カスタムサイズの追加をお試しください

Q. 質問

長形3号封筒や長形4号封筒に宛名印刷をしたいが、使っているプリンタの用紙設定には長形封筒の用紙サイズがない。用紙設定に長形3や長形4がない場合は?

A. 回答

プリンタの用紙設定に長形封筒がない場合や、封筒を下側から給紙して反転印刷したい場合(プリンタドライバ側に180度反転機能がない場合)は、以下の印刷方法をお試しください。ここでは、封筒の上のフラップ(封筒を閉じる際の折り返し部分)を開いた状態で封筒の下側から給紙することを想定しています。

縦置きの印刷方法

封筒の用紙サイズを定義し、PA 側で180度反転して印刷します。用紙サイズの定義例(Mac)と印刷方法は以下のとおりです。

  1. PA の印刷画面にある [用紙設定…] をクリック → [OK] をクリック
  2. 用紙設定ダイアログの用紙サイズメニューから [カスタムサイズを管理…] を選択
  3. ボックス下の [+] をクリックし用紙名と用紙サイズを設定
    1. 長形3号封筒 → 用紙名「封筒 長形 3」、用紙サイズ「120 × 235 mm」 ※1
    2. 長形4号封筒 → 用紙名「封筒 長形 4」、用紙サイズ「90 × 205 mm」
  4. ユーザー定義した用紙サイズを選択して印刷
    1. 用紙設定:用紙サイズは「ユーザー定義」、用紙方向は「縦」
    2. 印刷画面の設定:「封筒下から給紙、ユーザー定義の長3/4号封筒を選択」 ※2
    3. 封筒の給紙方法:封筒の下側から給紙

※1)v4.5 〜 v4.8.2 の場合は用紙サイズを「120 × 264 mm」に設定します。

※2)v4.5 〜 v4.8.2 の場合は「封筒の下側から印刷、用紙設定は [A4縦]」を選択します。

横置きの印刷方法

縦置きと同様、封筒の用紙サイズを定義して印刷します。

  1. 縦置きのときと同様に封筒の用紙サイズを定義
  2. ユーザー定義した用紙サイズを選択して印刷
    1. 用紙設定:用紙サイズは「ユーザー定義」、用紙方向は「横」 ※3
    2. 封筒の給紙方法:封筒の下側から給紙

※3)v4.8.2 までの封筒の横置きの印刷は、用紙を右側に沿わせて給紙するプリンタを想定しています。中央寄せや左寄せの場合は正しく印刷されません。用紙サイズは「A4」、用紙方向は「横」を指定します。

封筒への宛名印刷例

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