ライセンスキーの登録方法は?

設定画面の「ライセンス」を開きライセンスキーを入力

Q. 質問

ライセンスキーの登録方法を教えてください。

A. 回答

購入手続きが完了すると、ライセンスキーを記載したメールが届きます。ライセンスキーの登録手順は以下のとおりです。

ライセンスキーの登録手順

  1. PowerAddress を起動
  2. メニュータブの「設定」をクリック
  3. サブメニューの「ライセンス」をクリック
  4. [登録…] ボタンをクリック
  5. ライセンスキーと登録者名を入力
  6. 登録完了の [OK] をクリック

ハイフンも含め一字一句間違いなく

ライセンスキーは、ハイフンも含め一字一句間違いなく入力してください。手入力する際は、数字の 0 と英字の O、数字の 1 と英字の I などの違いに注意してください。

余分な空白や改行をコピーしないように

ライセンスキーは、コピー&ペースト(貼り付け)すると間違いなく入力することができます。コピーする際は、ライセンスキーの最初の文字から最後の文字の部分だけを選択してください。余分な空白(スペース)や改行をコピーしないようご注意ください。ライセンスキーをペーストすると、ライセンスキーの入力欄にすぐに表示されます。ペースト直後に何も表示されない場合や、登録者名に移動したタイミングで表示される場合は改行が入っている可能性があります。その際はライセンス登録を一旦キャンセルし、ライセンスキーの最初の文字から最後の文字の部分だけをコピーして再度お試しください。

登録の前に再確認

[登録…] をクリックする前に、ライセンスキーの入力欄がライセンスキーのみであることを再度ご確認ください。行頭や行末に余分な空白が入っていないこともご確認ください。

ライセンスキーが届いていない場合は

なお、ライセンスキーが届いていない場合は、迷惑メールに分類されている可能性もございます。お手数ですが、お客様の迷惑メールフォルダなどをご確認ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9

宛名印刷, 差出人の編集および印刷方法は?

差出人情報、差出人画像の編集と印刷について

Q. 質問

宛名印刷の差出人の編集方法および印刷方法を教えてください。

A. 回答

差出人のテキスト欄は、一般的なテキストエディタのように自由に編集することができます。差出人の住所氏名に限らず、はがきや封筒に添えるコメント欄としてもご利用いただけます。会社や店舗などのビジネス用途であれば、ちょっとしたお知らせや広告欄としても使えるでしょう。差出人画像と合わせてご活用ください。使い方は自由です。

まずは、以下のいずれかの設定画面を開いてください。はがきや封筒のプレビュー画面の差出人欄をクリックするか、PA のメニュータブの「設定> 印刷」画面から開くことができます。

  • 設定> 印刷> 差出人(縦書き)
  • 設定> 印刷> 差出人(横書き)
  • 設定> 印刷> 差出人画像

はがきや封筒の縦書き用であれば「差出人(縦書き)」を、横書き用であれば「差出人(横書き)」の設定画面をご利用ください。差出人の設定欄は、縦書き用と横書きが各3個、合計6個あります。個人用、ビジネス用、エアメール用などに使い分けるとよいでしょう。

差出人画像の設定欄は3個あります。差出人の顔写真、会社のロゴ画像、商品画像などを設定することができます。PowerAddress フォルダの images フォルダには、「見積書在中」、「請求書在中」、「領収書在中」、「親展」、「重要」などのスタンプを模したサンプル画像があります。

印刷例

差出人テキストの編集方法

任意の編集欄をクリックして文字を入力します。通常のテキストエディタのように、メニューバーの「書式」から、フォント、サイズ、スタイル、テキスト配置、行間、文字色などを変更することができます。編集欄の下には「サンプルを表示する…」というボタンがありますので、サンプルをもとに編集することも可能です。なお、差出人の郵便番号は、郵便番号枠内の表示には対応しておりません。

差出人画像の編集方法

画像の追加または削除は、画像枠の下にある [+]/[-] ボタンをクリックし、ファイルダイアログから画像ファイルを指定するか、あらかじめコピーしておいた画像をペーストします。

