ダウンロードから起動まで (iOS/iPadOS)

iPhone や iPad などの iOS/iPadOS デバイスで PowerAddress を使う方法です。使い方は以下の二通りがあります。どちらも iOS/iPadOS デバイス用の FileMaker Go が必要です。FileMaker Go は App Store から無料で入手できます。

  • 共有使用 – サーバー上の PowerAddress をネットワークで共有
  • 単独使用 – iOS/iPadOS デバイスに PowerAddress をインストール

前者の共有使用は、サーバー上の PowerAddress を FileMaker でホスト(ネットワーク共有)し、iOS/iPadOS デバイスの FileMaker Go からアクセスする方法です。住所録データはサーバー側に保存されます。後者の単独使用は、iOS/iPadOS デバイスに FileMaker Go と PowerAddress のファイル(main、data、zipcode)をインストールして起動する方法です。住所録データは iOS/iPadOS デバイス側に保存されます。

はじめに

既にご利用中の PowerAddress をサーバーにアップロードしたり iOS/iPadOS デバイスにインストールする場合は、念のため、PowerAddress の住所録をバックアップすることをおすすめいたします。アップロードやインストールの際は、現在ご利用中の住所録ファイル(data ファイル)を上書きしたり削除しないようご注意ください。住所録ファイルについてはこちらをご覧ください。

準備

iOS/iPadOS デバイスに FileMaker Go をインストールします。FileMaker Go は App Store から無料で入手できます。FileMaker Go の詳細は、以下のクラリス社のサイトをご覧ください。

共有使用する場合

サーバー上の PowerAddress をネットワークで共有します。サーバー環境として、FileMaker Cloud(v2 は未対応)かオンプレミス(自社サーバー)の FileMaker Server が必要です。テスト用に LAN 内のパソコンと FileMaker Pro をサーバーにすることもできます。

サーバーの準備できたら PowerAddress をアップロードして、iOS/iPadOS デバイスの FileMaker Go からアクセスします。WebDirect を使用すれば Safari を使って共有することもできます。

  1. サーバー環境を準備
  2. サーバーに PowerAddress の main、data、zipcode をアップロードして開く(ホストする)
  3. iOS/iPadOS デバイスで FileMaker Go を起動し、サーバーの PowerAddress を開く

より詳しい情報は以下のページをご覧ください。

単独使用する場合

iOS/iPadOS デバイスに PowerAddress をインストールして使用します。インストール方法はご利用の環境により異なります。

iOS/iPadOS デバイスに Finder を使って転送する方法

macOS 10.15 Catalina からの環境向けです。Finder を使って PowerAddress のファイルを転送して起動します。

  1. パソコンに FileMaker 版の PowerAddress をインストール
  2. iOS/iPadOS デバイスをパソコンに接続してファイルを転送
    1. Finder のサイドバーに表示されるデバイスをクリック
    2. [ファイル] をクリック
    3. パソコン内の PowerAddress フォルダ内にある main、data、zipcode ファイルを [FileMaker Go] 内にコピー
  3. 起動
    1. iOS/iPadOS デバイス の FileMaker Go を起動
    2. マイ App の “iPhone 上” をタップ
    3. main ファイルをタップして起動

iOS 13/iPadOS 13 デバイスで zip ファイルをダウンロードする方法

iOS/iPadOS デバイスで PowerAddress の zip 圧縮ファイルをダウンロードして解凍し、解凍後のファイルを FileMaker Go に取り込んで起動する方法です。zip 圧縮ファイルを解凍するには、iOS 13 または iPadOS 13 以上の環境が必要です。

