更新日

FileMaker 16 以降で起動するかデータ救出用の PA を

Q. 質問

Mac アプリ版 v4.9 を使っています。v5.0 へ移行するためバックアップを作成したいが、macOS 10.13 以降の環境で v4.9 が起動しません。「Runtimeが予期しない理由で終了しました。」などと表示されます。

macOS 10.13 以降の環境で v4.9 を起動するには?

A. 回答

Mac アプリ版 v4.9 は macOS 10.13 以降の環境には対応しておりません。リリース時にご案内した動作環境は、Mac OS X 10.6 〜 10.8 です。FileMaker 版 v4.9 は問題ありませんが、Mac アプリ版 v4.9 を 10.13 以降で起動すると異常終了してしまいます。

バックアップファイルがあれば通常の方法で移行可能です。バックアップファイルとは、任意の形式でエクスポートしたファイル、またはエクスポート画面の [住所録をバックアップ] で作成したファイルのことです。PowerAddress フォルダの PA_backup 内や、任意の場所にバックアップがないか再度お確かめください。バックアップファイルがない場合は、以下のいずれかの方法で移行してください。FileMaker 16 以降があればバックアップファイルの作成が可能です。

FileMaker 16 以降で起動して移行

FileMaker 16 以降をお持ちであれば、Mac アプリ版 v4.9 の PowerAddress フォルダ内にある main ファイルを FileMaker で開いて起動してください。FileMaker 16 以降をお持ちでなければ、以下の FileMaker 社のサイトから FileMaker 17 の無料評価版をダウンロードすることができます。起動後、エクスポート画面の [住所録をバックアップ] を実行し、通常の方法で移行してください。

FileMaker での起動方法は以下のとおりです。

  1. FileMaker を起動
  2. FileMaker のファイルメニューから [開く…] を選択
  3. PowerAddress RT 4.9 フォルダ内の main ファイルを指定して [開く] をクリック
  4. エクスポート画面の [住所録をバックアップ] を実行しバックアップファイルを作成
  5. 通常の移行方法の手順3以降を実行

FileMaker のアイコンに PowerAddress RT 4.9 フォルダ内の main ファイルをドラックしても起動します。

データ救出用の PowerAddress を用意して移行

v4.9 のデータ救出用に v5.0 をもう一つ用意し、v4.9 の PowerAddress フォルダ内にある data ファイルを救出用の v5.0 にコピーして起動します。詳しくは以下のページをご覧ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9