差出人画像枠のサイズは 48 x 48 ピクセルです。画像ファイルは、この枠のサイズに合わせて拡大縮小されます。画像をきれいに印刷するには、200 x 200 ピクセル以上の画像ファイルを使用するとよいでしょう。

印刷方法

差出人の設定画面の右側に「差出人設定」または「差出人画像設定」という設定メニューがあります。はがきと封筒別に、どの差出人情報を使うかを設定してください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9

関連ページ

地図検索サイトの設定

地図検索サイトに関する諸設定を行います。

地図検索サイトの選択

カードレイアウトなどにある [Map] ボタンをクリックしたときの挙動を設定します。

地図検索の際のキーワードは、所属住所欄の [Map] ボタンの場合は所属住所が、自宅住所欄の [Map] ボタンの場合は自宅住所が使用されます。いずれの住所も、都道府県(Region)から番地(Num.)までを連結した住所データです。住所欄の英表記ボタンが ON の場合は、英語圏向けに順番が変わり、適切な箇所にコンマが挿入された住所データが使用されます。

地図検索サイト1 ← Win/Mac 初期値

以下で設定した地図検索サイトが使用されます。初期設定は「Google Maps」です。設定値は自由に編集することができます。Google Maps の場合、追加キーワードに「駐車場」や「コンビニ」と入力しておくと、地図検索時に付近の駐車場やコンビニも検索されます。Google Maps は日本国内のほか、英語圏向けの地図も検索可能です。

項目初期値
名称Google Maps
トップページhttps://www.google.com/maps/search/
プレフィックス?api=1&query=
キーワード(検索対象の住所)
区切り文字(オプション)+
追加キーワード(オプション)
サフィックス(オプション)

地図検索サイト2

以下で設定した地図検索サイトが使用されます。初期設定は「Bing Maps」です。設定値は自由に編集することができます。Bing Maps は日本国内のほか、英語圏向けの地図も検索可能です。

項目初期値
名称Bing Maps
トップページhttps://www.google.com/maps/search/
プレフィックス?q=
キーワード(検索対象の住所)
区切り文字(オプション)
追加キーワード(オプション)
サフィックス(オプション)

地図検索サイト3

以下で設定した地図検索サイトが使用されます。初期設定はすべて空欄です。設定値は自由に編集することができます。

項目初期値
名称
トップページ
プレフィックス
キーワード
区切り文字(オプション)
追加キーワード(オプション)
サフィックス(オプション)

使用しない

地図検索サイトを使用しません。[Map] ボタンは無効となり、ボタンの文字色は薄いグレーとなります。[Map] ボタンをクリックすると警告音が鳴ります。

関連ページ

他の地図検索サイトを設定するには?

地図検索の設定画面で「地図検索サイト3」を設定

Q. 質問

住所欄の Map ボタンを任意の地図検索サイトに設定することは可能ですか?

A. 回答

地図検索サイトの割り当ては、「設定> 地図」画面で変更することができます。任意の地図検索サイトを設定するには「地図検索サイト3」を選択します。

地図検索サイト1

Google マップ」を使って地図を検索します。世界地図に対応。英語表記の住所でも検索可能です。

地図検索サイト2

設定済みの「Yahoo!地図」は、パラメータの設定が古いため現在は検索できません。新しい設定例はこの後の地図検索サイト3の設定例をご覧ください。次回のアップグレード時は「Bing Maps」に変更する予定です。

地図検索サイト3

任意の地図検索サイトを使って地図を検索します。地図検索サイトの URL や、住所の前後に付加する文字列などを設定する必要があります。ブラウザで地図検索サイトを開き、地図検索結果の URL などを調べて設定してみてください。以下は設定例です。

地図検索サイト3の設定例

任意の地図検索サイトの設定例です。PA の「設定> 地図」画面にある「地図検索サイト3」を選択し、トップページなどを設定します。サイトの名称設定は任意です。わかりやすい名称を設定しておけばよいでしょう。