  1. iOS/iPadOS デバイスの Safari でこのページを開き、以下の zip 圧縮ファイルをタップ
  2. “ファイル” アプリを開き、iCloud Drive のダウンロードフォルダを開く
  3. ダウンロードが終わったら pa_ios_510.zip アイコンをタップして解凍(pa_ios_510 フォルダが作成され、その中に main、data、zipcode ファイルができる)
  4. FileMaker Go を開く
  5. マイ App の “iPhone 上” をタップ
  6. 画面右上の “選択” の左にある “フォルダ↓アイコン” をタップ
  7. ブラウズで iCloud Drive のダウンロードをタップして pa_ios_510 フォルダを開く
  8. data ファイルをタップし、一旦、[閉じる] をタップ
  9. 画面右上の “選択” の左にある “フォルダ↓アイコン” をタップ
  10. zipcode ファイルをタップし、一旦、[閉じる] をタップ
  11. 画面右上の “選択” の左にある “フォルダ↓アイコン” をタップ
  12. main ファイルをタップして PowerAddress を起動
ファイル概要サイズ
PowerAddress iOS 5.1FileMaker 版(main、data、zipcode のみ)zip 圧縮ファイル13 MB
ダウンロードファイル(iOS 13/iPadOS 13 向け)

iOS 12 デバイスに個々のファイルをダウンロードする方法

iOS 12 以下の環境向けです。iOS デバイスで PowerAddress のファイルを直接コピーして起動します。ファイルサイズが大きいので、ダウンロードに時間がかかったり、処理が止まって見えることがあります。LAN 環境での操作をおすすめいたします。

  1. data ファイルをコピー
    1. iOS デバイスの Safari でこのページを表示
    2. PowerAddress 5.1 - data」をタップ
    3. アイコンが表示されたら [FileMaker Go で開く] の下にある [その他…] をタップ
    4. 「FileMaker Go にコピー」のアイコンをタップ
    5. まだ main ファイルがないのでエラーが表示されます。[OK] をタップ
    6. 画面右上の [キャンセル] をタップ
  2. zipcode ファイルをコピー(郵便番号DBが必要な場合)
    1. Safari に切り替えて画面下の [<] をタップしてこのページに戻る
    2. PowerAddress 5.1 - zipcode」をタップし、ダウンロード完了まで数分待つ
    3. アイコンが表示されたら [FileMaker Go で開く] の下にある [その他…] をタップ
    4. 「FileMaker Go にコピー」のアイコンをタップ
  3. main ファイルをコピー、起動
    1. Safari に切り替えて画面下の [<] をタップしてこのページに戻る
    2. PowerAddress 5.1 - main」をタップし、ダウンロード完了まで数分待つ
    3. アイコンが表示されたら [FileMaker Go で開く] をタップして起動
ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.1 - dataFileMaker 版 data ファイル0.7 MB
PowerAddress 5.1 - zipcodeFileMaker 版 zipcode ファイル37 MB
PowerAddress 5.1 - mainFileMaker 版 main ファイル47 MB
ダウンロードファイル(iOS 12/iPadOS 12 向け)

iOS デバイスに iTunes を使って転送する方法

macOS 10.14 Mojave 以下の環境向けです。iTunes で PowerAddress のファイルを転送して起動します。

  1. パソコンに FileMaker 版の PowerAddress をインストール
  2. iOS デバイスをパソコンに接続し iTunes を開く
    1. iTunes 画面左上の [♫ミュージック] などのメニューの右にあるアイコンをクリック
    2. iTunes 画面左の [App] をクリック
    3. 画面下の App リストから [FileMaker Go] を選択
    4. FileMaker Go の書類ボックスの下にある [追加…] をクリック
    5. パソコン内の PowerAddress フォルダ内にある main、data、zipcode ファイルを iOS デバイス に転送
  3. 起動
    1. iOS デバイス の FileMaker Go を起動
    2. マイ App の “iPhone 上” をタップ
    3. main ファイルをタップして起動

関連ページ

ダウンロードから起動まで

Windows、Mac、iOS/iPadOS 別に詳しく解説

ダウンロードから起動までの操作例を詳しく解説いたします。

既にご利用中のお客様へ

ダウンロードの前に、現在ご利用中の PowerAddress をバックアップすることをおすすめいたします。ダウンロードや複数設置の際は、現在ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きしたり削除しないようご注意ください。PowerAddress フォルダについてはこちらをご覧ください。

まずはダウンロードしてお試し!

