データの挿入

オートコンプリート、索引からの入力、現在の日時や時刻の入力など

テキストフィールドに入力したデータは、フィールド毎の”索引”として蓄積されます。今までに入力した値の履歴(削除したものは除く)と言ってもよいでしょう。この索引を使用して、過去に入力したデータを簡単に入力することができます。

索引付けは全レコードを通して行われ、フィールド内の各単語または値の最初の 100 文字に基づいて設定されます。索引はフィールド毎に参照可能です。いくつかのフィールドは、索引をもとにしたオートコンプリートに対応しています。

例えば「姓」フィールドの索引には、データベースに入力済みの様々な姓が保存されています。今までに入力した姓の履歴です。フィールドにデータを入力する際は、メニューコマンドを使って索引にある値を挿入することができます。

その他、日付や時刻などの値を挿入したり、「画像」フィールドに任意のファイルを挿入することもできます。

オートコンプリート機能を使って入力するには

オートコンプリートに対応しているフィールドの場合は、フィールドへの入力を行っている際、索引をもとにした入力候補が表示されます。対応フィールドは以下のとおりです。

候補が一つの場合は、入力中の文字列の後に候補が表示されます。候補を使う場合はそのまま確定します。

複数の候補がある場合は候補一覧が自動的に表示されます。入力したい候補がある場合は、候補の中の文字列をクリックして確定します。

索引一覧からデータを挿入するには

フィールド毎の索引一覧からデータを挿入することができます。カード検索時も使用可能です。対象のフィールドが全レコードを通して空の場合は、索引一覧には何も表示されません。

  1. テキストフィールドをクリック
  2. 以下のいずれかの操作を行い索引一覧を表示
    1. メニューバーの [挿入] から [索引一覧…] を選択
    2. コンテキストメニューの [挿入] から [索引一覧…] を選択
    3. ショートカットキーを入力(Win は [ Ctrl ] + [ I ]、Mac は [ ⌘ ] + [ I ])
  3. 索引一覧の任意の値をダブルクリックするか、任意の値を選んでダイアログ内の [貼り付け] または [ペースト] をクリック

現在の日付を挿入するには

テキストフィールドに現在の日付を入力することができます。メモ1~4のいずれかを顧客の最終来店日にしている場合など、その時点の日付を記録する際に便利です。

  1. テキストフィールドをクリック
  2. 以下のいずれかの操作を行いデータを挿入
    1. メニューバーの [挿入] から [現在の日付] を選択
    2. コンテキストメニューの [挿入] から [現在の日付] を選択
    3. ショートカットキーを入力(Win は [ Ctrl ] + [ – ]、Mac は [ ⌘ ] + [ – ])

初期状態の書式は「2013.4.1」のようになります。ご利用のパソコンのシステム書式を使用したい場合は、書式メニューから [システム書式の使用] を選択してから日付を挿入します。システム書式が「2013/04/01」のような場合は、その書式に沿った日付が挿入されます。

現在の時刻を挿入するには

テキストフィールドに現在の日付を入力することができます。メモ1~4のいずれかを顧客の最終来店時刻にしている場合など、その時点の時刻を記録する際に便利です。

  1. テキストフィールドをクリック
  2. 以下のいずれかの操作を行いデータを挿入
    1. メニューバーの [挿入] から [現在の時刻] を選択
    2. コンテキストメニューの [挿入] から [現在の時刻] を選択
    3. ショートカットキーを入力(Win は [ Ctrl ] + [ ; ]、Mac は [ ⌘ ] + [ ; ])

現在のユーザー名を挿入するには

  1. テキストフィールドをクリック
  2. 以下のいずれかの操作を行いデータを挿入
    1. メニューバーの [挿入] から [現在のユーザ名] を選択
    2. コンテキストメニューの [挿入] から [現在のユーザ名] を選択
    3. ショートカットキーを入力(Win は [ Ctrl ] + [ Shift ] + [ N ]、Mac は [ ⌘ ] + [ Shift ] + [ N ])

「画像」フィールドに任意の画像またはファイルを挿入するには

  1. 「画像」フィールドをクリック
  2. 以下のいずれかの操作を行いデータを挿入
    1. メニューバーの [挿入] から [ピクチャ…] または [ファイル…] を選択
    2. コンテキストメニューの [挿入] から [ピクチャを挿入…] または [ファイルを挿入…] を選択

