に投稿

FileMaker 版 v5.1、Win アプリ版 v5.1、Mac アプリ版 v5.1 をリリース

PowerAddress 5.1

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベース PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。2020/01/21、FileMaker 版「PowerAddress 5.1」、Win アプリ版「PowerAddress Win 5.1」、Mac アプリ版「PowerAddress Mac 5.1」を公開いたしましたのでお知らせいたします。

主な変更点は、データベース開発環境を FileMaker 16 から FileMaker 18 にアップグレード、新しいインポートダイアログ、誕生日の分割処理と入力処理に令和を追加、郵便番号データベースの更新、いくつかの修正や改善、Mac 向けコード署名と認証に対応などです。

もし、現在 v5.0 を特に問題なくご利用いただいている場合は、リリースノート (v5.1) をご確認の上、必要に応じて v5.1 への移行をご検討ください。v5.0 をご購入いただいたお客様はいつでも無償アップグレードが可能です。移行したい場合は通常の移行方法を参考に、v5.0 のバックアップを書き出し、v5.1 へインポートしてください。

ダウンロード

どなたでも自由にダウンロードしてお試しいただけます。

ドキュメント

ご利用の前にお読みください。

ライセンス

ライセンスキーは v5.0 共通です。ライセンスキーをお持ちでない方は以下のページから今すぐご購入いただけます。

お知らせ

残念ながら、Claris International Inc.(旧 FileMaker Inc.)は、FileMaker のランタイム作成機能の終了を決定しました。

弊社が確認したところ、ランタイム作成機能が有効なバージョンは FileMaker 18(18.0.1.122)が最後のようです。今後、ランタイム作成機能が完全に廃止された場合は、このバージョンが Win/Mac アプリ版の最後の開発環境となります。

インストール/アンインストール方法 (v5.1)

インストール方法

PowerAddress をダウンロードし、PowerAddress フォルダをデスクトップや書類フォルダに展開またはドラッグ&ドロップしてコピーします。

アンインストール方法

PowerAddress フォルダを削除してください。

参考)Windows アプリ版の環境設定ファイル

Windows アプリ版のレジストリ設定は次の場所に保存されます。
HKEY_CURRENT_USER¥Software¥FileMaker¥PowerAddress¥18.0

Windows アプリ版の拡張子(pa12)は HKEY_CLASSES_ROOT に登録されます。

参考)Mac アプリ版の環境設定ファイル

Mac アプリ版の環境設定ファイルは次の場所に保存されます。
~/Library/Preferences/com.filemaker.client.runtime18.PowerAddress.plist

動作環境 (v5.1)

本ソフトウェアをインストールして使用するには、最低限、以下の動作環境が必要です。最新情報は PowerAddress のホームページを参照してください。

Windows アプリ版(ランタイム版)

  • Windows 10 Pro Edition(64 ビット October 2018 Update)
  • Windows 10 Enterprise Edition(64 ビット October 2018 Update)
  • Windows 8.1 Standard Edition(更新 KB2919355, KB2999226)
  • Windows 8.1 Pro Edition(更新 KB2919355, KB2999226)
  • Windows 7 SP1 Professional Edition(更新 KB2999226)
  • Windows 7 SP1 Ultimate Edition(更新 KB2999226)

Mac アプリ版(ランタイム版)

  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13

FileMaker 版

利用形態に応じた FileMaker 製品が必要です。
動作環境は、各 FileMaker 製品の技術仕様を参照してください。

なお、本ソフトウエアは FileMaker 18(18.0.1.122)環境で開発されたものです。動作環境の詳細は開発時点の FileMaker 18 環境に準拠します。

に投稿 2件のコメント

Mac アプリ版 v5, macOS 10.15 での動作状況

macOS Catalina 10.15 での起動を確認

2019/10/19 現在、macOS Catalina 10.15 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

macOS をアップグレードする前に、念のため PowerAddress のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

なお、PowerAddress Mac アプリ版 〜 v4.9 は、macOS Mojave 10.14 以降の環境では起動できないのでご注意ください。

macOS Catalina 10.15.4 での起動を確認

2020/04/06 現在、macOS Catalina 10.15.4 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 が起動できることを確認しました。

初回起動時のダイアログ

外部サイト

iCloud 連絡先への移行方法

住所録データを iCloud の連絡先へ移行する方法を解説します。vCard ファイルを書き出すだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを iCloud クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。iPhone ユーザーにもおすすめです。vCard での移行なので、他の vCard の場合でも参考になるかと思います。

Mac 環境の場合

Mac 環境の場合は、エクスポート画面の [Mac 連絡先を更新…] を使って、Mac 連絡先経由で iCloud へ移行することも可能です。詳しくは以下のページをご覧ください。