ほとんどの機能を無料でお試し! 2000年の v1.0 以降、多くのお客様にご利用いただいております。長く使って時間とコストを節約。まずは自由にダウンロードしてお試しください。再ダウンロードも可能です。

FileMaker 版

FileMaker 製品を使って動作します。Windows ユーザーは「5.1 (zip)」を、Mac ユーザーは「5.1 (dmg)」をご利用ください。展開後のファイルは同じです。起動には別途、FileMaker Pro や FileMaker Go が必要です。

Winアプリ版, Macアプリ版

PowerAddress 単体で動作します。Windows ユーザーは「Win 5.1(Win 7〜)」を、Mac ユーザーは「Mac 5.1(macOS 10.13〜)」をご利用ください。何れも 64bit App です。住所録ファイルは Win/Mac/iOS 互換です。

まずはデスクトップやドキュメント(書類)フォルダに展開するのがおすすめです。ダウンロードした圧縮フォルダまたはディスクイメージを開き、その中の PowerAddress フォルダを丸ごとドラッグして展開(移動してコピー)します。展開後の移動も可能です。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちらをご覧ください。

スクリーンショット

主な機能を Win, Mac, iOS 画面毎に解説

住所録, 名簿管理, 顧客管理データベースソフト PowerAddress のスクリーンショットです。主な機能を画面毎に解説します。実際にソフトを操作しながらご覧いただくと効果的です。ぜひダウンロードしてお試しください。

PowerAddress 5.0

レイアウトに新テーマを適用

レイアウトの見た目がより美しくなりました。タブやボタンの形状を見直し、マウスオーバーに対応、一部にアイコンを採用するなど、より美しく、操作しやすいよう改善しています。

リスト画面例
リスト画面例 (v5.0)

WebDirect での起動例、カード Memo 画面

新たに FileMaker WebDirect(ファイルメーカー ウェブダイレクト)に対応しました。アプリ版や FileMaker 版を FileMaker Server でホストし、 Web ブラウザで共有することができます。v5.0 の WebDirect では、v4.9 のインスタント Web 公開では非対応だったリスト印刷とカード印刷もサポートします。

カード> Memo 画面も新しくなりました。以下は、ブラウザ(Safari)で v5.0 のカード> Memo を開いた例です。

WebDirect での起動例
WebDirect での起動例 (v5.0)

Windows での起動例

Windows アプリ版は、新たに Windows 10 に対応しました。

Windows での起動例
Windows での起動例 (Win v5.0)

Mac での起動例

Mac アプリ版は、新たに OS X El Capitan 10.11、macOS Sierra 10.12、macOS High Sierra 10.13 に対応。macOS Mojave 10.14 での起動も確認しています。

macOS での起動例
macOS での起動例 (Mac v5.0)

FileMaker テンプレート

PowerAddress 5.x のすべてのフィールドを配置した FileMaker(ファイルメーカー)テンプレートファイルです。レイアウトのサンプルのようなものです。自由に編集してご利用ください。

FileMaker テンプレートのレイアウト3
FileMaker テンプレート

印刷例

v4.9 と同様、日英住所対応の名簿印刷、はがき宛名印刷、封筒宛名印刷、ラベル印刷が可能です。

PowerAddress 4.9

最新版の v5.0 とは若干異なる画面がありますが、Windows、Mac、iOS、Web ブラウザ別のスクリーンショットは以下の各ページをご覧ください。

Windows

v4.9

Mac

v4.9

iOS

v4.9

Internet Explorer

v4.9 IWP

Safari

v4.9 IWP

iOS デバイス上の住所録ファイルをパソコン上で使う

iOS デバイス上の PA の住所録ファイル → PA Win/Mac

iOS デバイスの FileMaker Go で使用している PowerAddress の住所録ファイル(data)をパソコンに保存して使う方法です。住所録を主に iOS デバイスで管理し、必要に応じてパソコン上で使ったり、パソコン上にバックアップしたい場合などにご利用ください。住所録ファイルは、FileMaker クライアント(Windows、Mac、iOS、iPadOS)間で互換性があります。

iOS デバイスには、FileMaker Go と PowerAddress をインストールしておく必要があります。PowerAddress をインストールする方法は以下のページをご覧ください。

