宛名印刷, 連名は夫婦別姓に対応していますか?

通常とは異なる使い方をすれば印刷可能

Q. 質問

PowerAddress(以下 PA)の印刷機能についての質問です。夫婦別姓などで姓が違う場合、宛名印刷の連名に異なる姓を設定することは可能ですか?

A. 回答

現在の PA は、姓が異なる宛名印刷は”正式”には対応しておりません。ただし、通常とは異なる使い方をすれば、姓が違う2人を連名にすることができます。参考までに2つの方法を例示いたしますのでお試しください。

何れの方法も、通常とは異なる使い方なので、レイアウトによっては印刷位置が若干異なります。

別姓の宛名例1)すべての宛名印刷を使う場合

この方法は、はがき、封筒、ラベルのすべての宛名印刷に適用する方法です。

例えば、鈴木一郎さんと山田花子さんを連名にする場合は、宛名関連のフィールドを以下のように入力します。この入力画面は、印刷画面で用紙アイコンをクリックした際に表示される画面です。カード画面でも同様に入力することができます。

【別姓例 1-1】入力例

姓と敬称は空欄にします。配偶者名の先頭には必ずスペースを入力してください。それぞれの姓と名、名と敬称の間にもスペースを挿入しておくとよいでしょう。以下は宛名の印刷例です。クリックすると拡大します。

別姓の宛名例2)はがきの宛名印刷だけを使う場合

この方法は、縦書きのはがき印刷がやや美しくなりますが、封筒やラベルの宛名は2人目の姓名がずれてしまいます。はがきの横書きは宛名例1とほぼ同じです。

はがきの縦置き縦書きに限れば、宛名例1のときよりも、名と敬称の間のスペースが小さくバランスのとれた宛名となります。また、配偶者名の先頭のスペースや、敬称の空欄が不要なので設定が簡単です。はがきの宛名印刷だけを使う場合は、こちらの方法を試すとよいでしょう。

宛名例1と同じように、鈴木一郎さんと山田花子さんを連名にする場合は、宛名関連のフィールドを以下のように入力します。

【別姓例 2-1】入力例

姓は空欄にします。それぞれの姓と名の間にはスペースを挿入しておくとよいでしょう。以下は宛名の印刷例です。クリックすると拡大します。

別姓の宛名を使う場合のレコード管理

上記の何れかの方法で宛名印刷を行う場合は、姓名を正しく入力した通常のレコードを複製し、別姓専用のレコードを作成して管理するのがよいでしょう。カテゴリやメモに目印となる情報を入力しておけば、通常のレコードからの除外や抽出が簡単に行えます。

例えば、カテゴリを中心にデータを管理している場合は、カテゴリを「その他」などにしたり、「別姓宛名」などのカテゴリを作成し設定しておくとよいでしょう。

メモを中心にデータを管理している場合は、任意のメモ欄にわかりやすいマーク(○や△、任意の文字など)を設定したり、「別姓宛名」などと入力しておくとよいでしょう。

あとは、カード検索画面で目印となる情報を入力した欄を、目印の文字列やマークで検索すれば、別姓専用のレコードだけを簡単に抽出することができます。リストやカードにある [対象入替] ボタンをクリックすれば、通常のレコードと、別姓専用のレコードを素早く切り替えることもできます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ

[スクリプト] メニュー

[スクリプト] メニューの主なコマンドについて説明します。

[現在のデータをコピー]

現在のレコードのすべてのフィールドをクリップボードにコピーします。フィールド間はタブで区切られます。より詳しい情報は「現在のレコードのデータをコピー」をご覧ください。

[現在のレコードのみ表示]

現在のレコードだけを表示し、その他のレコードを対象外にします。対象レコードは、現在のレコード1件のみとなります。

現在のレコードを1件だけをエクスポートしたい場合や、1件だけ印刷したい場合などに便利です。すべてのレコードを表示するには、レイアウト上に配置してある「すべて表示」ボタンをクリックします。

[フィールド内容の全置換…]

対象レコードの任意のフィールドの内容を、現在選択中の値ですべて置き換えます。より詳しい情報は「フィールド内容の全置換」をご覧ください。

[フィールド内容の最適化…]

対象レコードまたは、現在のレコード内の全フィールドを最適化します。より詳しい情報は「フィールド内容の最適化」をご覧ください。

[フィールド内容の複製, 移動, 入替, 追記…]

フィールドの内容の複製、移動、入れ替え、追記を行う画面が表示されます。それぞれ、処理対象のレコード(対象レコードか現在のレコードか)を指定することができます。より詳しい情報は「フィールド内容の複製、移動、入れ替え、追記」をご覧ください。

[フィールド内容の複製]

複製元のフィールド内のデータを、複製先のフィールドへ複製します。実行後、複製元と複製先のフィールド内容は同じものになります。

[フィールド内容の移動]

移動元のフィールド内のデータを、移動先のフィールドへ移動します。実行後、移動元のフィールドは消去され、移動先のフィールドにデータが移ります。

[フィールド内容の入れ替え]

