に投稿 1件のコメント

Mac アプリ版 v5.1, macOS 11.1 での動作状況

macOS Big Sur 11.1 での起動を確認

2020/12/22 現在、macOS Big Sur 11.1 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

macOS Big Sur 11.0 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 を起動

macOS Big Sur 11.1 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 を起動、バックアップファイルの作成、Mac 連絡先の更新、印刷などの動作を確認。

macOS をアップグレードする前に、PowerAddress のバックアップファイルを作成することを強くおすすめいたします。手軽な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のバックアップボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

上記のほかに、PowerAddress フォルダを丸ごとコピーするなど、複数のバックアップをとることをおすすめします。万全を期す場合は、上記のファイルを作成した後、PowerAddress フォルダを丸ごとコピーし、起動中のパソコンとは別の SSD(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)や HDD(Hard Disk Drive:ハードディスクドライブ)などに保存してください。バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

なお、PowerAddress Mac アプリ版 〜 v4.9 は、macOS Mojave 10.14 以降の環境では起動できないのでご注意ください。

ご注意ください

PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 は macOS Big Sur がリリースされる前に開発されたものです。開発環境である FileMaker 18(18.0.1.122)は、macOS Big Sur 11.1 をサポートしておりません。今回、macOS Big Sur での起動は確認しましたが、未知のエラーが発生する可能性もあります。ご利用の際は、適時バックアップをとりことをおすすめいたします。

なお、FileMaker 19 であれば、macOS Big Sur と互換性があり既知の問題はありません。万が一、PowerAddress Mac アプリ版で未知のエラーが発生した場合は、FileMaker 19 を使って起動することができます。操作は簡単です。PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 の main ファイルを FileMaker 19 で開くだけです。FileMaker 製品と macOS との互換性については、以下の Claris International Inc. のサポートページをご覧ください。

残念ながら、FileMaker 19 ではランタイム作成機能(アプリ版を作成する機能)が完全に削除されました。これにより、FileMaker 19 での Win アプリ版および Mac アプリ版の開発は不可能となりました。現状では、v5.1 が Win アプリ版および Mac アプリ版の最後のバージョンとなります。

macOS Big Sur について

に投稿

Mac アプリ版 v5.1, macOS 11.0 での動作状況

macOS Big Sur 11.0 での起動を確認

2020/11/21 現在、macOS Big Sur 11.0 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 が起動できることを確認しました。このページは必用に応じて更新します。

macOS Big Sur 11.0 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 を起動

macOS Big Sur 11.0 環境下で PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 を起動、バックアップファイルの作成、Mac 連絡先の更新、印刷などの動作を確認。

macOS をアップグレードする前に、PowerAddress のバックアップファイルを作成することを強くおすすめいたします。手軽な方法は、エクスポート画面か設定画面を開き、以下のバックアップボタンをクリックします。

  • [住所録をバックアップ…]
  • [設定値をバックアップ…]

上記のほかに、PowerAddress フォルダを丸ごとコピーするなど、複数のバックアップをとることをおすすめします。万全を期す場合は、上記のファイルを作成した後、PowerAddress フォルダを丸ごとコピーし、起動中のパソコンとは別の SSD(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)や HDD(Hard Disk Drive:ハードディスクドライブ)などに保存してください。バックアップの詳細は、「バックアップとリストア」をご覧ください。

なお、PowerAddress Mac アプリ版 〜 v4.9 は、macOS Mojave 10.14 以降の環境では起動できないのでご注意ください。

ご注意ください

PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 は macOS Big Sur がリリースされる前に開発されたものです。macOS Big Sur での起動は確認しましたが、未知のエラーが発生する可能性もあります。ご利用の際は、適時バックアップをとりことをおすすめいたします。

また、PowerAddress Mac アプリ版 v5.1 の開発環境である FileMaker 18(18.0.1.122)は、macOS Big Sur 11.0 をサポートしておりません。FileMaker 19 は、macOS Big Sur 11.0 と互換性があり既知の問題はありません。FileMaker 製品と macOS との互換性については、以下の Claris International Inc. のサポートページをご覧ください。

FileMaker 19 ではランタイム作成機能が完全に削除されました。これにより、FileMaker 19 での Win アプリ版および Mac アプリ版の開発は行えなくなりました。v5.1 は、Win アプリ版および Mac アプリ版の最後のバージョンとなります。

macOS Big Sur について

に投稿

Mac 連絡先アプリと iCloud を同期する方法

Mac 連絡先アプリと iCloud を同期

icloud.com

Mac 連絡先アプリと iCloud の連絡先を同期する方法です。既に設定済みになっている場合も多いと思いますが、再設定や iCloud のアカウントを変える際の参考になれば幸いです。この記事は、Mac OS X 10.8.2、連絡先アプリ v7.1 (1167) を使って執筆しました。