パソコン上の住所録を残したい場合は、パソコン上の住所録をバックアップしてからご利用ください。詳しくは「バックアップとリストア」をご覧ください。

住所録の移行方法

住所録ファイルを操作する際は、必ずパソコンまたは iOS デバイス上の PowerAddress を終了してください。

手順

  1. iOS デバイスをパソコンに接続し iTunes を開く
  2. iTunes の画面左に表示される自身のデバイスをクリック
  3. 画面上の [App] をクリック
  4. 画面下のファイル共有の App リストから [FileMaker Go] をクリック
  5. data を選択して [保存…] をクリックし、パソコン側の PowerAddress フォルダを選択して置換

パソコン側の data(住所録ファイル)を置換するとパソコン上の住所録が上書きされます。パソコン上の住所録を残したい場合は、必ずバックアップをとってから置換してください。

iPad または iPhone 上の PA にデータを移行するには?

住所録を iOS デバイス上の PA に移行したい

Q. 質問

iPad または iPhone 上の PowerAddress にデータを移行するには?

A. 回答

パソコン内の PowerAddress に入力済みの住所録データがある場合は、PowerAddress フォルダ内の main、data、zipcode の3つのファイル(郵便番号検索を使用しない場合は main と data の2つ)を iPad または iPhone(以下 iOS デバイス)にインストールしてください。ライセンス情報と住所録データをそのまま移行できます。

便宜上、インストールという言葉を使っていますが、iOS デバイスの FileMaker Go のファイルエリアに必要なファイル(main、data、zipcode)をコピーするだけです。既に iOS デバイス内に同じバージョンの main、data、zipcode をインストールしている場合は、data(住所録ファイル)だけを上書きして移行します。data を上書きした場合は、上書き前のデータが失われますのでご注意ください。iOS デバイスへのインストール方法や起動方法の詳細は、以下のページをご覧ください。

FileMaker をお持ちであれば、パソコン内の PowerAddress を共有設定し、iOS デバイスからリモートファイルとして開くことができます。この場合は、iOS デバイスに main、data、zipcode をインストールする必要はありません。v4.9 からは Web ブラウザを使ってアクセスすることもできます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9

iPad や iPhone でも使えますか?

iPad や iPhone に FileMaker Go をインストール

Q. 質問

iPad や iPhone でも使えますか?

A. 回答

はい。iPad や iPhone に無料の FileMaker Go をインストールすれば使えます。FileMaker Go をお持ちでないお客様は、以下の FileMaker 社のページからダウンロードすることができます。

FileMaker Go を使えば、PowerAddress を iPad や iPhone にアップロードして起動したり、サーバーでホストした PowerAddress を iPad や iPhone からアクセスすることができます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
に投稿

v5.1, iOS/iPadOS 10.3 での動作状況

iOS/iPadOS 10.3 での起動を確認

PowerAddress 5.1 が iOS 13 および iPadOS 13 環境下の FileMaker Go 18 で起動できることを確認しました。以下のご利用の手引きのページも更新しました。

外部サイト

インストール/アンインストール方法 (v5.1)

インストール方法

PowerAddress をダウンロードし、PowerAddress フォルダをデスクトップや書類フォルダに展開またはドラッグ&ドロップしてコピーします。

アンインストール方法

PowerAddress フォルダを削除してください。

参考)Windows アプリ版の環境設定ファイル

Windows アプリ版のレジストリ設定は次の場所に保存されます。
HKEY_CURRENT_USER¥Software¥FileMaker¥PowerAddress¥18.0

Windows アプリ版の拡張子(pa12)は HKEY_CLASSES_ROOT に登録されます。

参考)Mac アプリ版の環境設定ファイル

Mac アプリ版の環境設定ファイルは次の場所に保存されます。
~/Library/Preferences/com.filemaker.client.runtime18.PowerAddress.plist