指定した2つのフィールド内のデータを入れ替えます。

[フィールド内容の追記] (v4.7〜)

追記元のフィールド内のデータまたは任意のテキストを、追記先のフィールド内のデータに追記します。

[マーク ON/OFF…]

対象レコードの「マーク」フィールドを、一括して ON または OFF に設定します。より詳しい情報は「マークを一括して ON/OFF」をご覧ください。

[ふりがなの自動生成…]

対象レコードまたは現在のレコードの姓、名、所属名をもとに、対応するふりがなを一括して自動生成します。意図しないふりがなが生成された場合は、ふりがなフィールドの値を修正してください。既にふりがなが設定されている場合は何も行いません。より詳しい情報は「ふりがなを一括して自動生成」をご覧ください。

[姓名を分割…]

姓または名のフィールドに「山田 太郎」など姓名を結合したデータがある場合、そのデータを、姓、名の各フィールドに分割します。姓名の間に半角スペースまたは全角スペース(v4.8 〜 v4.8.2 は全角スペースのみに対応)が必要です。より詳しい情報は「姓名の分割」をご覧ください。

[誕生年月日を分割…]

誕生年、誕生月、誕生日のいずれかのフィールドに、年月日を結合したデータ(1970/5/5など)がある場合、そのデータを、誕生年、誕生月、誕生日の各フィールドに分割します。より詳しい情報は「誕生年月日の分割」をご覧ください。

[郵便番号データベースを開く]

郵便番号データベースを開きます。PowerAddress フォルダ内に zipcode ファイルが保存されている必要があります。より詳しい情報は「郵便番号データベースの使い方」をご覧ください。

[姓名反転 ON/OFF…]

対象レコードの「姓名反転」フィールドを、一括して ON または OFF に設定します。より詳しい情報は「姓名反転を一括して ON/OFF」をご覧ください。

[英表記住所 ON/OFF…]

対象レコードの「英表記住所」フィールドを、一括して ON または OFF に設定します。より詳しい情報は「住所欄の英語表記を一括して ON/OFF」をご覧ください。

[英表記住所を検索…]

英語表記の住所を検索します。[すべてから] を選択すると、全レコードから英語表記の住所を検索します。[対象から] を選択すると、対象レコードから英語表記の住所を検索します。

[英表記住所を除外]

対象レコードから英語表記の住所を除外します。

[配偶者の連名設定 ON/OFF…]

対象レコードから「配偶者名」が入力されているレコードを検索し、配偶者の連名設定を一括して ON または OFF にします。

[子供1の連名設定 ON/OFF…]

対象レコードから「子供1の名」が入力されているレコードを検索し、子供1の連名設定を一括して ON または OFF にします。

[子供2の連名設定 ON/OFF…]

対象レコードから「子供2の名」が入力されているレコードを検索し、子供2の連名設定を一括して ON または OFF にします。

[子供3の連名設定 ON/OFF…]

対象レコードから「子供3の名」が入力されているレコードを検索し、子供3の連名設定を一括して ON または OFF にします。

[その他の連名設定 ON/OFF…]

対象レコードから「その他の連名」が入力されているレコードを検索し、その他の連名設定を一括して ON または OFF にします。

[誕生日を検索してソート…]

対象レコードから「誕生月」が入力されているレコードを検索し、その結果を「誕生月」と「誕生日」の内容にしたがってソートします。実行時に昇順か降順かを指定します。ソートについての詳細は「レコードのソート」をご覧ください。

[年齢を検索してソート…]

対象レコードから「年齢」が設定されているレコードを検索し、その結果を「年齢」の内容にしたがってソートします。実行時に年少順か年長順かを指定します。ソートについての詳細は「レコードのソート」をご覧ください。

[作成日の古い順/新しい順でソート]

対象レコードを「作成日」の内容にしたがってソートします。実行の度に昇順、降順を切り替えます。ソートについての詳細は「レコードのソート」をご覧ください。

[更新日の古い順/新しい順でソート]

対象レコードを「更新日」の内容にしたがってソートします。実行の度に昇順、降順を切り替えます。ソートについての詳細は「レコードのソート」をご覧ください。

[PowerAddress について…]

PowerAddress の About 画面を表示します。この画面は、PowerAddress の起動時にも表示されます。ソフトのバージョン、関連ファイルのバージョン、ライセンス名、登録者名、現在共有中のユーザー数などを確認することができます。ライセンス名については「ライセンス情報の管理」をご覧ください。前の画面に戻るには、画面中央の [OK] ボタンをクリックします。

このメニューコマンドは、Windows 版の場合は [ヘルプ] メニューにも表示されます。Mac 版の場合は [PowerAddress] メニューにも表示されます。

[PowerAddress ヘルプ]

PowerAddress ホームページ内のヘルプを開きます。このメニューコマンドは、[ヘルプ] メニューにも表示されます。

連名設定を一括して ON/OFF

配偶者の連名設定子供1の連名設定子供2の連名設定子供3の連名設定その他の連名設定を一括して ON または OFF に設定します。連名設定を ON にすると、自宅宛て宛名印刷時にそれぞれの連名が挿入されます。

