vCard をインポートするには?

エラーコード 700 を回避してインポート

Q. 質問

PA v4.8 〜 で vCard ファイルをインポートするとエラーが発生します。正しくインポートする方法はありますか?

A. 回答

FileMaker Pro 12 からテキストファイルのインポート仕様が変更されたため、テキストファイルである vCard をインポートしようとすると以下のようなエラーが発生します。

vCard ファイルのインポート時にエラーが発生しました。
処理を中止します。
エラーコード:700

[OK]

または

選択されているファイルタイプを変換することはできません。

[OK]

対処方法は以下の A、B、C の3種類あります。Windows アドレス帳の vCard ファイルの場合は、対処方法 A をお試しください。Mac 連絡先の vCard ファイルの場合は、対処方法 B をお試しください。対処方法 A、B がうまくいかない場合や、テキストエディタを使って vCard のエンコーディングを変更できる方は、対処方法 C をお試しください。

なお、写真のインポートはサポートしておりません。写真付きの vCard を PA にインポートすると一部のフィールドが正しくインポートされない場合があります。Mac 連絡先などで vCard を書き出す際は、環境設定内の「写真を vCard に書き出す」を OFF にして書き出してください。

対処方法 A(Shift_JIS の vCard の拡張子を変える方法、Win 向け)

Windows アドレス帳で書き出した vCard ファイルなど、日本語を含む Shift_JIS の vCard ファイルの場合は、以下の手順でインポート可能です。

  1. vCard ファイルの拡張子を .txt に変更(拡張子の変更方法はこちら
  2. PA のインポート画面の vCard の [インポート…] をクリック、文字セットは [Shift-JIS]
  3. ファイルの種類を「タブ区切りテキスト」にし、vCard ファイルを選択
  4. フィールドの配置順を「照合名順」にしてインポート

対処方法 B(UTF-8 の vCard の拡張子を変える方法、Mac、iCloud 向け)

Mac 連絡先や iCloud で書き出した vCard ファイルなど、日本語を含む UTF-8 の vCard ファイルの場合は、以下の手順でインポート可能です。Mac 連絡先で vCard を書き出す場合は、連絡先の「環境設定> vCard」の「写真を vCard に書き出す」を OFF にしてください。

  1. vCard ファイルの拡張子を .txt に変更(拡張子の変更方法はこちら
  2. PA のインポート画面の vCard の [インポート…] をクリック、文字セットは [UTF]
  3. ファイルタイプを「タブ区切りテキスト」にし、vCard ファイルを選択
  4. フィールドの配置順を「照合名順」にしてインポート

対処方法 C(vCard のエンコーディングを変える方法)

エンコーディングが UTF-16 の場合やファイル内容が英数字だけの場合は、エラーにならないようです。日本語を含む Shift_JIS や UTF-8 の vCard ファイルの場合は、インポートの前に UTF-16 に変換しておくとよいでしょう。インポート手順は以下のとおりです。

  1. テキストエディタなどで vCard ファイルのエンコーディングを UTF-16 に変換 ※注1
  2. PA のインポート画面の vCard の [インポート…] をクリック、文字セットは [UTF] か [Shift-JIS] ※注2
  3. ファイルタイプを「タブ区切りテキスト」にし、vCard ファイルを選択
  4. フィールドの配置順を「照合名順」にしてインポート

※注1)例えば、テキストエディタのエンコーディングメニューから Unicode (UTF-16) を選んで保存します。BOM 無しの UTF-16LE、UTF-16BE はエラーになります。
※注2)[UTF] を選んで「Shift_JIS かも?」というメッセージが表示された場合は、[継続] をクリックしてください。

参考)vCard の [インポート…] ボタンとは

vCard の [インポート...] ボタン
vCard の [インポート…] ボタン

vCard の [インポート…] ボタンとは、インポート画面の拡張タイプ欄の「vCard」ラベルの横にある [インポート…] ボタンのことです。

拡張タイプのファイルは、フィールドの照合(位置合わせ)が簡単に行えます。インポート時の「フィールドデータのインポート順」ダイアログで、フィールドの配置順を「照合名順」にすると、vCard と PowerAddress のフィールドが自動で照合されます。

参考)v4.5 〜 v4.7 の場合

インポート手順は以下のとおりです。

  1. Mac アドレスブックの「環境設定> vCard」を開き、vCard のフォーマットを 3.0 にします。
  2. Mac アドレスブックで vCard を書き出します。すべての連絡先を書き出したい場合は、Mac アドレスブックの表示を「カードとカラム」にし、グループの列にある「すべての連絡先」をデスクトップなどにドラッグします。
  3. PowerAddress のインポート画面を開き、vCard の [インポート…] をクリックします。ダイアログの文字セットは [UTF] を選択します。
  4. ファイルを開く際のファイルタイプを「すべて」にし、vCard ファイルを選択、インポートします。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ

iCloud 連絡先への移行方法

住所録データを iCloud の連絡先へ移行する方法を解説します。vCard ファイルを書き出すだけで、連絡先の基本項目を簡単に移行可能です。PowerAddress で編集、管理している全ての住所録データを iCloud クラウドの連絡先へ展開することができます。ぜひダウンロードしてお試しください。iPhone ユーザーにもおすすめです。vCard での移行なので、他の vCard の場合でも参考になるかと思います。

