アプリ版でエクスポートした FileMaker ファイルが開かない?

更新日

FileMaker アイコンにドラッグ、または拡張子を変更

Q. 質問

ランタイムアプリ版の住所録データを FileMaker Pro 形式でエクスポートしました。そのファイルを FileMaker で編集したいのですが、ファイルをダブルクリックすると FileMaker ではなく PowerAddress が起動してしまいます。FileMaker で開く方法を教えてください。

A. 回答

今すぐ開くには

FileMaker Pro のアイコンにドラッグするか、FileMaker Pro の [開く…] コマンドを使って開いてください。

ファイルをダブルクリックして開くには

ファイルをダブルクリックして開きたい場合は、ファイルの拡張子を FileMaker の拡張子に変更します。対応する拡張子はアプリ版のバージョンにより異なります。

アプリ版 v4.8 〜 5.0 の場合

アプリ版 v4.8 〜 5.0 で FileMaker Pro 形式のファイルをエクスポートすると、ファイルの拡張子が .pa12 となります。これはアプリ版 v4.8 〜 5.0 の拡張子です。FileMaker Pro のランタイムデータベース(FileMaker Pro Runtime Database)のうち、PowerAddress 4.8 〜 5.0 が生成したファイルであることを示しています。

ファイルの拡張子を .pa12 から .fmp12 に変更すれば、ファイルをダブルクリックして開けるようになります。.fmp12 は FileMaker Pro 12 の拡張子です。

PowerAddress の設定画面にある「バックアップの書き出し…」で [Text, Img] を選べば、拡張子に .fmp12 が付いた FileMaker Pro 形式のファイルが生成されます。すべての住所録データを FileMaker Pro 形式で簡単にエクスポートできます。FileMaker Pro を頻繁に利用する場合は、バックアップファイルの方が便利で簡単です。

アプリ版 v3.x 〜 4.7 の場合

アプリ版 v3.x 〜 4.7 で FileMaker Pro 形式のファイルをエクスポートすると、ファイルの拡張子が .pa7 となります。これはアプリ版 v3.x 〜 4.7 の拡張子です。FileMaker Pro のランタイムデータベース(FileMaker Pro Runtime Database)のうち、PowerAddress 3.x 〜 4.7 が生成したファイルであることを示しています。

ファイルの拡張子を .pa7 から .fp7 に変更すれば、ファイルをダブルクリックして開けるようになります。.fp7 は FileMaker Pro 7 〜 11 の拡張子です。

PowerAddress の設定画面にある「バックアップの書き出し…」で [Text, Img] を選べば、拡張子に .fp7 が付いた FileMaker Pro 形式のファイルが生成されます。すべての住所録データを FileMaker Pro 形式で簡単にエクスポートできます。FileMaker Pro を頻繁に利用する場合は、バックアップファイルの方が便利で簡単です。

Windows で拡張子が表示されない場合

Windows の場合は、拡張子が表示されない場合がありますので、その場合は「コントロールパネル> フォルダオプション」の「表示」タブをクリックし、詳細設定にある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。

*.pa12 や *.pa7 を常に FIleMaker Pro で開く

ファイルを開く際、*.pa12 や *.pa7 を常に FileMaker Pro で開くように関連付けを設定することも可能です。設定するには、ファイルを右クリックして、関連付けを設定するメニューを開きます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.x
  • PowerAddress 3.x

関連ページ