オンプレミスの FileMaker Server で共有

更新日

FileMaker Server Admin Console
FileMaker Server Admin Console [+]

PowerAddress をオンプレミス(自社サーバー)の FileMaker Server で開いて共有すると、一つの PowerAddress をネットワーク上の複数のデバイス(Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android)から同時にアクセスすることができます。

対応するクライアントは、Windows/Mac の FileMaker Pro、iPad/iPhone の FileMaker Go、Windows/Mac/iPad/iPhone/Android の Web ブラウザです。

準備

ホスト(親)となるサーバーまたはパソコンに FileMaker Server をインストールします。インストール後の管理は、Web アプリの FileMaker Server Admin Console で行います。FileMaker Server Admin Console にアクセスするには、Web ブラウザで以下の URL を開きます。クライアント(子)からアクセスすることもできます。クライアントからアクセスする場合は、[ホスト] の部分にホストの IP アドレスかローカルドメイン名を指定します。この IP アドレスやローカルドメイン名は、後にクライアントからホストを登録する際にも使用します。

アクセス元URL
ホストで開く場合http://localhost:16001/admin-console
クライアントから開く場合https://[ホスト]/admin-console

例)ホストの IP アドレスが 192.168.1.3 の場合
https://192.168.1.3/admin-console

例)ホストのドメイン名が myhost.local の場合
https://myhost.local/admin-console
FileMaker Server Admin Console の開き方

次にクライアントを準備します。ホストにアクセスできるクライアントは以下のとおりです。

  • Windows PC にインストールした FileMaker Pro
  • Mac にインストールした FileMaker Pro
  • iPad にインストールした FileMaker Go
  • iPhone にインストールした FileMaker Go
  • Windows PC、Mac、iPad、iPhone の Web ブラウザ
  • Android デバイスの Web ブラウザ

クライアントとなるデバイスに FileMaker Pro か FileMaker Go をインストールします。クライアントの構成は自由ですが、ホストにファイルをアップロードしたり PowerAddress のライセンスを登録するため、少なくとも一つは FileMaker Pro をインストールしたデバイス(Windows PC か Mac)が必要です。FileMaker Pro および FileMaker Server は、クラリス社から無料評価版を入手することができます。FileMaker Go は、App Store から無料でダウンロードすることができます。

ホストとクライアントの準備ができたら、ホストにアップロードする PowerAddress を一つ準備します。PowerAddress のライセンスをお持ちのお客様は、PowerAddress の「設定> ライセンス」画面を開き事前に登録しておきます。既に利用中の PowerAddress をアップロードする場合は、念のためバックアップをとっておくことをおすすめします。

ホストするには

FileMaker Pro を使って PowerAddress の main、data、zipcode ファイルをホストにアップロードします。各ファイルは、FileMaker Server 上で開いた状態にしておきます。

1. FileMaker Pro を起動

FileMaker Pro をインストールしたデバイス(Windows PC か Mac)で FileMaker Pro を起動します。

2. ホストを登録、サインイン

FileMaker Pro の「ファイル> 共有設定> ホストにアップロード…」を開き、左上のホスト検索欄の右にある [+] をクリックしてホストを追加します。ホストのインターネットアドレスの欄に、ホストの IP アドレスかローカルドメイン名を指定して FileMaker Server にサインインします。※注

3. PowerAddress をアップロード

PowerAddress の main、data、zipcode ファイルをホストにアップロードします。ファイルを参照するか、ダイアログ内にファイルをドラッグしてアップロードします。ダイアログ下の「アップロード後に (サーバー上の) ファイルを自動的に開く」を ON にしておくと次の手順を省略できます。

4. ホストの PowerAddress を開いた状態にする

Admin Console のデータベース画面
Admin Console のデータベース画面 [+]

アップロード時に「アップロード後に (サーバー上の) ファイルを自動的に開く」を ON にしていた場合は、この操作は不要です。OFF にしていた場合は、FileMaker Server Admin Console にアクセスして「データベース」タブを開き、main、data、zipcode を選択して「開く」を実行します。