Mac 環境の場合

Mac 環境の場合は、エクスポート画面の [Mac 連絡先を更新…] を使って、Mac 連絡先経由で iCloud へ移行することも可能です。詳しくは以下のページをご覧ください。

移行手順

1. 準備

PowerAddress 5.0(Win アプリ版、Mac アプリ版、FileMaker 版)を起動し、移行したいデータを検索機能などを使って抽出します。すべてを移行したい場合は [全て表示] をクリックします。移行したいデータが決まったら、PowerAddress の設定> データ移行> vCard 画面を開き、vCard のエクスポート設定を確認します。vCard 3.0 出力文字セットが、「Unicode(UTF-8)」になっていることを確認してください。

PowerAddress の設定> データ移行> vCard

2. vCard ファイルをエクスポート

PowerAddress のエクスポート画面を開き、拡張タイプの「vCard」の右にある [エクスポート…] をクリックし、連絡先データを任意の場所に保存します。Mac 環境の場合は、エクスポートされた vCard ファイルの改行コードを CR から CRLF に変換する必要があります(Apple さん、CR でもインポートできるようにしてほしいなぁ)。

  • vCard のフォーマットは、vCard 3.0 を指定する
  • Windows 環境の場合は、ファイル名(vCard.vcf など)のほかにファイル種類(タブ区切り値)を指定する
PowerAddress のエクスポート> vCard

ちなみに、PowerAddress Mac の vCard 2.1 のエクスポート処理は、改行コードを CR から CRLF に変換しています。これは開発当時、Mac でエクスポートした vCard 2.1 が、Windows アドレス帳でもインポートできるよう考慮したためです。vCard 3.0 は、FileMaker Mac のデフォルトの改行コード CR のままエクスポートしています(FileMaker さん、Mac でも LF か CRLF にしてほしいなぁ)。

3. iCloud 連絡先へインポート

iCloud にログインし、下図の大きな赤枠の部分に vCard ファイルをドラック&ドロップするか、iCloud 連絡先の歯車メニューから「vCard 読み込み…」を実行し、vCard ファイルを指定してインポートします。

iCloud 連絡先> vCard を読み込む...

参考

  • iCloud がインポートできる vCard は、vCard 3.0、エンコーディング UTF-8、改行コードは CRLF か LF です。
iCloud 連絡先

移行可能な項目

この方法で移行できる項目は以下のとおりです。矢印の左側は PowerAddress の項目名、右側は iCloud 連絡先の項目名です。メモは、PowerAddress の設定> データ移行> vCard 画面で、任意の項目に変更することができます。必要であれば、vCard をエクスポートする前に設定してください。

  • 姓 → 姓
  • 名 → 名
  • 姓_ふりがな → 姓(ふりがな)
  • 名_ふりがな → 名(ふりがな)
  • 通称 → ニックネーム
  • 所属 → 会社名
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_TEL → 電話番号(勤務先)
  • 自宅_TEL → 電話番号(自宅)
  • 携帯電話 → 電話番号(携帯)
  • 所属_FAX → 電話番号(勤務先Fax)
  • 自宅_FAX → 電話番号(自宅Fax)
  • その他の番号 → 電話番号(その他)
  • 所属_HP → URL(勤務先)
  • 自宅_HP → URL(自宅)
  • 所属_郵便番号 → 郵便番号(勤務先)
  • 所属_都道府県 → 都道府県(勤務先)
  • 所属_市区町村 → 郡/市区町村(勤務先)
  • 所属_町域から建物名等 → 番地(勤務先)
  • 所属_国名 → 国(勤務先)
  • 自宅_郵便番号 → 郵便番号(自宅)
  • 自宅_都道府県 → 都道府県(自宅)
  • 自宅_市区町村 → 郡/市区町村(自宅)
  • 自宅_町域から建物名等 → 番地(自宅)
  • 自宅_国名 → 国(自宅)
  • 誕生年月日 → 誕生日
  • メモ or テキスト1〜4 or ポップアップ1〜4 など → メモ

PA のエクスポート機能をお試しください

FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動する場合やはじめての方はアプリ版をお試しください。好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル概要サイズ
PowerAddress 5.0 (.zip)FileMaker 版(zip 圧縮)15 MB
PowerAddress 5.0 (.dmg)FileMaker 版(Mac dmg 圧縮)18 MB
PowerAddress Win 5.0Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮)76 MB
PowerAddress Mac 5.0Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮)91 MB

関連ページ

外部サイト

住所録を Gmail 連絡先へ移行するには? (vCard)

Google Gmail 連絡先へ移行する方法

Q. 質問

PowerAddress のエクスポート機能についての質問です。住所録データを Google の Gmail 連絡先(Google Contacts)へ移行するにはどうしたらいいですか?

