に投稿

v5.1, iOS/iPadOS 10.3 での動作状況

iOS/iPadOS 10.3 での起動を確認

PowerAddress 5.1 が iOS 13 および iPadOS 13 環境下の FileMaker Go 18 で起動できることを確認しました。以下のご利用の手引きのページも更新しました。

外部サイト

動作環境 (v5.1)

本ソフトウェアをインストールして使用するには、最低限、以下の動作環境が必要です。最新情報は PowerAddress のホームページを参照してください。

Windows アプリ版(ランタイム版)

  • Windows 10 Pro Edition(64 ビット October 2018 Update)
  • Windows 10 Enterprise Edition(64 ビット October 2018 Update)
  • Windows 8.1 Standard Edition(更新 KB2919355, KB2999226)
  • Windows 8.1 Pro Edition(更新 KB2919355, KB2999226)
  • Windows 7 SP1 Professional Edition(更新 KB2999226)
  • Windows 7 SP1 Ultimate Edition(更新 KB2999226)

Mac アプリ版(ランタイム版)

  • macOS Catalina 10.15
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13

FileMaker 版

利用形態に応じた FileMaker 製品が必要です。
動作環境は、各 FileMaker 製品の技術仕様を参照してください。

なお、本ソフトウエアは FileMaker 18(18.0.1.122)環境で開発されたものです。動作環境の詳細は開発時点の FileMaker 18 環境に準拠します。

に投稿 2件のコメント

Mac アプリ版 v5, macOS 10.15 での動作状況

macOS Catalina 10.15 での起動を確認

2019/10/19 現在、macOS Catalina 10.15 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

macOS をアップグレードする前に、念のため PowerAddress のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

なお、PowerAddress Mac アプリ版 〜 v4.9 は、macOS Mojave 10.14 以降の環境では起動できないのでご注意ください。

macOS Catalina 10.15.4 での起動を確認

2020/04/06 現在、macOS Catalina 10.15.4 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 が起動できることを確認しました。

初回起動時のダイアログ

外部サイト

に投稿

Mac アプリ版 v5, macOS 10.14.5 での動作状況

macOS 10.14.5 での起動を確認

2019/06/04 現在、macOS Mojave 10.14.5 環境下で Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

OS をアップグレードする前に、念のため PA のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

外部サイト

宛名印刷, 縦書きの文字が90度時計回りなる?

日本語環境でご利用ください

この FAQ は 2011/07/12 に編集したものです

Q. 質問

はがきや封筒の宛名印刷についての質問です。縦置き縦書きの宛名の個々の文字が、90 度時計回りに回転して横置き横書きのようになってしまいます。縦書きにすることはできますか?

A. 回答

パソコンの言語設定を日本語環境にしてご利用ください。言語設定を日本語環境以外にすると、メニューの一部が文字化けしたり、レイアウト上のテキストの位置、文字方向、行間、フォントなどが意図しない値に変わります。英語環境では、縦書きの個々の文字が 90 度時計回りに回転します。中国語や韓国語環境では縦書きを維持するようですが、行間やフォントは意図しない値に変わります。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

Mac で起動すると「開発元が未確認のため開けません」と表示される

v4.x での Gatekeeper の回避方法、v5.0 は対処済み

Q. 質問

Mac アプリ版 v4.x を起動しようとすると「開発元が未確認のため開けません」というメッセージが表示されます。起動する方法を教えてください。

A. 回答

OS X Mountain Lion から Gatekeeper という機能が搭載され、電子署名のないソフトを開こうとすると「開発元が未確認のため開けません」と表示されます。PowerAddress Mac 4.x には署名がないため、起動時にこのメッセージが表示されます。

v4.x でこの問題を解決するには、初回起動時に1度だけ Gatekeeper 機能を回避して開いてください。操作は簡単です。PowerAddress フォルダ内にある PowerAddress アイコンを control キーを押しながらクリックし、[開く] を選択します。

新たに以下のようなメッセージが表示されるので、再度、[開く] をクリックします。次回からは、PowerAddress をダブルクリックして起動できるようになります。

なお、v5.0 は署名を付加しているためこのようなメッセージは表示されません。もしよろしければ v5.0 への移行をご検討ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

外部サイト

に投稿

Mac アプリ版 v5, macOS 10.14.1 での動作状況

macOS 10.14.1 での起動を確認

2018/10/30、Apple が macOS Mojave 10.14.1 をリリースしました。2018/11/21 現在、macOS Mojave 10.14.1 環境下で Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認していますが、macOS Mojave 10.14.x 環境下ではいくつか既知の問題があります。以下は、FileMaker 社の互換性に関する資料です。PowerAddress の動作に大きな影響はありません。ご参考まで。

OS をアップグレードする前に、念のため PA のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

に投稿

Mac アプリ版 v5, macOS 10.14 での動作状況

macOS 10.14 での起動を確認

Apple が macOS Mojave 10.14 をリリースしました。2018/10/21 現在、macOS Mojave 10.14 環境下で Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認していますが、いくつか既知の問題があります。以下は、FileMaker 社の互換性に関する資料です。PowerAddress の動作に大きな影響はありません。ご参考まで。

OS をアップグレードする前に、念のため PA のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

に投稿

Mac アプリ版 v5, macOS 10.13.6 での動作状況

macOS 10.13.6 での起動を確認

Apple が macOS High Sierra 10.13.6 をリリースしました。2018/07/13 現在、macOS High Sierra 10.13.6 環境下で Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しています。ご参考まで。

OS をアップグレードする前に、念のため PA のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

外部リンク

に投稿

Mac アプリ版 v5, macOS 10.13.5 での動作状況

macOS 10.13.5 での起動を確認

Apple が macOS High Sierra 10.13.5 をリリースしました。2018/06/17 現在、macOS High Sierra 10.13.5 環境下で Mac アプリ版 v5.0 が起動できることを確認しました。ご参考まで。

OS をアップグレードする前に、念のため PA のバックアップファイルを作成することをおすすめいたします。簡単な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

外部リンク