に投稿

購入方法に「FileMaker Cloud for AWS の購入手順」を追加

FileMaker Store を開き、AWS から購入

購入方法に「FileMaker Cloud for AWS の購入手順」を追加しました。AWS(Amazon Web Services、アマゾンウェブサービス)で FileMaker Cloud for AWS を購入する手順をご紹介します。

外部サイト

FileMaker Cloud for AWS の購入手順

FileMaker Cloud for AWS

AWS(Amazon Web Services、アマゾンウェブサービス)で FileMaker Cloud for AWS を購入する手順をご紹介します。

ここでは、Asia Pacific (Tokyo) に t2.medium の EC2 インスタンスを作成し、FileMaker Cloud for AWS (5 users) を時間単位で購入する方法、価格などをご紹介します。ご参考まで。

FileMaker Cloud for AWS の後継「Claris FileMaker Cloud(v2)」の試用/購入手順は以下をクリック!

準備

AWS のアカウントを作成

AWS のアカウントをお持ちでない方は、以下のページで AWS マネジメントコンソールのアカウントを作成しておきます。ルートアカウントのほかに IAM(Identity and Access Management)ユーザーアカウントの作成もおすすめします。アカウントを保護するため、各アカウントに MFA(Multi-Factor Authentication、多要素認証)も設定しておきます。

キーペアを作成

アカウントの設定が済んだら、FileMaker Cloud のログイン情報を保護するためにキーペアを作成し、キーペアファイル(.pem)をダウンロードしておきます。作成手順は以下のとおりです。

  1. AWS にログイン
  2. Region を選択(日本であれば Asia Pacific (Tokyo) がよいでしょう)
  3. EC2 を開く
  4. 左メニューからキーペアをクリックし、キーペアの作成をクリック
  5. キーペアの名前(チュートリアルでは “FMCloud”)を入力し、[作成] をクリック
  6. キーペアファイルをダウンロード

キーペアファイル(.pem)のダウンロード機会は一度だけです。パソコン内の任意の場所に保存しておいてください。ダウンロード時に .txt が付いた場合は、それを取り除いておいた方がよいでしょう。FileMaker Cloud では、このファイルを直接使用することはありませんが、FileMaker Cloud の設定時に作成済みのキーペアファイルをポップアップメニューから指定する必要があります。

購入手順

1. FileMaker Store を開き、AWS からの購入を選択

FileMaker Store の「チーム向け(FileMaker Cloud for AWS)」を開き、[AWS から購入する] をクリックします。

FileMaker Store> FileMaker Cloud for AWS

2. ユーザー数に応じた FileMaker Cloud for AWS を選択

AWS Marketplace で購入できる FileMaker Cloud for AWS が表示されますので、ユーザー数(5, 10, 25, 100)に応じた [FileMaker Cloud for AWS] をクリッックします。

AWS Marketplace> FileMaker Cloud for AWS

3. 概要や価格を確認

概要や価格を確認します。Server ソフトのライセンス(時間単位か年間単位か)、Region(仮想サーバーの場所)や EC2 のインスタンスタイプ(仮想サーバーの性能)などにより価格が変わります。

例えば、FileMaker Cloud for AWS (5 users) を時間単位で Asia Pacific (Tokyo) + t2.medium の EC2 で使用した場合の費用は、Server ソフトが1時間あたり $0.99/hr、EC2 が $0.061/hr、1時間あたりの合計は $1.051/hr となります。短期間の利用や検証用に向いています。

FileMaker Cloud for AWS (5 users) を上記と同じ Region と EC2 で年単位で使用した場合の費用は、Server ソフトが1年あたり $900/yr、EC2 が1時間あたり $0.061/hr となり、年間を通して使用する場合は、Server ソフトのコストが最大で約90%の節約となります。年間ライセンスへの切り替えはいつでも行えます。

概要や価格を確認したら [Continue to Subscribe] をクリックします。

AWS Marketplace> FileMaker Cloud for AWS (5 users)