A. 回答

PowerAddress(以下 PA)のバージョンにより移行方法が異なります。

v5.0 をご利用のお客様

より新しい記事をアップしました。

v4.5 〜 をご利用のお客様

v4.5 からは、Google Gmail 連絡先 CSV のエクスポートに対応しました。詳しくは以下のページをご覧ください。

v3.6.3 〜 v4.0 をご利用のお客様

Gmail 連絡先は CSV ファイルか vCard ファイル (vcf)をインポートすることができます。PA 3.6.3 〜 4.0の場合は vCard ファイルでの移行が便利で簡単です。ここでは PA 4.0 の vCard を使った移行方法をご紹介します。PA 4.0 の Yahoo!アドレスブック CSV を使った移行方法はこちらをご覧ください。

参考)Mac ユーザーの方へ
Mac OS X のアドレスブックには、Gmail 連絡先と同期する機能がありますが、同期を行うと姓と名が入れ替わってしまいます(2010/08/12 現在)。アドレスブック経由ではなく、PA 4.0 の vCard での移行がおすすめです。

この移行方法の特徴
  • PA の「カテゴリ」を Gmail 連絡先の「グループ」に移行できる。
  • PA の「表示名」を「名前」に移行できる。姓と名の間に半角スペースあり。
  • 部署を移行できる。
  • メールアドレスのタイプ(仕事、自宅、その他)を移行できる。
  • 電話番号のタイプを移行できる。
  • 姓と名のふりがなを「フリガナ(姓)」と「フリガナ(名)」に移行できる。
  • ふりがなの形式をひらがな、全角カナ、半角カナから選択できる。
  • vCard の設定により、メモ (備考欄)、テキスト1〜4、ポップアップ1〜4 の何れかのメモを Gmail 連絡先の「メモ」に移行できる。1度にエクスポートできるメモは1つ。設定を変えて再インポートすることで追加も可能。
移行方法
  1. PA を起動し、PA の「設定> その他> vCard」画面にある vCard エクスポート時のオプションを確認、必要であれば変更します。詳細は、このページ内の「補足事項」をご覧ください。
  2. PA のリスト画面などで、移行したいレコードを確認します。必要であれば、検索機能などを使って移行したいレコードを抽出します。すべてのレコードを移行したい場合は [全て表示] をクリックします。
  3. PA の「エクスポート」画面を開き、vCard の [エクスポート…] ボタンをクリックし、任意の場所に vCard ファイルをエクスポートします。vCard の形式は問いません。デフォルトのファイル名は vCard.vcf です。
  4. Gmail にログインし、ページ左側にある [連絡先] をクリックします。
  5. 連絡先の「その他の操作」から「インポート…」を選びます。
  6. [ファイルを選択…] ボタンをクリックし、vCard ファイルを指定します。
  7. [インポート] ボタンをクリックします。
移行できるフィールド例

移行できるフィールドとその組み合わせ例は以下のとおりです。左側は PA のフィールド、右側は Gmail 連絡先のフィールドです。

  • カテゴリ → グループ
  • 表示名 → 名前
  • 姓 → 姓
  • 姓_ふりがな → フリガナ(姓)
  • 名 → 名
  • 名_ふりがな → フリガナ(名)
  • 敬称 → 敬称
  • 通称 → ニックネーム
  • 誕生年月日 → 日付 [誕生日]
  • 所属 → 会社名
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_国名 → アドレス [仕事]
  • 所属_郵便番号 → アドレス [仕事]
  • 所属_都道府県 → アドレス [仕事]
  • 所属_市区町村 → アドレス [仕事]
  • 所属_町域から建物名等 → アドレス [仕事]
  • 所属_TEL → 電話 [仕事]
  • 所属_FAX → 電話 [FAX(勤務先)]
  • 所属_mail → メール [仕事]
  • 所属_HP → URL [仕事]
  • 自宅_国名 → アドレス [自宅]
  • 自宅_郵便番号 → アドレス [自宅]
  • 自宅_都道府県 → アドレス [自宅]
  • 自宅_市区町村 → アドレス [自宅]
  • 自宅_町域から建物名等 → アドレス [自宅]
  • 自宅_TEL → 電話 [自宅]
  • 自宅_FAX → 電話 [FAX(自宅)]
  • 自宅_mail → メール [自宅]
  • 自宅_HP → URL [自宅]
  • 携帯電話 → 電話 [携帯電話]
  • 携帯_mail → メール [その他]
  • その他の番号 → 電話 [その他]
  • メモ (備考欄)、テキスト1〜4、ポップアップ1〜4 → メモ ※1度に移行できるメモは1つ
補足事項