配偶者の連名設定をすべて ON または OFF にするには

対象レコードから「配偶者_名」が入力されているレコードを自動的に検索し、配偶者の連名設定を一括して ON または OFF にします。

  1. スクリプトメニューから「配偶者の連名設定 ON/OFF…」を選択します。
  2. ダイアログの内容を確認し、[すべてをON] か [すべてOFF] をクリックします。

子供1の連名設定をすべて ON または OFF にするには

対象レコードから「子供1_名」が入力されているレコードを自動的に検索し、子供1の連名設定を一括して ON または OFF にします。

  1. スクリプトメニューから「子供1の連名設定 ON/OFF…」を選択します。
  2. ダイアログの内容を確認し、[すべてをON] か [すべてOFF] をクリックします。

子供2の連名設定をすべて ON または OFF にするには

対象レコードから「子供2_名」が入力されているレコードを自動的に検索し、子供2の連名設定を一括して ON または OFF にします。

  1. スクリプトメニューから「子供2の連名設定 ON/OFF…」を選択します。
  2. ダイアログの内容を確認し、[すべてをON] か [すべてOFF] をクリックします。

子供3の連名設定をすべて ON または OFF にするには

対象レコードから「子供3_名」が入力されているレコードを自動的に検索し、子供3の連名設定を一括して ON または OFF にします。

  1. スクリプトメニューから「子供3の連名設定 ON/OFF…」を選択します。
  2. ダイアログの内容を確認し、[すべてをON] か [すべてOFF] をクリックします。

その他の連名設定をすべて ON または OFF にするには

対象レコードから「その他_連名」が入力されているレコードを自動的に検索し、その他の連名設定を一括して ON または OFF にします。

  1. スクリプトメニューから「その他の連名設定 ON/OFF…」を選択します。
  2. ダイアログの内容を確認し、[すべてをON] か [すべてOFF] をクリックします。

項目: その他_連名設定

その他の連名設定を行うチェックボックス形式のフィールドです。[その他_連名] フィールドにデータが入力されていればチェック可能となります。このフィールドをチェックすると、自宅宛て宛名印刷時の連名に [その他_連名] フィールドの内容が挿入されます。

フィールドの値は、1(ON)か0(OFF)です。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 連名
  • カード
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

  • その他

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • その他_連名設定

項目: 子供3_連名設定

子供3の連名設定を行うチェックボックス形式のフィールドです。[子供3_名] フィールドにデータが入力されていればチェック可能となります。このフィールドをチェックすると、自宅宛て宛名印刷時の連名に子供3の名が挿入されます。

フィールドの値は、1(ON)か0(OFF)です。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 連名
  • カード
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

  • 子供3

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 子供3_連名設定

項目: 子供2_連名設定

子供2の連名設定を行うチェックボックス形式のフィールドです。[子供2_名] フィールドにデータが入力されていればチェック可能となります。このフィールドをチェックすると、自宅宛て宛名印刷時の連名に子供2の名が挿入されます。

フィールドの値は、1(ON)か0(OFF)です。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 連名
  • カード
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

  • 子供2

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 子供2_連名設定

項目: 子供1_連名設定

子供1の連名設定を行うチェックボックス形式のフィールドです。[子供1_名] フィールドにデータが入力されていればチェック可能となります。このフィールドをチェックすると、自宅宛て宛名印刷時の連名に子供1の名が挿入されます。

フィールドの値は、1(ON)か0(OFF)です。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 連名
  • カード
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

  • 子供1

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 子供1_連名設定

項目: 配偶者_連名設定

配偶者の連名設定を行うチェックボックス形式のフィールドです。[配偶者_名] フィールドにデータが入力されていればチェック可能となります。このフィールドをチェックすると、自宅宛て宛名印刷時の連名に配偶者の名が挿入されます。

フィールドの値は、1(ON)か0(OFF)です。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 連名
  • カード
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

  • 配偶者

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 配偶者_連名設定

項目: その他_連名

その他の連名を入力するポップアップメニュー形式のフィールドです。「ご家族様」など、配偶者名や子供の名前以外を入力したいときに使います。このフィールドにデータが入力されていれば、自宅宛て宛名印刷時の連名設定が可能となります。連名設定を行うには、[その他_連名設定] フィールドのチェックボックスを ON にします。

以下はあらかじめ用意している入力メニューです。この中から指定するか、編集した値を指定することができます。項目名を追加する場合は、プルダウンメニューから「編集…」を選び入力メニューを編集します。メニュー内に区切り線を入れたい場合は「-」を入力します。

  • ご家族様 ← Win/Mac 初期値
  • ご一同様
  • 皆々様
  • (空欄)
  • 編集…

※入力メニューを編集する際の注意事項
PowerAddress をバージョンアップすると、元の入力メニューに戻ってしまいますのでご注意ください。独自に編集した入力メニューの内容は、新旧ソフト間でコピー&ペーストするなどの再入力が必要です。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 連名
  • カード
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

  • その他

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • その他_連名