法です。住所録データは iOS/iPadOS デバイス側に保存されます。

はじめに

既にご利用中の PowerAddress をサーバーにアップロードしたり iOS/iPadOS デバイスにインストールする場合は、念のため、PowerAddress の住所録をバックアップすることをおすすめいたします。アップロードやインストールの際は、現在ご利用中の住所録ファイル(data ファイル)を上書きしたり削除しないようご注意ください。住所録ファイルについてはこちらをご覧ください。

準備

iOS/iPadOS デバイスに FileMaker Go をインストールします。FileMaker Go は App Store から無料で入手できます。FileMaker Go の詳細は、以下のクラリス社のサイトをご覧ください。

共有使用する場合

サーバー上の PowerAddress をネットワークで共有します。サーバー環境として、FileMaker Cloud(v2 は未対応)かオンプレミス(自社サーバー)の FileMaker Server が必要です。テスト用に LAN 内のパソコンと FileMaker Pro をサーバーにすることもできます。

サーバーの準備できたら PowerAddress をアップロードして、iOS/iPadOS デバイスの FileMaker Go からアクセスします。WebDirect を使用すれば Safari を使って共有することもできます。

  1. サーバー環境を準備
  2. サーバーに PowerAddress の main、data、zipcode をアップロードして開く(ホストする)
  3. iOS/iPadOS デバイスで FileMaker Go を起動し、サーバーの PowerAddress を開く

より詳しい情報は以下のページをご覧ください。

単独使用する場合

iOS/iPadOS デバイスに PowerAddress をインストールして使用します。インストール方法はご利用の環境により異なります。

iOS/iPadOS デバイスに Finder を使って転送する方法

macOS 10.15 Catalina からの環境向けです。Finder を使って PowerAddress のファイルを転送して起動します。

  1. パソコンに FileMaker 版の PowerAddress をインストール
  2. iOS/iPadOS デバイスをパソコンに接続してファイルを転送
    1. Finder のサイドバーに表示されるデバイスをクリック
    2. [ファイル] をクリック
    3. パソコン内の PowerAddress フォルダ内にある main、data、zipcode ファイルを [FileMaker Go] 内にコピー
  3. 起動
    1. iOS/iPadOS デバイス の FileMaker Go を起動
    2. マイ App の “iPhone 上” をタップ
    3. main ファイルをタップして起動

iOS 13/iPadOS 13 デバイスで zip ファイルをダウンロードする方法

iOS/iPadOS デバイスで PowerAddress の zip 圧縮ファイルをダウンロードして解凍し、解凍後のファイルを FileMaker Go に取り込んで起動する方法です。zip 圧縮ファイルを解凍するには、iOS 13 または iPadOS 13 以上の環境が必要です。

  1. iOS/iPadOS デバイスの Safari でこのページを開き、以下の zip 圧縮ファイルをタップ
  2. “ファイル” アプリを開き、iCloud Drive のダウンロードフォルダを開く
  3. ダウンロードが終わったら pa_ios_510.zip アイコンをタップして解凍(pa_ios_510 フォルダが作成され、その中に main、data、zipcode ファイルができる)
  4. FileMaker Go を開く
  5. マイ App の “iPhone 上” をタップ
  6. 画面右上の “選択” の左にある “フォルダ↓アイコン” をタップ
  7. ブラウズで iCloud Drive のダウンロードをタップして pa_ios_510 フォルダを開く
  8. data ファイルをタップし、一旦、[閉じる] をタップ
  9. 画面右上の “選択” の左にある “フォルダ↓アイコン” をタップ
  10. zipcode ファイルをタップし、一旦、[閉じる] をタップ
  11. 画面右上の “選択” の左にある “フォルダ↓アイコン” をタップ
  12. main ファイルをタップして PowerAddress を起動
ファイル概要サイズ
PowerAddress iOS 5.1FileMaker 版(main、data、zipcode のみ)zip 圧縮ファイル13 MB
ダウンロードファイル(iOS 13/iPadOS 13 向け)

iOS 12 デバイスに個々のファイルをダウンロードする方法

iOS 12 以下の環境向けです。iOS デバイスで PowerAddress のファイルを直接コピーして起動します。ファイルサイズが大きいので、ダウンロードに時間がかかったり、処理が止まって見えることがあります。LAN 環境での操作をおすすめいたします。