移行できるフィールドは、PA の「設定> その他> vCard」画面にあるエクスポートオプションにより異なります。移行する前に以下の補足事項をお読みください。

  • カテゴリについて
    カテゴリをグループに移行するには、PA の vCard 設定の「カテゴリ」を「CATEGORIES」にしてエクスポートする必要があります。
  • 名前について
    表示名は、姓名関連のフィールドの入力状況と、表示名形式の指定値により、「姓 名」、「所属」、「通称」、「旧姓 名」の何れかが設定されます。会社名だけのレコード(姓と名が未入力で所属だけが入力)の場合は、表示名形式の指定値に関係なく「所属」が設定されます。
  • ふりがなの種類について
    PA の vCard 設定の「ふりがな変換」で、ひらがなの他に全角カナ、半角カナを選択できます。
  • フリガナ(姓)と フリガナ(名)について
    PA の vCard 設定の「ふりがな」を「X-PHONETIC-*-NAME」にしてエクスポートする必要があります。vCard 2.1 と vCard 3.0 の両方に対応しています。
  • 敬称について
    PA の敬称を Gmail 連絡先の「敬称(名前の前)」にインポートするには、PA の vCard 設定の「敬称」を「N 第4フィールド(Prefix)」に、「敬称(名前の後)」にインポートするには、「N 第5フィールド(Suffix)」にしてエクスポートする必要があります。
  • 旧姓について
    Gmail 連絡先では表示されませんが、対応するフィールドにインポートすることは可能です。PA の旧姓を Google CSV でいう「Maiden Name」にインポートするには、PA の vCard 設定の「旧姓」を「X-MAIDENNAME」にしてエクスポートする必要があります。
  • 住所について
    Gmail 連絡先の住所欄は1つしか表示されません。Gmail 連絡先に vCard をインポートすると、「国名」、「郵便番号」、「都道府県」、「市区町村」、「町域から建物名等」などのフィールドから一つの住所が生成され表示されます。Gmail 連絡先では、「国名」、「郵便番号」、「都道府県」、「市区町村」、「町域から建物名等」などのフィールドの表示および編集はできません。住所の並びは英語圏向けとなります。これは PA の vCard だけではなく他の vCard や、Outlook Express CSV、Yahoo!アドレスブック CSV でも同じ結果となります。この件は、Google さんに「表示を日本向けに」と要望しています。
  • メモについて
    PA の vCard 設定の「メモ」を「備考欄(メモ)」などにする必要があります。1度にエクスポートできるメモは1つです。別のメモを追加で移行したい場合は、設定を変えた vCard をエクスポートし、Gmail 連絡先に再インポートします。同じレコードであれば、メモの欄に追加されます。

2010/08/11 からの変更点

  • 表示名のふりがなは、移行できなくなりました。以前は vCard 3.0 の SOUND or SORT-STRING で「名前(フリガナ)」へ移行していました。この関係で、会社名だけ(姓と名が未入力で所属だけ入力)の場合の会社名のふりがなも移行できなくなりました。
  • 旧姓は、Gmail 連絡先の「Maiden Name」というフィールドに移行できますが、Gmail 連絡先の画面には表示されません。以前はカスタムフィールドで表示されていました。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

ファイルの拡張子を変更するには

拡張子を「非表示 → 表示」にしてから変更

ファイルの拡張子を変更するには?

vCard をインポートする際、Windows アドレス帳や Mac 連絡先、iCloud などでエクスポートした vCard ファイルの拡張子を *.vcf から *.txt に変更したい場合など。

通常、ファイル名を変更する場合は、Windows 環境であればエクスプローラー、Mac 環境であれば Finder でファイルを表示してファイル名を変更します。拡張子が表示されている場合は、その状態で拡張子も変更できますが、非表示の場合はファイル名しか変更できません。拡張子が非表示の場合は、以下の手順で拡張子を「非表示 → 表示」にしてから変更してください。

Windows 10、Windows 8 の場合

  1. エクスプローラーのウインドウ上にある [表示] をクリック
  2. 表示/非表示の「ファイル名拡張子」を ON にする
  3. 拡張子を変更したいファイルを選択し、拡張子を変更する
  4. 「変更しますか?」というダイアログが表示されるので [はい] をクリック

Windows 7 の場合

  1. エクスプローラーのウインドウ上にある [整理] をクリック
  2. 「フォルダーと検索のオプション」を選択
  3. 「表示」タブをクリック
  4. 詳細設定の中の「登録されている拡張子は表示しない」を OFF にする
  5. [OK] をクリック
  6. 拡張子を変更したいファイルを選択し、拡張子を変更する