「画像」フィールドの詳細はこちらをご覧ください。

直前に参照したレコードのフィールド値を挿入するには

あるフィールドにデータを入力する際、直前に編集していた他レコードの同一フィールドの値を挿入することができます。

例えば、山田太郎さんの備考欄を編集する前に山田花子さんの備考欄を編集していたとします。この後、山田太郎さんの備考欄を入力する際に、この処理を実行すると山田太郎さんの備考欄に山田花子さんの備考欄の値が挿入されます。

  1. テキストフィールドをクリック
  2. 以下のいずれかの操作を行いデータを挿入
    1. メニューバーの [挿入] から [直前に参照したレコード] を選択
    2. コンテキストメニューの [挿入] から [直前に参照したレコード] を選択
    3. ショートカットキーを入力(Win は [ Ctrl ] + [ ‘ ]、Mac は [ ⌘ ] + [ ^ ])

直前の参照とは、フィールド内にカーソルがある状態を指します。例えば、山田花子さんの備考欄をクリックだけして山田太郎さんのレコードに移動したとします。この後、山田太郎さんの備考欄を入力する際に、この処理を実行すると前の例と同じように山田太郎さんの備考欄に山田花子さんの備考欄の値が挿入されます。

項目: テキスト4

任意のメモを入力するテキスト形式のフィールドです。「テキスト4」や「カスタムメモ4」と呼びます。レイアウト上のラベル名の初期値は「メモ4」です。このラベル名は自由に編集することができます。

このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > メモ
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > カード(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

ラベル名の初期値は「メモ4」です。このラベル名は「設定 > カスタムメモ」画面で自由に編集することができます。以下はあらかじめ用意しているテキスト1〜4共通のラベルメニューです。この中から指定するか、編集した値を指定することができます。項目名を追加する場合は、プルダウンメニューから「編集…」を選び入力メニューを編集します。「-」はメニューの区切り線です。

  • メモ1
  • メモ2
  • メモ3
  • メモ4 ← Win/Mac 初期値
  • 趣味
  • 嗜好
  • 関心事
  • 得意分野
  • キーワード
  • 貸し
  • 借り
  • 記念日
  • 結婚記念日
  • 職業
  • 業務内容
  • アカウント
  • 支払い条件
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • その他ID
  • 出身地
  • 帰省先
  • 本籍地
  • Tel
  • Fax
  • Mail
  • HP
  • 携帯電話
  • PHS
  • ポケベル
  • 車載電話
  • IP電話
  • Skype
  • SkypeIn
  • AIM
  • ICQ
  • IM
  • Jabber
  • MSN
  • Yahoo
  • 助手
  • 秘書
  • 血液型
  • 星座
  • 干支
  • 編集…

※入力メニューを編集する際の注意事項
PowerAddress をバージョンアップすると、元の入力メニューに戻ってしまいますのでご注意ください。独自に編集した入力メニューの内容は、新旧ソフト間でコピー&ペーストするなどの再入力が必要です。

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • テキスト4

項目: テキスト3

任意のメモを入力するテキスト形式のフィールドです。「テキスト3」や「カスタムメモ3」と呼びます。レイアウト上のラベル名の初期値は「メモ3」です。このラベル名は自由に編集することができます。

このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > メモ
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > カード(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

ラベル名の初期値は「メモ3」です。このラベル名は「設定 > カスタムメモ」画面で自由に編集することができます。以下はあらかじめ用意しているテキスト1〜4共通のラベルメニューです。この中から指定するか、編集した値を指定することができます。項目名を追加する場合は、プルダウンメニューから「編集…」を選び入力メニューを編集します。「-」はメニューの区切り線です。