Yahoo!地図

Yahoo!地図」の設定例。

名称Yahoo!地図
トップページhttps://map.yahoo.co.jp/
プレフィックスmapsearch/search?ei=UTF-8&p=

Bing Maps

Bing Maps」の設定例。世界地図に対応。米国などの住所も検索可能。

名称Bing Maps
トップページhttps://www.bing.com/maps
プレフィックス?q=

ゼンリン地図・いつもNAVI

ゼンリン地図・いつもNAVI」の設定例。

名称いつもNAVI
トップページhttps://www.its-mo.com/map/
プレフィックス#freeword,,

goo地図

goo地図」の設定例。検索結果が表示、クリックで地図表示。

名称goo地図
トップページhttps://map.goo.ne.jp/
プレフィックスsearch/q/

NAVITIME

NAVITIME」の設定例。検索結果が表示、クリックで地図表示。

名称NAVITIME
トップページhttps://www.navitime.co.jp/
プレフィックスfreeword/?keyword=

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

FileMaker Pro 環境設定

FileMaker Pro の設定項目

PowerAddress のデータベースエンジンである FileMaker Pro の環境設定について説明します。環境設定を開くには、Win 版では編集メニューから「環境設定…」を、Mac 版では PowerAddress メニューから「環境設定…」を選択します。以下は主な設定値です。より詳しい情報は FileMaker のマニュアルをご覧ください。

一般

ユーザーインターフェースオプションとユーザ名を設定します。

選択テキストのドラッグ&ドロップを許可する

ドラッグ&ドロップ機能を使って、 フィールド内のテキストを移動できるようになります。

ダイアログのサイズと位置を初期状態に戻す

すべてのダイアログボックスのサイズと位置をデフォルトの設定に戻します。

ユーザ名

ユーザ名を設定します。初期値はお使いのパソコンのアカウントの名前です。ユーザ名は以下の場面で使用されます。必要に応じて変更することができます。

  • 初回起動時のユーザ名入力画面の初期値(Windows 版のみ)
  • ライセンス登録時の登録者名の初期値
  • パスワード入力画面のアカウント名の初期値
  • [挿入] メニューから [現在のユーザ名] を選択したときの値

メモリ

キャッシュのサイズと保存頻度を変更することができます。PowerAddress は、入力されたデータをキャッシュを通し自動的に保存しています。

ファイルキャッシュの変更

キャッシュのサイズを変更します。変更値は再起動後に有効となります。

キャッシュの内容を保存

キャッシュの保存頻度を変更します。

PowerAddress 環境設定

一般設定 〜 ライセンス情報の管理

PowerAddress の環境設定について説明します。環境設定画面を開くには、メニュータブの「設定」をクリックします。メニュータブの下には、設定画面を切り替えるためのサブメニューが配置されています。

設定

ソフトの環境設定

PowerAddress の環境設定と FileMaker Pro の環境設定について説明します。

Google Gmail 連絡先 CSV のエクスポート設定

Google Gmail 連絡先 CSV をエクスポートする際のオプションを指定します。エクスポート処理は、PowerAddress の対象レコードを Google Gmail 連絡先 CSV 形式のファイルに変換してから行われます。変換作業は自動で行われます。フィールド順や文字セットの指定は不要です。

ふりがな変換

ふりがなをエクスポートする際、全角または半角に変換したものを使うか否かを指定します。以下のいずれかを指定することができます。

  • 現在のふりがな ← Win/Mac 初期値
    現在のふりがなフィールドの値をそのままエクスポートします。ふりがなフィールドは、カードレイアウトの姓、名、所属フィールドの上に配置しています。
  • 全角カナに変換
    現在のふりがなフィールドの値を全角カタカナに変換した値をエクスポートします。
  • 半角カナに変換
    現在のふりがなフィールドの値を半角カタカナに変換した値をエクスポートします。

敬称

敬称のエクスポート方法を指定します。以下のいずれかを指定することができます。

  • Name Prefix
    敬称を Name Prefix に割り当ててエクスポートします。
  • Name Suffix
    敬称を Name Suffix に割り当ててエクスポートします。
  • エクスポートしない ← Win/Mac 初期値
    敬称をエクスポートしません。