Mac の場合

  1. Finder の環境設定を開く
  2. 「すべてのファイル名拡張子を表示」を ON にする
  3. 拡張子を変更したいファイルを選択し、拡張子を変更する
  4. 「変更してもよろしいですか?」というダイアログが表示されるので [“.***”(変更後の拡張子)を使用] をクリック

関連ページ

に投稿

Gmail 連絡先のふりがなについて

Gmail と PA のふりがなについて

Google の Gmail 連絡先での検索は、ひらがな、全角カナ、半角カナが区別されます(2010年8月18日現在)。ふりがなで検索したい場合は、いずれかに統一しておくことをおすすめします。

PowerAddress(以下 PA)がエクスポートする vCard は、ふりがなの表記方法を以下の中から選択することができます。vCard をエクスポートする前に、ふりがなの設定をご確認ください。

  • 現在のふりがな(通常は全角ひらがな)
  • 全角カナに変換
  • 半角カナに変換

ふりがなの表記を変更するには、PA の「設定> その他> vCard」画面にある「ふりがな変換」を上記のいずれかに設定します。

「現在のふりがな」を設定すると、PA の入力欄にあるふりがながそのまま使われます。通常は全角ひらがなですが、インポートや編集も可能なため、すべてのレコードが全角ひらがなとは限りません。

「全角カナに変換」か「半角カナに変換」を設定すると、全角カナか半角カナに変換したふりがなが使われます。この場合は、すべてのレコードが変換対象となるため、全角カナか半角カナのいずれかに統一されます。

関連情報

関連ページ

住所録を iCloud の連絡先へ移行するには?

Win なら vCard、Mac なら連絡先経由で

Q. 質問

住所録データを iCloud の連絡先へ移行するにはどうしたらいいですか?

A. 回答

Windows の場合は vCard ファイル(vcf ファイル)を、Mac の場合は OS 付属の連絡先アプリを経由して移行するのが簡単です。以下に OS 別の移行例をご紹介します。

Windows の場合

PA の住所録を vCard 3.0 形式でエクスポートし、iCloud にインポートするのがおすすめです。移行手順は以下のとおりです。

  1. PA を起動し、移行したいレコードを検索機能などを使って抽出します。
  2. PA の「設定> データ移行> vCard」画面にある「vCard のエクスポート時のオプション」を確認および設定します。以下の2項目の設定は必須です。
    ふりがな:X-PHONETIC-*-NAME
    vCard 3.0 出力文字セット:Unicode(UTF-8)
  3. PA のエクスポート画面を開き、vCard の [エクスポート…] ボタンをクリックし、vCard 3.0 形式のファイルをエクスポートします。
  4. iCloud にサインインし、iCloud の連絡先を開きます。
  5. 画面下の歯車のアイコンから [vCardを読み込む…] を選択し、PA でエクスポートした vCard ファイルを指定します。

Mac の場合

OS 付属の連絡先アプリを経由して移行するのがおすすめです。連絡先アプリで iCloud のアカウントを有効にしていれば、互いの連絡先情報が同期されます。移行手順は以下のとおりです。

  1. PA を起動し、移行したいレコードを検索機能などを使って抽出します。
  2. PA のエクスポート画面の [アドレスブックを更新…] をクリックし、Mac のアドレスブックを更新します。
  3. OS 付属の連絡先アプリの「環境設定> アカウント」で iCloud のアカウントが有効になっていることを確認してください。

より詳しい方法は以下のページをご覧ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

v5.x からカードケータイ KY-01L への移行方法

NTTドコモのカードケータイ KY-01L

PowerAddress 5.x の住所録/電話帳データを NTTドコモのカードケータイ KY-01L(Android)の連絡先アプリへ移行する方法を Windows と Mac 別に解説。

Windows の場合

PowerAddress Win 5.x(Win アプリ版)または PowerAddress 5.x(FileMaker 版)の住所録/電話帳データを NTT docomo のカード型の携帯電話 KY-01L へ移行する操作例です。以下は動作確認時の環境です。

  • Windows 10
  • PowerAddress Win 5.0(Win アプリ版)、PowerAddress 5.0(FileMaker 版)
  • KY-01L(カーネルバージョン:3.18.24-g831539a、ビルド番号:1.010DC.0008.a)

準備

一度、KY-01L と Windows をペアリングしておきます。ここで言うペアリングとは、Bluetooth でファイルを送受信するためにお互いを認識して登録しておく作業のことです。毎回の操作は不要です。以下はペアリングの操作例です。