※注)FileMaker Server にサインイン
FileMaker Server をインストールした際のアカウントでサインインします。ローカルでのテストの場合、「接続は暗号化されていません」と表示されたら、「常にこのホストへの接続を許可」をチェックし、[接続] をクリックします。

クライアントからアクセスするには

ホストにアップロードした PowerAddress を、ネットワーク上の複数のデバイス(Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android)から同時にアクセスすることができます。対応するクライアントは、FileMaker Pro、FileMaker Go、Web ブラウザです。以下クライアント別のアクセス方法をご紹介します。


FileMaker Pro を使ってアクセス

FileMaker Pro を使って、ホストにアップロードした PowerAddress の main ファイルを開きます。

1. FileMaker Pro を起動

FileMaker Pro をインストールしたデバイス(Windows PC または Mac)で FileMaker Pro を起動します。

2. ホストを登録

初回は、FileMaker Pro の「ファイル> ホスト> ホストを表示…」を開き、左上のホスト検索欄の右にある [+] をクリックしてホストを追加します。ホストの IP アドレスが 192.168.1.3 の場合は「192.168.1.3」を、ローカルドメイン名が myhost.local の場合は「myhost.local」を指定します。

3. main ファイルを開く

FileMaker Pro の「ファイル> ホスト」から登録したホストを選び、ホスト上にある PowerAddress の main ファイルを開きます。


FileMaker Go を使ってアクセス

FileMaker Goを使って、ホストにアップロードした PowerAddress の main ファイルを開きます。

1. FileMaker Go を起動

FileMaker Go をインストールしたデバイス(iPad または iPhone)で FileMaker Go を起動します。

2. ホストを登録

初回は、FileMaker Go の「ホスト」を開き、画面上にある [+] をクリックしてホストを追加します。ホストの IP アドレスが 192.168.1.3 の場合は「192.168.1.3」を、ローカルドメイン名が myhost.local の場合は「myhost.local」を指定します。

3. main ファイルを開く

FileMaker Go の「ホスト」から登録したホストを選び、ホスト上にある PowerAddress の main ファイルを開きます。


Web ブラウザを使ってアクセス

Web ブラウザを使って、ホストにアップロードした PowerAddress の main ファイルを開きます。

1. Web ブラウザを開く

FileMaker WebDirect の起動センター [+]

Web ブラウザを搭載したデバイス(Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android)で Web ブラウザを開きます。 対応するブラウザは以下のとおりです。このリストは、PowerAddress 5.1 の開発環境である FileMaker 18 がサポートしているブラウザです。

  • Windows/Mac の Safari 12.x 〜
  • Windows/Mac の Chrome 73 〜
  • Windows の Internet Explorer 11.x
  • Windows の Microsoft Edge 44
  • iOS 12.x 〜 のモバイル Safari
  • Android 7.x の Chrome 73 〜

2. Web ブラウザで FileMaker WebDirect の起動センターを開く

Web ブラウザのアドレス欄にホストの WebDirect の URL を入力して開きます。ホストの IP アドレスが 192.168.1.3 の場合は「https://192.168.1.3/fmi/webd」を、ローカルドメイン名が myhost.local の場合は「https://myhost.local/fmi/webd」を指定します。

2. main ファイルを開く

Web ブラウザでの表示例 [+]

ホストの WebDirect 上にある PowerAddress の main ファイルを開きます。

関連ページ

参考資料

オンプレミスの FileMaker Server で共有」への2件のフィードバック

  1. クライアントからのアクセス方法などを加筆修正しました。ご参考まで。

  2. FileMaker Server Admin Console にアクセスする方法などを加筆修正しました。オンプレの FileMaker Server は、FileMaker Cloud(PowerAddress 5.1 は未対応)の購入前のテストにもおすすめです。

コメントは受け付けていません。