  1. data ファイルをコピー
    1. iOS デバイスの Safari でこのページを表示
    2. PowerAddress 5.1 - data」をタップ
    3. アイコンが表示されたら [FileMaker Go で開く] の下にある [その他…] をタップ
    4. 「FileMaker Go にコピー」のアイコンをタップ
    5. まだ main ファイルがないのでエラーが表示されます。[OK] をタップ
    6. 画面右上の [キャンセル] をタップ
  2. zipcode ファイルをコピー(郵便番号DBが必要な場合)
    1. Safari に切り替えて画面下の [<] をタップしてこのページに戻る
    2. PowerAddress 5.1 - zipcode」をタップし、ダウンロード完了まで数分待つ
    3. アイコンが表示されたら [FileMaker Go で開く] の下にある [その他…] をタップ
    4. 「FileMaker Go にコピー」のアイコンをタップ
  3. main ファイルをコピー、起動
    1. Safari に切り替えて画面下の [<] をタップしてこのページに戻る
    2. PowerAddress 5.1 - main」をタップし、ダウンロード完了まで数分待つ
    3. アイコンが表示されたら [FileMaker Go で開く] をタップして起動
ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.1 - dataFileMaker 版 data ファイル0.7 MB
PowerAddress 5.1 - zipcodeFileMaker 版 zipcode ファイル37 MB
PowerAddress 5.1 - mainFileMaker 版 main ファイル47 MB
ダウンロードファイル(iOS 12/iPadOS 12 向け)

iOS デバイスに iTunes を使って転送する方法

macOS 10.14 Mojave 以下の環境向けです。iTunes で PowerAddress のファイルを転送して起動します。

  1. パソコンに FileMaker 版の PowerAddress をインストール
  2. iOS デバイスをパソコンに接続し iTunes を開く
    1. iTunes 画面左上の [♫ミュージック] などのメニューの右にあるアイコンをクリック
    2. iTunes 画面左の [App] をクリック
    3. 画面下の App リストから [FileMaker Go] を選択
    4. FileMaker Go の書類ボックスの下にある [追加…] をクリック
    5. パソコン内の PowerAddress フォルダ内にある main、data、zipcode ファイルを iOS デバイス に転送
  3. 起動
    1. iOS デバイス の FileMaker Go を起動
    2. マイ App の “iPhone 上” をタップ
    3. main ファイルをタップして起動

関連ページ

ダウンロードから起動まで

Windows、Mac、iOS/iPadOS 別に詳しく解説

ダウンロードから起動までの操作例を詳しく解説いたします。

既にご利用中のお客様へ

ダウンロードの前に、現在ご利用中の PowerAddress をバックアップすることをおすすめいたします。ダウンロードや複数設置の際は、現在ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きしたり削除しないようご注意ください。PowerAddress フォルダについてはこちらをご覧ください。

まずはダウンロードしてお試し!

ほとんどの機能を無料でお試し! 2000年の v1.0 以降、多くのお客様にご利用いただいております。長く使って時間とコストを節約。まずは自由にダウンロードしてお試しください。再ダウンロードも可能です。

FileMaker 版

FileMaker 製品を使って動作します。Windows ユーザーは「5.1 (zip)」を、Mac ユーザーは「5.1 (dmg)」をご利用ください。展開後のファイルは同じです。起動には別途、FileMaker Pro や FileMaker Go が必要です。

Winアプリ版, Macアプリ版

PowerAddress 単体で動作します。Windows ユーザーは「Win 5.1(Win 7〜)」を、Mac ユーザーは「Mac 5.1(macOS 10.13〜)」をご利用ください。何れも 64bit App です。住所録ファイルは Win/Mac/iOS 互換です。

まずはデスクトップやドキュメント(書類)フォルダに展開するのがおすすめです。ダウンロードした圧縮フォルダまたはディスクイメージを開き、その中の PowerAddress フォルダを丸ごとドラッグして展開(移動してコピー)します。展開後の移動も可能です。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちらをご覧ください。

ダウンロード (FileMaker 版)

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress の FileMaker 版のダウンロードページです。すべての機能を自由に評価、まずはダウンロードしてお試しください。