  1. KY-01L の設定> 無線とネットワークを開き、Bluetooth を ON
  2. KY-01L を Windows から検索可能な状態(動作中)にしておきます
  3. Windows のスタート> 設定> デバイス> Bluetooth とその他のデバイスを開き、Bluetooth を ON
  4. 上記の画面で Bluetooth またはその他のデバイスを追加
  5. 追加するデバイスの種類を Bluetooth にして、通信デバイスまたは KY-01L をクリック

移行手順

PA でエクスポートした vCard を KY-01L へ転送し、KY-01L の連絡先アプリにインポートします。以下は操作例です。

  1. PA v5.x で vCard 3.0 ファイルをエクスポート
    1. PA v5.x を起動
    2. 移行したいレコードを抽出、すべてを移行したい場合はすべてのレコードを表示
    3. 必要であれば、スクリプトメニューの「フィールド内容の最適化…」を実行
    4. 設定> データ移行> vCard 画面のエクスポートオプションを確認
      • ふりがな:「X-PHONETIC-*-NAME」
      • メモ:「メモ」または任意の項目
      • ふりがな変換:「現在のふりがな」または任意の項目
      • vCard 3.0 出力文字セット:「Unicode(UTF-8)」
    5. エクスポート画面の vCard の [エクスポート…] > [vCard 3.0] をクリックしてエクスポート
      • ファイル名は「vcard.vcf」など、vCard の拡張子 .vcf を付ける
      • Windows 環境の場合、ファイルの種類を「タブ区切り値」としてエクスポート
  2. vCard ファイルを転送
    1. 手順1 でエクスポートした vCard ファイルを右クリック> 送る> Bluetooth デバイスを選択
    2. Bluetooth ファイル転送ダイアログで KY-01L をクリック、[次へ] をクリック
    3. KY-01L の「ファイルを受信しますか?」画面で [OK] をタップ
  3. 転送した vCard ファイルを KY-01L の連絡先アプリにインポート
    1. KY-01L の設定> デバイス> ストレージを開き、画面右上にあるフォルダアイコンをタップ
    2. bluetooth フォルダをタップ
    3. 手順2 で転送した vCard ファイルをタップ ※注
    4. 「vCard から連絡先をインポートしますか?」画面で [OK] をタップ
    5. 連絡先アプリを確認

※注)例えば過去に vCard.vcf というファイル名で転送している場合、同じファイル名を転送すると vcard-1.vcf、vcard-2.vcf などとなりますのでご注意ください。混乱をさけるため、エクスポート毎にファイル名を変更するか、古いファイルを削除しておくことをおすすめいたします。なお、vCard ファイルには拡張子 .vcf が必要です。拡張子が付いていないとファイルが認識されません。手順1 で vCard をエクスポートする際は、必ず拡張子 .vcf を付けてください。

Mac の場合

PowerAddress Mac 5.x(Mac アプリ版)または PowerAddress 5.x(FileMaker 版)の住所録/電話帳データを NTT docomo のカード型の携帯電話 KY-01L へ移行します。以下は動作確認時の環境です。

  • macOS Mojave 10.14.3
  • PowerAddress Mac 5.0(Mac アプリ版)、PowerAddress 5.0(FileMaker 版)
  • KY-01L(カーネルバージョン:3.18.24-g831539a、ビルド番号:1.010DC.0008.a)

準備

一度、KY-01L と Mac をペアリングしておきます。ここで言うペアリングとは、Bluetooth でファイルを送受信するためにお互いを認識して登録しておく作業のことです。毎回の操作は不要です。以下はペアリングの操作例です。

  1. KY-01L の設定> 無線とネットワークを開き、Bluetooth を ON
  2. KY-01L を Windows から検索可能な状態(動作中)にしておきます
  3. Mac のシステム環境設定> Bluetooth を開き、Bluetooth を ON
  4. 上記の画面で KY-01L の [接続] をクリック
  5. ペアリングコードが表示されるので KY-01L でコードを確認

移行手順

PA でエクスポートした vCard を KY-01L へ転送し、KY-01L の連絡先アプリにインポートします。以下は操作例です。

  1. PA v5.x で vCard 3.0 ファイルをエクスポート
    1. PA v5.x を起動
    2. 移行したいレコードを抽出、すべてを移行したい場合はすべてのレコードを表示
    3. 必要であれば、スクリプトメニューの「フィールド内容の最適化…」を実行
    4. 設定> データ移行> vCard 画面のエクスポートオプションを確認
      • ふりがな:「X-PHONETIC-*-NAME」
      • メモ:「メモ」または任意の項目
      • ふりがな変換:「現在のふりがな」または任意の項目
      • vCard 3.0 出力文字セット:「Unicode(UTF-8)」
    5. エクスポート画面の vCard の [エクスポート…] > [vCard 3.0] をクリックしてエクスポート
      • ファイル名は「vcard.vcf」など、vCard の拡張子 .vcf を付ける
  2. vCard ファイルを転送
    1. Mac のシステム環境設定> Bluetooth を開き、KY-01L をダブルクリック
    2. 手順1 でエクスポートした vCard ファイルを選択して [送信] をクリック
    3. KY-01L の「ファイルを受信しますか?」画面で [OK] をタップ
  3. 転送した vCard ファイルを KY-01L の連絡先アプリにインポート
    1. KY-01L の設定> デバイス> ストレージを開き、画面右上にあるフォルダアイコンをタップ
    2. bluetooth フォルダをタップ
    3. 手順2 で転送した vCard ファイルをタップ ※注
    4. 「vCard から連絡先をインポートしますか?」画面で [OK] をタップ
    5. 連絡先アプリを確認