移行手順

1. 準備

PowerAddress 5.0(Win アプリ版、Mac アプリ版、FileMaker 版)を起動し、移行したいデータを検索機能などを使って抽出します。すべてを移行したい場合は [全て表示] をクリックします。移行したいデータが決まったら、PowerAddress の設定> データ移行> vCard 画面を開き、vCard のエクスポート設定を確認します。vCard 3.0 出力文字セットが、「Unicode(UTF-8)」になっていることを確認してください。

PowerAddress の設定> データ移行> vCard

2. vCard ファイルをエクスポート

PowerAddress のエクスポート画面を開き、拡張タイプの「vCard」の右にある [エクスポート…] をクリックし、連絡先データを任意の場所に保存します。Mac 環境の場合は、エクスポートされた vCard ファイルの改行コードを CR から CRLF に変換する必要があります(Apple さん、CR でもインポートできるようにしてほしいなぁ)。

  • vCard のフォーマットは、vCard 3.0 を指定する
  • Windows 環境の場合は、ファイル名(vCard.vcf など)のほかにファイル種類(タブ区切り値)を指定する
PowerAddress のエクスポート> vCard

ちなみに、PowerAddress Mac の vCard 2.1 のエクスポート処理は、改行コードを CR から CRLF に変換しています。これは開発当時、Mac でエクスポートした vCard 2.1 が、Windows アドレス帳でもインポートできるよう考慮したためです。vCard 3.0 は、FileMaker Mac のデフォルトの改行コード CR のままエクスポートしています(FileMaker さん、Mac でも LF か CRLF にしてほしいなぁ)。

3. iCloud 連絡先へインポート

iCloud にログインし、下図の大きな赤枠の部分に vCard ファイルをドラック&ドロップするか、iCloud 連絡先の歯車メニューから「vCard 読み込み…」を実行し、vCard ファイルを指定してインポートします。

iCloud 連絡先> vCard を読み込む...

参考

  • iCloud がインポートできる vCard は、vCard 3.0、エンコーディング UTF-8、改行コードは CRLF か LF です。
iCloud 連絡先

移行可能な項目

この方法で移行できる項目は以下のとおりです。矢印の左側は PowerAddress の項目名、右側は iCloud 連絡先の項目名です。メモは、PowerAddress の設定> データ移行> vCard 画面で、任意の項目に変更することができます。必要であれば、vCard をエクスポートする前に設定してください。

  • 姓 → 姓
  • 名 → 名
  • 姓_ふりがな → 姓(ふりがな)
  • 名_ふりがな → 名(ふりがな)
  • 通称 → ニックネーム
  • 所属 → 会社名
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_TEL → 電話番号(勤務先)
  • 自宅_TEL → 電話番号(自宅)
  • 携帯電話 → 電話番号(携帯)
  • 所属_FAX → 電話番号(勤務先Fax)
  • 自宅_FAX → 電話番号(自宅Fax)
  • その他の番号 → 電話番号(その他)
  • 所属_HP → URL(勤務先)
  • 自宅_HP → URL(自宅)
  • 所属_郵便番号 → 郵便番号(勤務先)
  • 所属_都道府県 → 都道府県(勤務先)
  • 所属_市区町村 → 郡/市区町村(勤務先)
  • 所属_町域から建物名等 → 番地(勤務先)
  • 所属_国名 → 国(勤務先)
  • 自宅_郵便番号 → 郵便番号(自宅)
  • 自宅_都道府県 → 都道府県(自宅)
  • 自宅_市区町村 → 郡/市区町村(自宅)
  • 自宅_町域から建物名等 → 番地(自宅)
  • 自宅_国名 → 国(自宅)
  • 誕生年月日 → 誕生日
  • メモ or テキスト1〜4 or ポップアップ1〜4 など → メモ

PA のエクスポート機能をお試しください

FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動する場合やはじめての方はアプリ版をお試しください。好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.0 (.zip)FileMaker 版(zip 圧縮)15 MB
PowerAddress 5.0 (.dmg)FileMaker 版(Mac dmg 圧縮)18 MB
PowerAddress Win 5.0Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮)76 MB
PowerAddress Mac 5.0Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮)91 MB

関連ページ

外部サイト

Mac でテキストファイルの改行コードを変換する方法

Mac 環境でテキストファイルの改行コードを変換する方法をご紹介します。フリーソフトの CotEditor を使う方法がおすすめです。

改行コードを CR から CRLF に変換する手順

1. CotEditor をインストール

CotEditor をダウンロードしてインストールします。CotEditor のホームページか App Store からダウンロードできます。

CotEditor をインストール

2. 対象ファイルを CotEditor で開く

対象のファイルを CotEditor で開きます。ファイルのアイコンを CotEditor のアプリのアイコンにドラッグ&ドロップ(ファイルをクリックしたまま移動して離す)するのが簡単です。