PowerAddress FileMaker 版

PowerAddress 5.1 の FileMaker 版です。Windows ユーザーは zip ファイルを、Mac ユーザーは dmg をご利用ください。展開後のファイルは同じものです。起動には別途、起動には別途、FileMaker Pro や FileMaker Go が必要です。iOS/iPadOS 向けは、main、data、zipcode ファイルのみ収録しています。

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.1 (.zip)Win 向け zip 圧縮ファイル15 MB
PowerAddress 5.1 (.dmg)Mac 向け dmg ディスクイメージ19 MB
PowerAddress iOS 5.1iOS/iPadOS 向け zip 圧縮ファイル13 MB
FileMaker 版のダウンロードファイル

試用して気に入ったらライセンスの購入をご検討ください。気に入らなければフォルダ毎削除するだけ。エクセルや他ソフトで作成した CSV からの移行など、住所録データの移行方法についてはこちらをご覧ください。どなたでも自由にお試しいただけます。

PowerAddress 5.x のすべてのフィールドを配置した FileMaker テンプレートファイル(無料)のダウンロードは以下のページをご利用ください。

FileMaker 製品のダウンロード

PowerAddress を複数のデバイスで共有(Win/Mac/iOS/Web ブラウザ)するには FileMaker Cloud(v2 は未対応)または、オンプレミスの FileMaker Server が必要です。FileMaker 製品の無料評価版、ダウンロード、ライセンスについては、Claris 社のサイトをご覧ください。iOS 向けの FileMaker Go は無料でご利用いただけます。

Claris プラットフォームのよくある質問と回答、技術リソース、オンラインのチュートリアル、公式トレーニング教材、オンラインヘルプ、ガイドブックなどは以下のページをご覧ください。

ダウンロード

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress のダウンロードページです。すべての機能を自由に評価、まずはダウンロードしてお試しください。FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動したい場合は Win/Mac アプリ版をお試しください。

まずはダウンロードしてお試し!

どなたでも自由にお試しいただけます。気に入らなければフォルダ毎削除するだけ。エクセルや他ソフトからの移行方法はこちらをご覧ください。

旧製品をご利用中のお客様は、新たにダウンロードする前に PowerAddress をバックアップすることをおすすめいたします。ダウンロードや複数設置の際は、現在ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きしたり削除しないようご注意ください。PowerAddress フォルダについてはこちらをご覧ください。

PowerAddress FileMaker 版

PowerAddress 5.1 の FileMaker 版です。Windows ユーザーは zip ファイルを、Mac ユーザーは dmg をご利用ください。展開後のファイルは同じものです。起動には別途、起動には別途、FileMaker Pro や FileMaker Go が必要です。iOS/iPadOS 向けは、main、data、zipcode ファイルのみ収録しています。

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.1 (.zip)Win 向け zip 圧縮ファイル15 MB
PowerAddress 5.1 (.dmg)Mac 向け dmg ディスクイメージ19 MB
PowerAddress iOS 5.1iOS/iPadOS 向け zip 圧縮ファイル13 MB
FileMaker 版のダウンロードファイル

PowerAddress Windows アプリ版

PowerAddress 5.1 の Win アプリ版(64bit App)です。

ファイル概要サイズ
PowerAddress Win 5.1zip 圧縮ファイル93 MB
Win アプリ版のダウンロードファイル

PowerAddress Mac アプリ版

PowerAddress 5.1 の Mac アプリ版(64bit App)です。

ファイル概要サイズ
PowerAddress Mac 5.1dmg ディスクイメージ127 MB
Mac アプリ版のダウンロードファイル

PowerAddress FileMaker テンプレート

PowerAddress 5.x のすべてのフィールドを配置した FileMaker(ファイルメーカー)テンプレートファイルです。このテンプレートはフリー(無料)です。自由に編集してご利用ください。PowerAddress のデータをインポートする際は、インポート時の配置順を「照合名順」、インポートオプションを ON にしてインポートしてください。

ファイル概要サイズ
PowerAddress FM 0.1.1zip 圧縮ファイル0.2 MB
FileMaker テンプレートのダウンロード

FileMaker 製品のダウンロード

PowerAddress を複数のデバイスで共有(Win/Mac/iOS/Web ブラウザ)するには FileMaker Cloud(v2 は未対応)または、オンプレミスの FileMaker Server が必要です。FileMaker 製品の無料評価版、ダウンロード、ライセンスについては、Claris 社のサイトをご覧ください。iOS 向けの FileMaker Go は無料でご利用いただけます。