4. ライセンスを確認して承認

ライセンスの価格とライセンス情報を確認して [Accept Terms] をクリックします。AWS からサブスクリプションを確認するメールが届きます。

AWS Marketplace> FileMaker Cloud for AWS (5 users)> Accept Terms

5. FileMaker Cloud のライセンス形態を確認

「Subscribe to this software」という画面が表示されます。この画面は以下の何れかの操作で開きます。

  • 手順4 で [Accept Terms] をクリックをクリック
  • 手順4 の後、手順5 のメールのリンクをクリックし、サブスクリプションの管理画面で該当サブスクリプション名をクリックするか [管理] をクリック
  • 手順4 の後、AWS Marketplace のサブスクリプションの管理画面を開き、該当サブスクリプション名をクリックするか [管理] をクリック

この画面の「Save money by purchasing a software contract」の [+ Configure contract] をクリックすると年間ライセンスを購入することができます。時間単位で使用する場合は [Continue to Configuration] をクリックします。

AWS Marketplace> FileMaker Cloud for AWS (5 users)> Subscribe

6. FileMaker Cloud のバージョンと Region を設定

Software Version と Region を選択して [Continue to Launch] をクリックします。この画面からも年間ライセンスを購入することができます。

AWS Marketplace> FileMaker Cloud for AWS (5 users)> Configure

7. FileMaker Cloud の準備

「Launch this software」という画面が表示されます。設定内容を確認して [Usage Instructions] をクリックします。ポップアップ画面が表示されますので、Region に応じたリンクをクリックします。

AWS Marketplace> FileMaker Cloud for AWS (5 users)> Launch

8. スタック(FileMaker Cloud 用の環境)の作成

8-1. テンプレートの指定

「テンプレートの準備完了」、「Amazon S3 URL」を選択し、[次へ] をクリックします。

CloudFormation> スタック作成> テンプレートの指定

8-2. スタックの詳細の指定

スタックの名前(チュートリアルでは “FMCloud”)、以下のパラメータを指定し、[次へ] をクリックします。

  • Email(FileMaker Server のログイン名となります)
  • InstanceType(ここでは t2.medium を選択します)
  • KeyName(作成済みのキーペアを指定します)
CloudFormation> スタック作成> 詳細を指定

8-3. スタックのオプションの設定

ここではデフォルトのまま [次へ] をクリックします。

CloudFormation> スタック作成> オプション設定

8-4. 確認

内容を確認し、ページ下の「AWS CloudFormation によって IAM リソースが作成される場合があることを承認します」を ON にして、[スタックの作成] をクリックします。

CloudFormation> スタック作成> 確認

8-5. スタック完成を待つ

スタックのステータスが「CREATE_IN_PROGRESS」から「CREATE_COMPLETE」になるまで数分待ちます。スタックの作成が完了したら、AWS から「Welcome to FileMaker Cloud for AWS」という件名のメールが届きます。メール内の「the Setup page」をクリックします。

CloudFormation> スタック詳細

9. FileMaker Cloud の Admin Console の設定

以下の項目を設定します。

  • Amazon Account Number(AWS のアカウント ID)
  • Host Name(任意のホストネーム)
  • Password(FileMaker Admin Console のパスワード)
  • Local Time Zone(Asia/Tokyo などを指定)
FileMaker Cloud の Admin Console の設定

セットアップが完了するまで少々待ちます。

FileMaker Cloud の Admin Console の設定中

10. FileMaker Cloud の Admin Console にログイン

手順 8-2 で設定した Email と 9-1 で設定したパスワードでログインします。End User License に同意し、名前や Email(ユーザー登録用)などを登録して Submit します。

これで準備完了です。Admin Console の Databases を開き、FileMaker ファイルをアップロード(初回 open 時は暗号化パスワードの設定が必要)すれば、クラウドでの共有が可能となります。

FileMaker Cloud の Admin Console ログイン

AWS EC2 は稼働時間によって課金されます。FileMaker Cloud は時間単位か年単位のライセンスを選択できます。時間単位で購入した場合は、AWS EC2 と同様、稼働時間によって課金されます。検証用途で稼働した場合は、必要に応じて EC2 インスタンスを停止、再起動するとよいでしょう。