※注)例えば過去に vCard.vcf というファイル名で転送している場合、同じファイル名を転送すると vcard-1.vcf、vcard-2.vcf などとなりますのでご注意ください。混乱をさけるため、エクスポート毎にファイル名を変更するか、古いファイルを削除しておくことをおすすめいたします。なお、vCard ファイルには拡張子 .vcf が必要です。拡張子が付いていないとファイルが認識されません。手順1 で vCard をエクスポートする際は、必ず拡張子 .vcf を付けてください。

移行可能な項目(Win/Mac)

KY-01L の連絡先アプリは以下の項目の表示が可能です。

  • 姓のふりがな
  • 名のふりがな
  • 電話
    • 勤務先
    • FAX(勤務先)
    • 自宅
    • FAX(自宅)
    • 携帯
    • その他
  • 住所
    • 勤務先
    • 自宅
  • メール
    • 勤務先
    • 自宅
    • その他
  • ウェブサイト
  • メモ

以下は移行して気付いた点です。

  • KY-01L の各項目の表示は1行のみ、全角14文字程度、文字数が多いと全角13文字程度の後に “…” が表示され省略
  • 電話番号と FAX が同じ番号の場合は、電話番号のみが表示されるようだ
  • 勤務先と自宅の電話番号が同じ場合は、自宅の電話番号のみが表示されるようだ
  • 勤務先と自宅の FAX が同じ番号の場合は、勤務先の FAX のみが表示されるようだ
  • ウェブサイトは複数表示可能なので PA 側の所属HPと自宅HPが移行可能、”勤務先” や “自宅” などのラベルは無し

関連ページ

外部サイト

Gmail 連絡先の vCard をインポートするには?

vCard ファイルのインポート方法

この FAQ は 2010/11/25 に編集したものです

Q. 質問

Google の Gmail 連絡先でエクスポートした vCard ファイルはインポートできますか?

A. 回答

はい、インポート可能です。PowerAddress(以下 PA)のバージョンによりインポート方法が異なります。

v4.8 〜

インポート手順は以下のとおりです。データベースのインポート仕様が変わったため、エラー(エラーコード 700)を回避してインポートする必要があります。詳しくは以下のページをご覧ください。

v4.5 〜 v4.7

インポート手順は以下のとおりです。

  1. PowerAddress のインポート画面を開き、vCard の [インポート…] をクリック
  2. 文字セット選択のダイアログで [UTF-8] をクリック
  3. ファイルを開く際のファイルタイプを「すべて」にし、vCard ファイルをインポート

v3.6.3 〜 v4.0 の場合

vCard ファイルを Shift_JIS に変換してからインポートしてください。Gmail 連絡先の vCard は UTF-8 でエンコードされています。PA 3.6.3 〜 4.0 は、UTF-8 の vCard には対応していません。

vCard ファイルを Shift_JIS に変換するには、Windows に付属しているメモ帳か、別途インストールしたテキストエディタをご利用ください。変換操作は簡単です。vCard ファイルを開き、Shift_JIS で別名保存するだけです。以下は、Windows のメモ帳を使った例です。

  1. vCard ファイルを右クリックし、「プログラムから開く」から「メモ帳」を選択
  2. メモ帳のファイルメニューから「名前を付けて保存…」を実行
  3. 保存場所とファイル名を指定し、文字コードを「UTF-8」から「ANSI」に変更して保存
  4. PowerAddress のインポート画面を開き、vCard の [インポート…] をクリック
  5. ファイルを開く際のファイルタイプを「すべて」にし、vCard ファイルをインポート

インポート結果の確認と微調整

インポートが完了したら、リスト画面やカード画面でデータを確認し、フィールドの内容を編集します。特に住所については、以下の理由により編集が必要でしょう。郵便番号データベースを使って、PA 用に編集することをおすすめします。

