FileMaker Cloud の試用/購入手順

更新日

Claris FileMaker Cloud 製品情報
Claris FileMaker Cloud 製品情報 [→]

FileMaker Cloud for AWS の後継、クラリスの最新クラウド環境 Claris FileMaker Cloud v2 の試用から購入までの手順をご紹介します。AWS のアカウント作成が省略され、Claris 社のサイトから簡単に購入できるようになりました。

FileMaker Cloud の評価版は、FileMaker Pro の評価版とは違い、試用の準備ができているユーザーを対象としています。事前にアップロードするファイルを準備し、評価ポイントを洗い出しておくことをおすすめします。また、クラウドで共有するユーザー数、App 数、使用頻度などを見積もり、購入時のプランとそのコストを調べておくとよいでしょう。

なお、2020/07/12 現在、PowerAddress のファイルは Claris FileMaker Cloud には対応しておりません。試用/購入する前に、クラウドにアップロードできる FileMaker ファイルを準備してください。

試用手順

スタンバイリスト登録
スタンバイリスト登録 [+]

Claris FileMaker Cloud の試用手順です。

この手順は、2020年6月に当社が申請した内容に基づいています。申請時期、申請内容などにより若干異なるかもしれません。一例としてご覧ください。

1. 準備

Claris FileMaker Cloud にアップロードするファイルを準備します。ファイルのパスワード保護、Cloud 共有時に使用するアクセス権、ネットワーク設定などを行い、オンプレミスの FileMaker ServerFileMaker Pro のピアツーピア共有でテストしておきます。また、Claris 社の「Claris FileMaker の購入方法」のページを参照し、プランの選択(Essentials か Standard か)、ユーザ数(5〜)、契約期間(12ヶ月〜)などを検討し、購入した場合のコストを確認しておくとよいでしょう。

2. 評価版を申し込む

Claris 社の「Claris FileMaker Cloud 製品情報」のページの [評価版を申し込む] をクリックすると、スタンバイリスト登録のページが表示されます。試用条件などを確認して評価版を申し込みます。

3. 評価版の案内

クラリス法人営業部から試用可否の連絡、手続きの案内などがメールで届きます。

4. Claris Store で手続き

管理者、請求先情報、クレジットカードなどを登録します。評価版なので、ここでは「0円で購入」という手続きになります。手続きが完了すると、電子納品書とともに注文完了のメールが届きます。

5. 優先ホスト名を申請

Claris FileMaker Cloud の設定を完了するための案内メールが届きます。Claris Customer Console に Claris ID でサインインし、優先ホスト名(***.account.filemaker-cloud.com の *** の部分)を申請します。問題がなければ、承認確認のメールが届きます。

6. 試用開始

これで準備完了です。Claris Customer Console でユーザやグループを設定し、FileMaker Cloud Admin Console でデータベースの管理が行えるようになります。

実際にファイルを共有する方法は以下のページを参考にしてください。PowerAddress のデータを配置した FileMaker テンプレートファイル PowerAddress FM 0.1.1 を例に共有方法を説明しています。

購入手順

Claris FileMaker の購入方法
Claris FileMaker の購入方法 [+]

Claris FileMaker Cloud の購入手順です。

この手順は、2020年7月に当社が購入(評価版から製品版へ切り替え)した内容に基づいています。購入時期、製品内容などにより若干異なるかもしれません。一例としてご覧ください。

1. 準備

Claris 社の「Claris FileMaker の購入方法」のページを参照し、プランの選択(Essentials か Standard か)、ユーザ数(5〜)、契約期間(12ヶ月〜)、支払い方法などを決めておきます。準備ができたら、Claris Customer Console のサブスクリプションを開き、[評価版から切り替える] をクリックします。

2. Claris Store で手続き

プランの選択(Essentials か Standard か)、ユーザ数(5〜)、契約期間(12ヶ月〜)を選択し、カートを確認して注文します。最後に、ご注文の請求先、お支払い情報を入力し、[ご注文の確定] をクリックします。手続きが完了すると、注文完了のメールが届きます。

3. 製品版の利用開始

Cloud コンピュートが再起動したら準備完了です。Claris Customer Console でユーザやグループを設定し、FileMaker Cloud Admin Console で引き続きデータベースの管理が行えるようになります。

関連ページ

FileMaker Cloud の試用/購入手順」への2件のフィードバック

  1. 購入手順を追記しました。評価版から製品版への切り替えはとても簡単です。

  2. まずは Claris FileMaker Cloud の試用手順をまとめてみました。後日、購入手順やファイルのアップロード手順などを追記します。

コメントは受け付けていません。