エクスポート時に「〜をこのディスク上に作成できませんでした」と表示される

更新日

インストール方法、設置場所、アクセス権の確認を

Q. 質問

Mac でエクスポートや簡単バックアップを行うと「〜をこのディスク上に作成できませんでした。ファイル名を変更、ディスクの空き容量を増加、ロックを解除、または他のディスクを使用してください。」と表示され処理が中止されます。

A. 回答

まずはインストール方法をご確認ください。仮想ディスク(PA 500 または PA Mac 500)内の PowerAddress.app を直接起動していませんか? 必ず仮想ディスク内の PowerAddress フォルダをデスクトップや書類フォルダにコピーしてからご利用ください。

PowerAddress はどこに設置(解凍)していますか? 共有フォルダやプログラムフォルダ(Mac の場合はアプリケーションフォルダ)など、OS レベルのアクセス権が必要な場所に設置していませんか? または、自分以外のユーザー(パソコンのアカウント)の PowerAddress を起動していませんか?

OS レベルのアクセス権が必要な場所に設置する場合や、他のユーザーの PowerAddress を使う場合は、PowerAddress フォルダに適切なアクセス権が必要です。共有フォルダやクラウドへの設置はサポート外となりますのでご注意ください。自身の書類フォルダやデスクトップに設置することをおすすめいたします。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9