グループ

カテゴリ(グループ)のエクスポート方法を指定します。以下のいずれかを指定することができます。

  • カテゴリ + Myコンタクト ← Win/Mac 初期値
    PowerAddress のカテゴリに Google Gmail 連絡先の Myコンタクトを加えたものをエクスポートします。
  • カテゴリ
    PowerAddress のカテゴリのみエクスポートします。
  • Myコンタクト
    Google Gmail 連絡先の Myコンタクトのみエクスポートします。
  • エクスポートしない
    カテゴリ(グループ)をエクスポートしません。

関連ページ

外部サイト

設定: はがきのフォント

はがき宛名のフォントを選択します。フォントメニューには、あらかじめいくつかのフォント名をサンプルとして入力しています。フォントメニューは、自由に編集することができます。

PowerAddress はフォントを同梱していません。お手持ちのフォントを追加したい場合は、フォントメニューから「編集…」を選び、メニュー内の任意の行に追加したいフォント名を入力してください。フォント名の大文字と小文字は区別されますので、正確なフォント名を入力してください。

縦書きJのフォント(日本向け)

はがき縦置き縦書き時のフォントを設定します。日本国内向けの設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

横書きJのフォント(日本向け)

はがき縦置き横書き、はがき横置き横書き時のフォントを設定します。日本国内向けの設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

横書きEのフォント(英語圏向け)

はがき縦置き横書き、はがき横置き横書き時のフォントを設定します。英語圏向け(英表記設定ON)の設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

フォント名を確認するには

以下はフォントのフルネームを確認する方法です。ご参考まで。

Windows XP でフォント名を確認するには

コントロールパネルの「デスクトップの表示とテーマの関連項目> フォント」をクリックします。コントロールパネルがクラシック表示の場合は、コントロールパネルの「フォント」をクリックします。追加したいフォントをダブルクリックすると、フォント名(XP の場合は書体名)とサンプルが表示されます。

Windows Vista や Windows 7 でフォント名を確認するには

コントロールパネルの「デスクトップのカスタマイズ> フォント」をクリックします。コントロールパネルがアイコン表示の場合は、コントロールパネルの「フォント」をクリックします。追加したいフォントをダブルクリックすると、フォント名とサンプルが表示されます。

Mac でフォント名を確認するには

Mac のアプリケーションフォルダにある Font Book を起動し、追加したいフォントの「正式名称」をコピーし、 PowerAddress の宛名のフォントメニューに追加します。

関連ページ

設定: 封筒, ラベルのフォント

封筒とラベル宛名のフォントを選択します。フォントメニューには、あらかじめいくつかのフォント名をサンプルとして入力しています。フォントメニューは、自由に編集することができます。

PowerAddress はフォントを同梱していません。お手持ちのフォントを追加したい場合は、フォントメニューから「編集…」を選び、メニュー内の任意の行に追加したいフォント名を入力してください。フォント名の大文字と小文字は区別されますので、正確なフォント名を入力してください。

縦書きJ、横書きJのフォント(日本向け)

封筒縦置き縦書き、封筒縦置き横書き、封筒横置き横書き、ラベル横書き時のフォントを設定します。日本国内向けの設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

横書きEのフォント(英語圏向け)

封筒横置き横書き、ラベル横書き時のフォントを設定します。英語圏向け(英表記設定ON)の設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

フォント名を確認するには

以下はフォントのフルネームを確認する方法です。ご参考まで。

Windows XP でフォント名を確認するには

コントロールパネルの「デスクトップの表示とテーマの関連項目> フォント」をクリックします。コントロールパネルがクラシック表示の場合は、コントロールパネルの「フォント」をクリックします。追加したいフォントをダブルクリックすると、フォント名(XP の場合は書体名)とサンプルが表示されます。

Windows Vista や Windows 7 でフォント名を確認するには

コントロールパネルの「デスクトップのカスタマイズ> フォント」をクリックします。コントロールパネルがアイコン表示の場合は、コントロールパネルの「フォント」をクリックします。追加したいフォントをダブルクリックすると、フォント名とサンプルが表示されます。

Mac でフォント名を確認するには

Mac のアプリケーションフォルダにある Font Book を起動し、追加したいフォントの「正式名称」をコピーし、 PowerAddress の宛名のフォントメニューに追加します。

関連ページ