設定は、システム環境設定の iCloud か、連絡先アプリの環境設定で行います。この設定を行うと、icloud.com と Mac 内の連絡先情報が常に同じ状態になります。PowerAddress のエクスポート画面にある [アドレスブックを更新…] をクリックすれば、PowerAddress の住所録データが Mac 連絡先アプリを経由して iCloud に反映されます。

システム環境設定の iCloud で設定する場合

システム環境設定の「iCloud」で設定する方法です。システム環境設定の「メール/連絡先/カレンダー」でも設定できます。この方法で設定すると、連絡先アプリの「環境設定> アカウント」にも反映されます。

Mac のシステム環境設定を開き、「インターネットとワイヤレス」にある iCloud のアイコンをクリックします。

iCloud をクリック

iCloud に使用する Apple ID とパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

Apple ID とパスワードを入力

ダイアログの「iCloud で連絡先、カレンダー、リマインダー、メモ、および Safari を使用」が ON になっていることを確認し、[次へ] をクリックします。

設定を確認し [次へ] をクリック

「連絡先」が ON になっていることを確認します。これで完了です。

ON になっていることを確認

Mac 連絡先アプリで設定する場合

システム環境設定の「iCloud」または「メール/連絡先/カレンダー」が未設定または、サインアウト状態で、iCloud の連絡先だけを使用する場合の設定例です。

連絡先アプリの「環境設定> アカウント」を開き、左下の [+] をクリックします。

アカウントを追加

アカウントの種類から iCloud を選び、Apple ID とパスワードを入力し、[作成] をクリックします。

Apple ID とパスワードを入力

「このアカウントを有効にする」が ON になっていることを確認します。これで完了です。

ON になっていることを確認

関連ページ

PowerAddress のエクスポート画面にある [アドレスブックを更新…] をクリックすれば、PowerAddress の住所録データが Mac 連絡先アプリを経由して iCloud に反映されます。

外部サイト

に投稿

Mac アプリ版 v3.6.2 をリリース

Mac アプリ版 v3.6.2 をリリース – PowerAddress 3.6.2 for Macintosh をリリースいたしました。まずはダウンロードしてお試しください。v3.x for Macintosh 登録ユーザ様は無償でご利用いただけます。v3.6.2 は、いくつかのバグフィックスと機能の改善を施しており、より安定した動作と使いやすさをご提供いたします。主な新機能と改善点は以下のとおりです。

主な新機能

  • データベースエンジンをアップグレード
  • エクスポート処理(vCard、Outlook Express CSV、Yahoo!アドレスブック)の改善と問題の修正
  • リストのメモ1〜8の項目名をユーザーが設定したものに変更
  • 住所欄の英語表記設定を一括操作する「英表記住所 ON/OFF…」コマンドなどを追加
  • 損傷ファイルの修復処理の改善
  • 郵便番号データベースを2006/05/31版に更新
  • その他、いくつかの機能の追加や修正

詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

  • 追加情報(v3.6.2)

関連情報

  • お読みください(v3.6)
  • リリースノート(v3.6)

※PowerAddress カスタマイズ製品をご利用のお客様へ
FileMaker 版などの PowerAddress カスタマイズ製品をご利用のお客様は、最新版リリース後の個別対応となります。詳細は改めてご案内いたしますので、しばらくお待ちください。

お知らせ

v3.x は 2012/11/30 にサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

に投稿

Mac アプリ版 v3.6 をリリース

PowerAddress 3.6 for Macintosh をリリースいたしました。主な新機能と改善点は以下のとおりです。v3.x for Windows 登録ユーザ様は無償でご利用いただけます。

主な新機能

  • データベースエンジンをアップグレード
  • Excel 形式のエクスポートに対応(インポートは対応済み)
  • Outlook Express(CSV)形式のインポート/エクスポートに対応
  • Yahoo!アドレスブック形式のインポート/エクスポートに対応
  • vCard インポート/エクスポート処理の改善(項目追加やふりがなの扱い等)
  • エクスポートしたファイルを自動的に開くことが可能
  • エクスポートしたファイルを電子メールの添付書類にすることが可能
  • エクスポート時のレイアウトに「フィールド一覧の昇順」を追加
  • 住所の2分割、3分割、4分割用のデータを自動生成、エクスポート可能
  • 一部のフィールドにオートコンプリート(自動入力)を適用
  • 印刷レイアウトの各用紙ボタンの横に、印刷内容を示すアイコンを追加
  • 縦書き印刷で特定のフォントを使用した際の印刷品質の改善(Mac版)
  • メニューのカスタマイズ、最適化
  • 郵便番号データベースの更新
  • いくつかの機能の追加や修正など

詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

  • お読みください(v3.6)
  • リリースノート(v3.6)

※PowerAddress カスタマイズ製品をご利用のお客様へ
FileMaker 版などの PowerAddress カスタマイズ製品をご利用のお客様は、最新版リリース後の個別対応となります。詳細は改めてご案内いたしますので、しばらくお待ちください。

お知らせ

v3.x は 2012/11/30 にサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。