対象ファイルを CotEditor で開く

3. 改行コードを変換して保存

左上の改行コードのメニューを変換したいコード(CRLF に変換したい場合は CRLF)に変更して、ファイルを閉じて保存します。

改行コードを変換

関連ページ

外部ページ

に投稿

Mac アプリ版 v5, macOS 10.14.5 での動作状況

macOS 10.14.5 での起動を確認

2019/06/04 現在、macOS Mojave 10.14.5 環境下で Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

OS をアップグレードする前に、念のため PA のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

外部サイト

スクリーンショット (Safari)

Safari での画面例

PowerAddress 4.9 を FileMaker 12 でホストすると、Web ブラウザを使ったデータの閲覧、レコードの作成や編集、複製、削除、検索などが行えます。

インスタント Web 公開した PowerAddress 4.9 を「Mac OS X 10.8 + Safari 6」でアクセスした際のスクリーンショットです。画像をクリックすると拡大します。「Windows 8 + Internet Explorer 10」での画面例はこちらをご覧ください。

インスタント Web 公開を行うには、ホストとなるパソコンに FileMaker Pro 12 または FileMaker Server 12 が必要です。ネットワーク上のパソコンからは Web ブラウザを使ってアクセスします。

アプリ版の住所録を Win と Mac で使うには?

サポート外の情報です。データの安全性の面からおすすめしません。

PowerAddress フォルダを Win/Mac 兼用に

Q. 質問

FileMaker 版の PA は Windows と Mac で使えますが、ランタイムアプリ版の PA は Windows 版と Mac 版に分かれています。住所録ファイルをコピーすれば、お互いの環境で使えるのは理解しています。データの交換無しで、Windows と Mac の両方の環境で使う方法はありますか?

A. 回答

PowerAddress フォルダ内の実行ファイルを起動すると、同一階層にある住所録ファイル(data ファイル)が参照されます。住所録ファイルは、Win/Mac で互換性があります。これらの特徴を利用すれば、一つのアプリ版の PA の住所録を Windows と Mac の環境で使うことができます。ただし、Win/Mac 間で同時に起動することはできません。また、この方法はサポート外とさせていただきます。

準備

  1. Win アプリ版の PA をダウンロードして展開
  2. Mac アプリ版の PA をダウンロードして展開
  3. Win 版の PowerAddress フォルダに Mac 版の PowerAddress.app(アプリの実行ファイル)をコピー

起動方法

Win で起動するときは PowerAddress.exe を、Mac で起動するときは PowerAddress.app を起動します。

FileMaker 版の PA なら

FileMaker 版であれば、上記のようなことをしなくても、一つの PA を Win/Mac で使うことができます。Win/Mac の実行ファイルが不要なため、最小限のファイルサイズでご利用いただけます。共有設定を行えば、Win/Mac のほか、iPad などの iOS デバイス間で一つの PA を同時に使用することができます。詳しくは以下のページをご覧ください。

パソコン買い替え時の移行方法は?

PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけ

Q. 質問

パソコンを買い替えたときの住所録の移行、最も簡単な方法は?

A. 回答

住所録データの移行はとても簡単です。最も簡単な方法は、現在お使いの PowerAddress フォルダを丸ごとコピーし、新しいパソコンにペースト(貼り付け)するだけです。コピー&ペーストは、会社や自宅内の LAN 経由、USB メモリ、オンラインストレージ経由などで行うとよいでしょう。念のため、バックアップをとってから移行することをおすすめします。

FileMaker 版の移行

FileMaker 版は Win/Mac 完全互換です。新しいパソコンが Windows でも Mac でも、PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけです。

Win アプリ版の移行

事前に動作環境を確認してください。動作可能であれば、PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけです。新しいパソコンが Mac の場合は、新しいパソコンで Mac アプリ版をダウンロード&インストールし、住所録ファイル(PowerAddress フォルダ内の data ファイル)だけをコピー&ペースト(上書き)してください。

Mac アプリ版の移行

事前に動作環境を確認してください。動作可能であれば、PowerAddress フォルダを丸ごとコピー&ペーストするだけです。新しいパソコンが Windows の場合は、新しいパソコンで Win アプリ版をダウンロード&インストールし、住所録ファイル(PowerAddress フォルダ内の data ファイル)だけをコピー&ペースト(上書き)してください。

その他の移行方法

エクスポートしたファイルやバックアップファイルを使って移行することもできます。

ライセンスについて

パソコンを変更すると、ライセンスキーの入力が必要になる場合があります。使用許諾数の範囲内であれば再入力の必要はありません。シングルライセンスや使用許諾数を超えたライセンスの場合は、ライセンスキーの再入力が必要です。複数利用する場合は、ソフトの設置数や起動数分または、使用する人数分のライセンスのご購入をお願いいたします。

なお、各ライセンスの使用許諾数は、住所を同じにする同一の建物内にある同一の企業または団体内に限り有効です。同一の企業または団体でも、異なる住所や異なる建物で利用する場合は、店舗や事務所毎にライセンスが必要です。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0