費用の請求

月初から月末まので利用料金は翌月の3日〜7日に確定します。例えば、8月分の利用料金を月末締翌26日払の Amazon Mastercard で支払う場合は、9月3日頃に料金が確定し、9月末締、翌月10月26日の支払いとなります。

参考資料

FileMaker Cloud for AWS で共有

AWS EC2 の FileMaker Server でホスト

FileMaker Cloud for AWS
FileMaker Cloud for AWS

PowerAddress を AWS(Amazon Web Services、アマゾンウェブサービス)の EC2(Elastic Compute Cloud、サイズ変更可能な仮想サーバー)上の FileMaker Server でホストすると、クラウド環境での同時共有が可能となります。FileMaker クライアント(Windows/Mac/iOS)のほか、Web ブラウザを使った共有(FileMaker WebDirect)も可能です。

現在の PowerAddress は、FileMaker Cloud for AWS の後継「Claris FileMaker Cloud(v2)」には未対応です。PowerAddress FileMaker テンプレートファイルであれば共有可能です。以下ご参考まで。

同時共有の方法

ホスト(親)となる AWS EC2 の FileMaker Server で PowerAddress を開き、インターネットに接続している他の FileMaker クライアント(子となる Windows/Mac/iOS)からアクセスします。

ホストするには

AWS EC2 で FileMaker Cloud を起動し、main、data、zipcode をアップロードして開きます。ライセンスをお持ちの場合は、事前にパソコン上で PowerAddress を開き、設定> ライセンス画面でライセンスを入力しておきます。

クライアントからアクセスするには

まずは、クライアント(Windows/Mac/iOS)の FileMaker Pro または FileMaker Go を起動し、AWS EC2 のホスト名を指定します。FileMaker Pro でホストを指定するには、[ファイル> ホスト> ホストを表示…] を開き、[+] ボタンをクリックして、AWS EC2 のホスト名を入力して保存します。あとは、ホストの main を指定して開くだけです。

準備

AWS のアカウントをお持ちでない方は、以下のページで AWS マネジメントコンソールのアカウントを作成しておくとよいでしょう。ルートアカウントのほかに IAM(Identity and Access Management)ユーザーアカウントを作成することをおすすめいたします。アカウントを保護するため、MFA(Multi-Factor Authentication、多要素認証)も設定しておきましょう。FileMaker Cloud のログイン情報を保護するためのキーペアも必要です。

必要な FileMaker 製品

ホストとなる AWS EC2 に FileMaker Server が必要です。FileMaker Server のライセンスをお持ちでない場合は、AWS Marketplace から FileMaker Cloud(EC2 と FileMaker Server)を購入することができます。Windows や Mac で同時共有するには、各パソコンに FileMaker Pro 16 〜 が必要です。iPad や iPhone からアクセスするには、各 iOS デバイスに FileMaker Go(無料)が必要です。

必要なクラウド環境

AWS の t2.medium 以上の EC2 インスタンスが必要です。EC2 が稼働中はその利用料が必要です。

必要な PA のライセンス

同時共有数(FileMaker の共有数)に応じた PA のライセンスが必要です。ライセンスの一覧は以下のページをご覧ください。

参考資料

FileMaker のライセンス

PowerAddress を複数のデバイスで共有(Win/Mac/iOS/Web ブラウザ)するには FileMaker Cloud(v2 は未対応)または、オンプレミスの FileMaker Server が必要です。FileMaker 製品の無料評価版、ダウンロード、ライセンスについては、Claris(旧 FileMaker)社のサイトをご覧ください。iOS 向けの FileMaker Go は無料でご利用いただけます。

Claris プラットフォームのよくある質問と回答、技術リソース、オンラインのチュートリアル、公式トレーニング教材、オンラインヘルプ、ガイドブックなどは以下のページをご覧ください。参考まで。

FileMaker Server で共有できる?

PC または AWS でホスト可能、ブラウザ共有も 

Q. 質問

FileMaker Server を使って PowerAddress を共有(ホスト)できますか?

