に投稿

ファイル共有に関する記事を追加

FileMaker Server、FileMaker Cloud に関する記事を新規追加または加筆修正しました。新規追加した記事は、FileMaker Cloud for AWS の後継、クラリスの最新のクラウド環境「Claris FileMaker Cloud v2」に関する記事です。現在の PowerAddress は FileMaker Cloud v2 には未対応ですが、PowerAddress FileMaker テンプレートファイルや PowerAddress がエクスポートした FileMaker ファイルは共有可能です。FileMaker Cloud v2 の導入は、前バージョンと比べると驚くほど簡単です。大幅にアップグレードされた FileMaker Cloud v2 をぜひお試しください。おすすめです。

新規追加した記事

加筆修正した記事

オンプレミス(自社サーバー)の共有方法もより詳しく解説しました。FileMaker Cloud v2 購入前のテストにも最適です。新たなご利用方法をお試しください。

に投稿

サイトリニューアル

ご利用ありがとうございます。2020/05/09、PowerAddress Web サイトをリニューアルしました。リニューアルを記念して 10%OFF のクーポンをご用意しました。すべての決済フローは確認済みです。

クーポン内容:全商品 10%OFF
クーポンコード:3FNXM429
期限:2020/05/31

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

に投稿

v5.1, iOS/iPadOS 10.3 での動作状況

iOS/iPadOS 10.3 での起動を確認

PowerAddress 5.1 が iOS 13 および iPadOS 13 環境下の FileMaker Go 18 で起動できることを確認しました。以下のご利用の手引きのページも更新しました。

外部サイト

に投稿

FAQ に「インポート時にフィールドの配置順を自動で照合するには?」を追加

FAQ(よくある質問と答え)のページに「インポート時にフィールドの配置順を自動で照合するには?」を追加しました。

v5.1(FileMaker 18〜 環境)からインポートダイアログが新しくなりました。

に投稿 1件のコメント

FileMaker 版 v5.1、Win アプリ版 v5.1、Mac アプリ版 v5.1 をリリース

PowerAddress 5.1

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。2020/01/21、FileMaker 版「PowerAddress 5.1」、Win アプリ版「PowerAddress Win 5.1」、Mac アプリ版「PowerAddress Mac 5.1」を公開いたしましたのでお知らせいたします。

主な変更点は、データベース開発環境を FileMaker 16 から FileMaker 18 にアップグレード、新しいインポートダイアログ、誕生日の分割処理と入力処理に令和を追加、郵便番号データベースの更新、いくつかの修正や改善、Mac 向けコード署名と認証に対応などです。

もし、現在 v5.0 を特に問題なくご利用いただいている場合は、リリースノート (v5.1) をご確認の上、必要に応じて v5.1 への移行をご検討ください。v5.0 をご購入いただいたお客様はいつでも無償アップグレードが可能です。移行したい場合は通常の移行方法を参考に、v5.0 のバックアップを書き出し、v5.1 へインポートしてください。

ダウンロード

どなたでも自由にダウンロードしてお試しいただけます。

ドキュメント

ご利用の前にお読みください。

ライセンス

ライセンスキーは v5.0 共通です。ライセンスキーをお持ちでない方は以下のページから今すぐご購入いただけます。

お知らせ

残念ながら、Claris International Inc.(旧 FileMaker Inc.)は、FileMaker のランタイム作成機能の終了を決定しました。

弊社が確認したところ、ランタイム作成機能が有効なバージョンは FileMaker 18(18.0.1.122)が最後のようです。今後、ランタイム作成機能が完全に廃止された場合は、このバージョンが Win/Mac アプリ版の最後の開発環境となります。

に投稿 1件のコメント

年末年始 (2019-2020) のサポートについて

毎度ありがとうございます。年末年始(2019/12/末 〜 2020/01/初)のサポートについてお知らせいたします。

ライセンスキーの発行

通常通り、Amazon Pay、Apple Pay、クレジットカード、PayPal、LINE Pay でのご購入は、曜日や時間に関係なく即時発行可能です。今すぐご利用いただけます。

ライセンスキーの再発行、サポート

通常通り、即日〜3営業日以内に対応いたします。即日対応に努めておりますのでお気軽にお問い合わせください。

に投稿

旧製品 PowerAddress 4.7 Personal(v3.0 〜 4.8.2 利用可)を値下げ

2019/12/17、旧製品 PowerAddress 4.7 Personal(v3.0 〜 4.8.2 利用可)のライセンス価格を以下のとおり改定いたしました。

価格(総額):¥2,800 → ¥1,980

PowerAddress 4.7 Personal(v3.0 〜 4.8.2 利用可)

PowerAddress 4.7 Personal は、旧製品 v3.0 〜 v4.8.2 が使えるお得なライセンスパックです。このライセンスは、登録ユーザー様向けの追加購入サービスです。未登録のお客様はサポート外(購入して使用は可能)となりますのでご注意ください。また、登録ユーザー様が再購入した場合でも、動作環境(OS のバージョンなど)が対象外の場合はサポート外とさせていただきます。何らかの理由で旧製品を購入したい方のみご利用ください。

に投稿 3件のコメント

Mac アプリ版 v5, macOS 10.15 での動作状況

macOS Catalina 10.15 での起動を確認

2019/10/19 現在、macOS Catalina 10.15 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

macOS をアップグレードする前に、念のため PowerAddress のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

なお、PowerAddress Mac アプリ版 〜 v4.9 は、macOS Mojave 10.14 以降の環境では起動できないのでご注意ください。

macOS Catalina 10.15.4 での起動を確認

2020/04/06 現在、macOS Catalina 10.15.4 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 が起動できることを確認しました。

初回起動時のダイアログ

外部サイト

に投稿

購入方法に「FileMaker Cloud for AWS の購入手順」を追加

FileMaker Store を開き、AWS から購入

購入方法に「FileMaker Cloud for AWS の購入手順」を追加しました。AWS(Amazon Web Services、アマゾンウェブサービス)で FileMaker Cloud for AWS を購入する手順をご紹介します。

外部サイト

に投稿

住所録の移行方法に「マネーフォワード クラウド請求書の取引先への移行方法」を追加

CSV を編集してインポート

マネーフォワード クラウド請求書の取引先への移行方法

住所録データの移行方法に「マネーフォワード クラウド請求書の取引先への移行方法」を追加しました。CSV ファイルを書き出し、マネーフォワード用の項目名を1行目に付加してインポートします。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データをマネーフォワードの取引先として活用することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。CSV での移行なので、PowerAddress を持っていない方でも参考になるかと思います。

追加したヘルプ

外部サイト