Gmail 連絡先で編集した住所について

ご存知のとおり、Gmail 連絡先の住所欄は1つしか表示されません。Gmail 上で新規作成した連絡先の住所は、1つのフィールドで管理され、vCard ファイルの ADD プロパティの第2フィールド(PA の番地に相当)を使ってエクスポートされます。PA なら連結した住所はもちろん、分割した住所の管理も可能です。PA の住所データは、ほとんどすべての形式の住所に対応できると言ってもいいでしょう。住所の管理は PA がおすすめです。

その他の移行方法

Gmail 連絡先のエクスポートは、vCard のほかに CSV 形式にも対応しています。より多くの項目を PA の好きな項目に割り当ててインポートしたい場合は、Google CSV 形式での移行をおすすめいたします。以下ご参考まで。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x
に投稿

Win アプリ版 v3.6 をリリース

PowerAddress 3.6 for Windows をリリースいたしました。主な新機能と改善点は以下のとおりです。
v3.x for Windows 登録ユーザ様は無償でご利用いただけます。

主な新機能

  • データベースエンジンをアップグレード
  • Excel 形式のエクスポートに対応(インポートは対応済み)
  • Outlook Express(CSV)形式のインポート/エクスポートに対応
  • Yahoo!アドレスブック形式のインポート/エクスポートに対応
  • vCard インポート/エクスポート処理の改善(項目追加やふりがなの扱い等)
  • エクスポートしたファイルを自動的に開くことが可能
  • エクスポートしたファイルを電子メールの添付書類にすることが可能
  • エクスポート時のレイアウトに「フィールド一覧の昇順」を追加
  • 住所の2分割、3分割、4分割用のデータを自動生成、エクスポート可能
  • 一部のフィールドにオートコンプリート(自動入力)を適用
  • 印刷レイアウトの各用紙ボタンの横に、印刷内容を示すアイコンを追加
  • 縦書き印刷で特定のフォントを使用した際の印刷品質の改善(Mac版)
  • メニューのカスタマイズ、最適化
  • 郵便番号データベースの更新
  • いくつかの機能の追加や修正など

詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。

  • お読みください(v3.6)
  • リリースノート(v3.6)

※PowerAddress カスタマイズ製品をご利用のお客様へ
FileMaker 版などの PowerAddress カスタマイズ製品をご利用のお客様は、最新版リリース後の個別対応となります。詳細は改めてご案内いたしますので、しばらくお待ちください。

お知らせ

v3.x は 2012/11/30 にサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。

Mac 連絡先アプリからカードケータイ KY-01L への移行方法

NTTドコモのカードケータイ KY-01L

macOS の連絡先アプリの住所録/電話帳データを NTTドコモのカードケータイ KY-01L(Android)の連絡先アプリへ移行する方法。


Mac 連絡先アプリの住所録/電話帳データを NTT docomo のカード型の携帯電話 KY-01L へ移行する操作例です。このページでは、macOS Mojave での移行方法をご紹介します。PowerAddress 5.0(FileMaker 版)、PowerAddress Win 5.0(Win アプリ版)、PowerAddress Mac 5.0(Mac アプリ版)からの移行方法は以下のページをご覧ください。

準備

一度、KY-01L と Mac をペアリングしておきます。ここで言うペアリングとは、Bluetooth でファイルを送受信するためにお互いを認識して登録しておく作業のことです。毎回の操作は不要です。以下はペアリングの操作例です。

  1. KY-01L の設定> 無線とネットワークを開き、Bluetooth を ON
  2. KY-01L を Mac から検索可能な状態(動作中)にしておきます
  3. Mac のシステム環境設定> Bluetooth を開き、Bluetooth を ON
  4. 上記の画面で KY-01L の [接続] をクリック
  5. ペアリングコードが表示されるので KY-01L でコードを確認

移行手順

Mac 連絡先アプリで書き出した vCard を KY-01L へ転送し、KY-01L の連絡先アプリにインポートします。以下は操作例です。

  1. Mac 連絡先アプリで vCard をエクスポート
    1. Mac 連絡先アプリを開く
    2. 環境設定> vCard 画面のオプションを確認
      • vCard のフォーマット:3.0
      • 写真を vCard に書き出す:OFF
    3. 移行したいカードを選択し、vCard を書き出す
  2. vCard ファイルを転送
    1. Mac のシステム環境設定> Bluetooth を開き、KY-01L をダブルクリック
    2. 手順1 でエクスポートした vCard ファイルを選択して [送信] をクリック
    3. KY-01L の「ファイルを受信しますか?」画面で [OK] をタップ
  3. 転送した vCard ファイルを KY-01L の連絡先アプリにインポート
    1. KY-01L の設定> デバイス> ストレージを開き、画面右上にあるフォルダアイコンをタップ
    2. bluetooth フォルダをタップ
    3. 手順2 で転送した vCard ファイルをタップ
    4. 「vCard から連絡先をインポートしますか?」画面で [OK] をタップ
    5. 連絡先アプリを確認

関連ページ

外部サイト