Claris プラットフォームのよくある質問と回答、技術リソース、オンラインのチュートリアル、公式トレーニング教材、オンラインヘルプ、ガイドブックなどは以下のページをご覧ください。

フィールド名一覧

PowerAddress 5.x のフィールド名とサンプルデータをまとめたファイルです。CSV やエクセル(Excel)で作成した住所録ファイルをインポートする際に参照してください。インポート元のファイルの列名をあらかじめ PA 用のフィールド名に編集しておけば、インポート時のフィールドの照合(インポート項目の位置合わせ)が自動で行えます。

ファイル概要サイズ
PA5 フィールド名一覧zip 圧縮ファイル0.1 MB
フィールド一覧のダウンロード

旧製品について

旧製品 v3.0 〜 v4.8.x は既にサポートを終了しております。ライセンスキーの再発行サービスも終了しております。ダウンロードはこちらをご利用ください。ライセンスキーが必要な場合はこちらをご利用ください。

FileMaker のライセンス

PowerAddress を複数のデバイスで共有(Win/Mac/iOS/Web ブラウザ)するには FileMaker Cloud(v2 は未対応)または、オンプレミスの FileMaker Server が必要です。FileMaker 製品の無料評価版、ダウンロード、ライセンスについては、Claris(旧 FileMaker)社のサイトをご覧ください。iOS 向けの FileMaker Go は無料でご利用いただけます。

Claris プラットフォームのよくある質問と回答、技術リソース、オンラインのチュートリアル、公式トレーニング教材、オンラインヘルプ、ガイドブックなどは以下のページをご覧ください。参考まで。

旧製品について

登録ユーザー様向けダウンロード

旧製品のダウンロードは、PowerAddress の登録ユーザー様向けのサービスです。この他のお客様はサポート外となりますのでご注意ください。また、登録ユーザー様でも、動作環境(OS のバージョンなど)が対象外の場合はサポート外となります。

ダウンロードの前に、現在ご利用中の PowerAddress をバックアップすることをおすすめいたします。ダウンロードや複数設置の際は、現在ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きしたり削除しないようご注意ください。PowerAddress フォルダについてはこちらをご覧ください。

旧製品のダウンロードおよびサポートは、古いバージョンから順次終了いたします。動作環境が対象外の場合は、最新版への移行をおすすめいたします。旧製品からのデータ移行も可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

FileMaker 版

ファイル動作環境サイズ備考
PowerAddress 5.0 (.zip) WinFileMaker 1614 MB
PowerAddress 5.0 (.dmg) MacFileMaker 1618 MBMac 署名 ○, 認証 ×
PowerAddress 4.9 販売終了、サポート終了予定 FileMaker 1231 MBMac 署名 ×, 認証 ×
PowerAddress 4.8.2 販売終了、サポート終了FileMaker 1230 MBMac 署名 ×, 認証 ×

Windows アプリ版

ファイル動作環境サイズ備考
PowerAddress Win 5.07 〜 10 (64bit)72 MB
PowerAddress Win 4.9 販売終了、サポート終了予定XP, Vista, 7, 859 MB        
PowerAddress Win 4.8.2 販売終了、サポート終了XP, Vista, 758 MB

Mac アプリ版

ファイル動作環境サイズ備考
PowerAddress Mac 5.010.11 〜 10.1386 MBMac 署名 ○, 認証 ×
PowerAddress Mac 4.9 販売終了、サポート終了予定10.6 〜 10.881 MBMac 署名 ○, 認証 ×
PowerAddress Mac 4.8.2 販売終了、サポート終了10.6 〜 10.865 MBMac 署名 ×, 認証 ×

旧製品のご購入 (v3.0 〜 4.8.2 利用可)

サポート終了の製品については、ライセンスキーの再発行サービスも終了させていただきます。ライセンスキーは紛失しないようお願いいたします。ライセンスキーが必要な場合は、以下のライセンスキーをご利用ください。

旧製品の販売は、登録ユーザー様向けの追加購入サービスです。ライセンスキーは即時発行(24時間対応)可能です。

ダウンロード (フィールド名一覧)

