更新日

FileMaker Pro で共有、Server や Cloud での共有も

Q. 質問

社内の4〜5人で共有するには?

A. 回答

大切なデータをより安全に、より確実に共有したい場合は、FileMaker による共有がおすすめです。社内の4〜5人であれば、FileMaker Pro のホスト機能を使ったネットワーク共有が利用できます。FileMaker Pro のホスト機能では、最大 5 人までのユーザーが同時に共有することができます。PC または Mac の各クライアントには FileMaker Pro が必要です。iOS の各クライアントには FileMaker Go(無料)が必要です。FileMaker Pro のライセンスは、PowerAddress Store からも購入可能です。

FileMaker Pro 17 からは、FileMaker Pro と FileMaker Pro Advanced が一本化しました。FileMaker Pro 17 Advanced のライセンスの詳細は、FileMaker Store の個人向けページをご覧ください。

より多くのユーザーとの共有や、ブラウザ共有の FileMaker WebDirect を利用したい場合は、オンプレミスの FileMaker Server か、Amazon Web Services(AWS)を使った FileMaker Cloud をご検討ください。FileMaker ユーザライセンスの詳細は、FileMaker Store のチーム向け Server(オンプレミス)か、チーム向け Cloud(AWS)をご覧ください。

なお、PowerAddress の前バージョン 4.9 は、FileMaker WebDirect には対応しておりません。FileMaker WebDirec を利用するには、PowerAddress 5.0 と FileMaker 16 以降が必要です。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9 ※WebDirect は非対応