A. 回答

はい、可能です。FileMaker Server をお持ちでないお客様は、以下の FileMaker 社のページから無料評価版をダウンロードしてお試しください。

v5.0 からは WebDirect によるブラウザ共有も可能です。PC または AWS などの Cloud 上の FileMaker Server でデータベースを公開し、Web ブラウザを使ってデータベースを共有することができます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0

購入方法

試して気に入ったらご検討ください

ご購入方法、決済の流れ
ご購入方法

決済は、Amazon Pay、Apple Pay、クレジットカード(VISA, MasterCard, JCB, Amex)、PayPal、LINE Pay、銀行振込、郵便振替から自由に選択できます。手続きが完了するとライセンスキー(パスワードのようなもの)が発行されます。そのキーを試用中のソフトのライセンス画面に登録してください。これで完了です。曜日や時間に関係なく今すぐご利用いただけます。

本製品は、ネット販売のみの『試して買えるソフト』です。2000年の v1.0 以降、多くのお客様にご利用いただいております。長く使って時間とコストを節約、さあはじめましょう!

ライセンスのご購入

ライセンスは、FileMaker 版、Win アプリ版、Mac アプリ版共通です。使用許諾数内で自由にご利用ください。ビジネスからホームまで、会社やご家庭におひとついかがですか。月額料金や年度更新料などはありません。

決済方法別の購入手順

Amazon Pay、Apple Pay、クレジットカード、PayPal、LINE Pay は、曜日や時間に関係なくライセンスキーの即時発行が可能です。銀行振込、郵便振替は、入金完了から3営業日以内に発行いたします。

関連サイト

PA Vector 店は曜日や時間に関係なくライセンスキーの即時発行が可能です。店舗により購入方法、取り扱い製品の種類、ライセンスの名称、サービス内容などが若干異なります。

  • PowerAddress Vector 店 – 即時発行、弊社に対し匿名で購入可能
    • クレジットカード(VISA、MasterCard、Amex、JCB)
  • PowerAddress BASE 店 – 3営業日以内に発行
    • クレジットカード(VISA、MasterCard、Amex)
    • コンビニ決済/Pay-easy
    • 銀行振込
    • キャリア決済
    • PAY ID
  • PowerAddress STORES 店 – 3営業日以内に発行
    • クレジットカード(VISA、MasterCard、Amex)
    • コンビニ決済
    • 翌月後払い
    • PayPal(VISA、MasterCard、Amex、JCB)
    • 銀行振込
    • キャリア決済
    • 楽天ペイ

FileMaker WebDirect による共有

Web ブラウザで同時共有

PowerAddress 5.0 を FileMaker Cloud(AWS + FileMaker Server 16 〜)または、オンプレミスの FileMaker Server(FileMaker Server 16 〜)でホストすると、FileMaker WebDirect による Web ブラウザ共有が可能となります。WebDirect は、FileMaker 12 のインスタント Web 公開の後継機能です。

Web 共有の方法

FileMaker Cloud または FileMaker Server で PowerAddress をホスト(親)として開き、ネットワーク上のパソコンの Web ブラウザを使ってアクセスします。

必要な PA のライセンス

同時共有数に応じた PA のライセンスが必要です。ライセンスの一覧は以下のページをご覧ください。

WebDirect とは

FileMaker WebDirect

v5.0 から FileMaker WebDirect(ファイルメーカー ウェブダイレクト)に対応しました。ご利用には、v5.0 と FileMaker 16 以降の環境が必要です。FileMaker WebDirect は、PC または AWS などの Cloud 上の FileMaker Server でデータベースを公開し、ネット上の複数のユーザーが Web ブラウザを使ってデータベースを操作する技術です。Web ブラウザ上で、データの閲覧、入力、検索、ソートなどが行えます。WebDirect は、FileMaker 12 のインスタント Web 公開の後継機能です。

Web ブラウザでの操作のため、使える機能や操作方法にいくつかの制限はあります。v5.0 では印刷レイアウトもそのまま表示できますが、リスト印刷とカード印刷のみをサポートいたします。

関連ページ