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress のフィールド名一覧ファイルのダウンロードページです。他ソフトやエクセルの住所録をインポートする際に便利です。ご自由にお試しください。

フィールド名一覧ファイル

PowerAddress 5.x のフィールド名とサンプルデータをまとめたファイルです。CSV やエクセル(Excel)で作成した住所録ファイルをインポートする際に参照してください。インポート元のファイルの列名をあらかじめ PA 用のフィールド名に編集しておけば、インポート時のフィールドの照合(インポート項目の位置合わせ)が自動で行えます。エクセルや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら。どうぞお気軽にお試しください。

ファイル概要サイズ
PA5 フィールド名一覧zip 圧縮ファイル0.1 MB
フィールド名一覧ファイル

収録しているファイルは以下のとおりです。

収録ファイル概要
pa5_fname_text.csvCSV(コンマ区切り)形式のテキストファイル
pa5_fname_excel.xlsxExcel ワークブック(xlsx)形式のファイル
pa5_fname_excel95.xlsExcel 95-2004 ワークブック(xls)形式のファイル
pa5_fname_fm.fmp12FileMaker Pro(v12 〜)形式のファイル
収録ファイル一覧

他ソフトやエクセルの住所録をインポートする際に

CSV やエクセルの住所録には、「氏名」、「郵便番号」、「住所」など、お客様が決めた項目があると思います。PA にも「姓」、「名」、「自宅_郵便番号」などがあります。インポート時には、互いの項目を関連付ける操作が必要です。PA では、項目のことを「フィールド」、項目の位置合わせのことを「フィールドの照合」と呼んでいます。

フィールドの照合は手動でも行えますが、PA には同じフィールド名を自動で照合する機能があります。あらかじめ CSV やエクセルのフィールド名(列名)を PA 向けに編集しておけば、インポート時の照合はとても簡単です。フィールドの順序は問いません。

PA 5.x 入力可能なフィールド(テキストフィールド)の一覧

テキスト形式のフィールドは以下のとおりです。フィールド名をクリックすると、各フィールドの詳細が表示されます。

  1. カテゴリ
  2. ID
  3. 姓_ふりがな
  4. 名_ふりがな
  5. 所属
  6. 所属_ふりがな
  7. 部署
  8. 役職
  9. 所属_国名
  10. 所属_郵便番号
  11. 所属_都道府県
  12. 所属_市区町村
  13. 所属_町域
  14. 所属_番地
  15. 所属_建物名等
  16. 所属_TEL
  17. 所属_FAX
  18. 所属_mail
  19. 所属_HP
  20. 自宅_国名
  21. 自宅_郵便番号
  22. 自宅_都道府県
  23. 自宅_市区町村
  24. 自宅_町域
  25. 自宅_番地
  26. 自宅_建物名等
  27. 自宅_TEL
  28. 自宅_FAX
  29. 自宅_mail
  30. 自宅_HP
  31. 携帯電話
  32. 携帯_mail
  33. その他の番号
  34. 性別
  35. 誕生年
  36. 誕生月
  37. 誕生日
  38. 通称
  39. 旧姓
  40. テキスト1
  41. テキスト2
  42. テキスト3
  43. テキスト4
  44. ポップアップ1
  45. ポップアップ2
  46. ポップアップ3
  47. ポップアップ4
  48. メモ
  49. 配偶者_名
  50. 配偶者_性別
  51. 配偶者_誕生年
  52. 配偶者_誕生月
  53. 配偶者_誕生日
  54. 子供1_名
  55. 子供1_性別
  56. 子供1_誕生年
  57. 子供1_誕生月
  58. 子供1_誕生日
  59. 子供2_名
  60. 子供2_性別
  61. 子供2_誕生年
  62. 子供2_誕生月
  63. 子供2_誕生日
  64. 子供3_名
  65. 子供3_性別
  66. 子供3_誕生年
  67. 子供3_誕生月
  68. 子供3_誕生日
  69. 敬称
  70. 配偶者_敬称
  71. 子供1_敬称
  72. 子供2_敬称
  73. 子供3_敬称
  74. その他_連名
  75. 配偶者_連名設定
  76. 子供1_連名設定
  77. 子供2_連名設定
  78. 子供3_連名設定
  79. その他_連名設定
  80. マーク
  81. 姓名反転
  82. 英表記住所
  83. 表示名形式
  84. 連名配置(未使用)
  85. 作成日
  86. 更新日

