主な機能を Win, Mac, iOS 画面毎に解説

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベースソフト PowerAddress のスクリーンショットです。主な機能を画面毎に解説します。実際にソフトを操作しながらご覧いただくと効果的です。ぜひ無料ダウンロードでお試しください。

PowerAddress 5.0

レイアウトに新テーマを適用

レイアウトの見た目がより美しくなりました。タブやボタンの形状を見直し、マウスオーバーに対応、一部にアイコンを採用するなど、より美しく、操作しやすいよう改善しています。

リスト画面例 (v5.0)

WebDirect での起動例、カード Memo 画面

新たに FileMaker WebDirect(ファイルメーカー ウェブダイレクト)に対応しました。アプリ版や FileMaker 版を FileMaker Server でホストし、 Web ブラウザで共有することができます。v5.0 の WebDirect では、v4.9 のインスタント Web 公開では非対応だったリスト印刷とカード印刷もサポートします。

カード> Memo 画面も新しくなりました。以下は、ブラウザ(Safari)で v5.0 のカード> Memo を開いた例です。

WebDirect での起動例 (v5.0)

Windows での起動例

Windows アプリ版は、新たに Windows 10 に対応しました。

Windows での起動例 (Win v5.0)

Mac での起動例

Mac アプリ版は、新たに OS X El Capitan 10.11、macOS Sierra 10.12、macOS High Sierra 10.13 に対応。macOS Mojave 10.14 での起動も確認しています。

macOS での起動例 (Mac v5.0)

印刷例

v4.9 と同様、日英住所対応の名簿印刷、はがき宛名印刷、封筒宛名印刷、ラベル印刷が可能です。

PowerAddress 4.9

最新版の v5.0 とは若干異なる画面がありますが、Windows、Mac、iOS 別のスクリーンショットの詳細は以下の各ページをご覧ください。

Windows

v4.9

Mac

v4.9

iOS

v4.9