コンマ区切りテキスト(CSV)用のヘッダー

以下は、入力可能なフィールド(テキストフィールド)の “カテゴリ” 〜 “更新日” までの項目名をコンマ区切りにしたものです。そのままコピーしてご利用いただけます。

カテゴリ,ID,姓,姓_ふりがな,名,名_ふりがな,所属,所属_ふりがな,部署,役職,所属_国名,所属_郵便番号,所属_都道府県,所属_市区町村,所属_町域,所属_番地,所属_建物名等,所属_TEL,所属_FAX,所属_mail,所属_HP,自宅_国名,自宅_郵便番号,自宅_都道府県,自宅_市区町村,自宅_町域,自宅_番地,自宅_建物名等,自宅_TEL,自宅_FAX,自宅_mail,自宅_HP,携帯電話,携帯_mail,その他の番号,性別,誕生年,誕生月,誕生日,通称,旧姓,テキスト1,テキスト2,テキスト3,テキスト4,ポップアップ1,ポップアップ2,ポップアップ3,ポップアップ4,メモ,配偶者_名,配偶者_性別,配偶者_誕生年,配偶者_誕生月,配偶者_誕生日,子供1_名,子供1_性別,子供1_誕生年,子供1_誕生月,子供1_誕生日,子供2_名,子供2_性別,子供2_誕生年,子供2_誕生月,子供2_誕生日,子供3_名,子供3_性別,子供3_誕生年,子供3_誕生月,子供3_誕生日,敬称,配偶者_敬称,子供1_敬称,子供2_敬称,子供3_敬称,その他_連名,配偶者_連名設定,子供1_連名設定,子供2_連名設定,子供3_連名設定,その他_連名設定,マーク,姓名反転,英表記住所,表示名形式,連名配置,作成日,更新日

タブ区切りテキスト用のヘッダー

以下は、入力可能なフィールド(テキストフィールド)の “カテゴリ” 〜 “更新日” までの項目名をタブ区切りにしたものです。そのままコピーしてご利用いただけます。

カテゴリ ID 姓 姓_ふりがな 名 名_ふりがな 所属 所属_ふりがな 部署 役職 所属_国名 所属_郵便番号 所属_都道府県 所属_市区町村 所属_町域 所属_番地 所属_建物名等 所属_TEL 所属_FAX 所属_mail 所属_HP 自宅_国名 自宅_郵便番号 自宅_都道府県 自宅_市区町村 自宅_町域 自宅_番地 自宅_建物名等 自宅_TEL 自宅_FAX 自宅_mail 自宅_HP 携帯電話 携帯_mail その他の番号 性別 誕生年 誕生月 誕生日 通称 旧姓 テキスト1 テキスト2 テキスト3 テキスト4 ポップアップ1 ポップアップ2 ポップアップ3 ポップアップ4 メモ 配偶者_名 配偶者_性別 配偶者_誕生年 配偶者_誕生月 配偶者_誕生日 子供1_名 子供1_性別 子供1_誕生年 子供1_誕生月 子供1_誕生日 子供2_名 子供2_性別 子供2_誕生年 子供2_誕生月 子供2_誕生日 子供3_名 子供3_性別 子供3_誕生年 子供3_誕生月 子供3_誕生日 敬称 配偶者_敬称 子供1_敬称 子供2_敬称 子供3_敬称 その他_連名 配偶者_連名設定 子供1_連名設定 子供2_連名設定 子供3_連名設定 その他_連名設定 マーク 姓名反転 英表記住所 表示名形式 連名配置 作成日 更新日

PA 5.x 入力可能なフィールド(オブジェクトフィールド)

入力可能なフィールドには、画像向けのフィールドもあります。画像フィールドには、顔写真やゴロ画像のほかに、任意のファイルを保存することができます。フィールド名をクリックすると詳細が表示されます。

PA 5.x 自動的に生成されるフィールドの一覧

入力可能なフィールドをもとに自動的に生成されるフィールドです。これらのフィールドはエクスポートのみに対応(カラーラベル除く)しています。フィールド名をクリックすると、各フィールドの詳細が表示されます。

  1. 表示名
  2. 表示名_ふりがな
  3. 表示名_フリガナ
  4. 表示名_フリガナ_半角
  5. 姓_フリガナ
  6. 姓_フリガナ_半角
  7. 名_フリガナ
  8. 名_フリガナ_半角
  9. 所属_フリガナ
  10. 所属_フリガナ_半角
  11. 所属_郵便番号から建物名等
  12. 所属_都道府県から建物名等
  13. 所属_都道府県から番地
  14. 所属_市区町村と町域
  15. 所属_町域から建物名等
  16. 所属_町域と番地
  17. 所属_番地と建物名等
  18. 自宅_郵便番号から建物名等
  19. 自宅_都道府県から建物名等
  20. 自宅_都道府県から番地
  21. 自宅_市区町村と町域
  22. 自宅_町域から建物名等
  23. 自宅_町域と番地
  24. 自宅_番地と建物名等
  25. 誕生年月日
  26. 年齢
  27. 配偶者_年齢
  28. 子供1_年齢
  29. 子供2_年齢
  30. 子供3_年齢
  31. レコード番号
  32. 整理番号
  33. カラーラベル

関連ページ

ダウンロード (Mac アプリ版)

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress の Macアプリ版のダウンロードページです。すべての機能を自由に評価、まずはダウンロードしてお試しください。

PowerAddress Mac アプリ版

PowerAddress 5.1 の Mac アプリ版(64bit App)です。ダウンロードから起動までの操作例はこちらをご覧ください。

ファイル概要サイズ
PowerAddress Mac 5.1dmg ディスクイメージ127 MB
Mac アプリ版のダウンロードファイル

試用して気に入ったらライセンスの購入をご検討ください。気に入らなければフォルダ毎削除するだけ。エクセルや他ソフトで作成した CSV からの移行など、住所録データの移行方法についてはこちらをご覧ください。どなたでも自由にお試しいただけます。

ダウンロード (Windows アプリ版)

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress の Windows アプリ版のダウンロードページです。すべての機能を自由に評価、まずはダウンロードしてお試しください。

PowerAddress Windows アプリ版

PowerAddress 5.1 の Windows アプリ版(64bit App)です。ダウンロードから起動までの操作例はこちらをご覧ください。

ファイル概要サイズ
PowerAddress Win 5.1zip 圧縮ファイル93 MB
Win アプリ版のダウンロードファイル

試用して気に入ったらライセンスの購入をご検討ください。気に入らなければフォルダ毎削除するだけ。エクセルや他ソフトで作成した CSV からの移行など、住所録データの移行方法についてはこちらをご覧ください。どなたでも自由にお試しいただけます。

に投稿 1件のコメント

FileMaker 版 v5.1、Win アプリ版 v5.1、Mac アプリ版 v5.1 をリリース

PowerAddress 5.1

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。2020/01/21、FileMaker 版「PowerAddress 5.1」、Win アプリ版「PowerAddress Win 5.1」、Mac アプリ版「PowerAddress Mac 5.1」を公開いたしましたのでお知らせいたします。

主な変更点は、データベース開発環境を FileMaker 16 から FileMaker 18 にアップグレード、新しいインポートダイアログ、誕生日の分割処理と入力処理に令和を追加、郵便番号データベースの更新、いくつかの修正や改善、Mac 向けコード署名と認証に対応などです。

もし、現在 v5.0 を特に問題なくご利用いただいている場合は、リリースノート (v5.1) をご確認の上、必要に応じて v5.1 への移行をご検討ください。v5.0 をご購入いただいたお客様はいつでも無償アップグレードが可能です。移行したい場合は通常の移行方法を参考に、v5.0 のバックアップを書き出し、v5.1 へインポートしてください。

ダウンロード

どなたでも自由にダウンロードしてお試しいただけます。

ドキュメント

ご利用の前にお読みください。

ライセンス

ライセンスキーは v5.0 共通です。ライセンスキーをお持ちでない方は以下のページから今すぐご購入いただけます。

お知らせ

残念ながら、Claris International Inc.(旧 FileMaker Inc.)は、FileMaker のランタイム作成機能の終了を決定しました。

弊社が確認したところ、ランタイム作成機能が有効なバージョンは FileMaker 18(18.0.1.122)が最後のようです。今後、ランタイム作成機能が完全に廃止された場合は、このバージョンが Win/Mac アプリ版の最後の開発環境となります。