  • メモ1
  • メモ2
  • メモ3 ← Win/Mac 初期値
  • メモ4
  • 趣味
  • 嗜好
  • 関心事
  • 得意分野
  • キーワード
  • 貸し
  • 借り
  • 記念日
  • 結婚記念日
  • 職業
  • 業務内容
  • アカウント
  • 支払い条件
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • その他ID
  • 出身地
  • 帰省先
  • 本籍地
  • Tel
  • Fax
  • Mail
  • HP
  • 携帯電話
  • PHS
  • ポケベル
  • 車載電話
  • IP電話
  • Skype
  • SkypeIn
  • AIM
  • ICQ
  • IM
  • Jabber
  • MSN
  • Yahoo
  • 助手
  • 秘書
  • 血液型
  • 星座
  • 干支
  • 編集…

※入力メニューを編集する際の注意事項
PowerAddress をバージョンアップすると、元の入力メニューに戻ってしまいますのでご注意ください。独自に編集した入力メニューの内容は、新旧ソフト間でコピー&ペーストするなどの再入力が必要です。

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • テキスト3

項目: テキスト2

任意のメモを入力するテキスト形式のフィールドです。「テキスト2」や「カスタムメモ2」と呼びます。レイアウト上のラベル名の初期値は「メモ2」です。このラベル名は自由に編集することができます。

このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > メモ
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > カード(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

ラベル名の初期値は「メモ2」です。このラベル名は「設定 > カスタムメモ」画面で自由に編集することができます。以下はあらかじめ用意しているテキスト1〜4共通のラベルメニューです。この中から指定するか、編集した値を指定することができます。項目名を追加する場合は、プルダウンメニューから「編集…」を選び入力メニューを編集します。「-」はメニューの区切り線です。

  • メモ1
  • メモ2 ← Win/Mac 初期値
  • メモ3
  • メモ4
  • 趣味
  • 嗜好
  • 関心事
  • 得意分野
  • キーワード
  • 貸し
  • 借り
  • 記念日
  • 結婚記念日
  • 職業
  • 業務内容
  • アカウント
  • 支払い条件
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • その他ID
  • 出身地
  • 帰省先
  • 本籍地
  • Tel
  • Fax
  • Mail
  • HP
  • 携帯電話
  • PHS
  • ポケベル
  • 車載電話
  • IP電話
  • Skype
  • SkypeIn
  • AIM
  • ICQ
  • IM
  • Jabber
  • MSN
  • Yahoo
  • 助手
  • 秘書
  • 血液型
  • 星座
  • 干支
  • 編集…

※入力メニューを編集する際の注意事項
PowerAddress をバージョンアップすると、元の入力メニューに戻ってしまいますのでご注意ください。独自に編集した入力メニューの内容は、新旧ソフト間でコピー&ペーストするなどの再入力が必要です。

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • テキスト2

項目: テキスト1

任意のメモを入力するテキスト形式のフィールドです。「テキスト1」や「カスタムメモ1」と呼びます。レイアウト上のラベル名の初期値は「メモ1」です。このラベル名は自由に編集することができます。

このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > メモ
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > カード(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

ラベル名の初期値は「メモ1」です。このラベル名は「設定 > カスタムメモ」画面で自由に編集することができます。以下はあらかじめ用意しているテキスト1〜4共通のラベルメニューです。この中から指定するか、編集した値を指定することができます。項目名を追加する場合は、プルダウンメニューから「編集…」を選び入力メニューを編集します。「-」はメニューの区切り線です。

  • メモ1 ← Win/Mac 初期値
  • メモ2
  • メモ3
  • メモ4
  • 趣味
  • 嗜好
  • 関心事
  • 得意分野
  • キーワード
  • 貸し
  • 借り
  • 記念日
  • 結婚記念日
  • 職業
  • 業務内容
  • アカウント
  • 支払い条件
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • その他ID
  • 出身地
  • 帰省先
  • 本籍地
  • Tel
  • Fax
  • Mail
  • HP
  • 携帯電話
  • PHS
  • ポケベル
  • 車載電話
  • IP電話
  • Skype
  • SkypeIn
  • AIM
  • ICQ
  • IM
  • Jabber
  • MSN
  • Yahoo
  • 助手
  • 秘書
  • 血液型
  • 星座
  • 干支
  • 編集…

※入力メニューを編集する際の注意事項
PowerAddress をバージョンアップすると、元の入力メニューに戻ってしまいますのでご注意ください。独自に編集した入力メニューの内容は、新旧ソフト間でコピー&ペーストするなどの再入力が必要です。

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • テキスト1

項目: 自宅_国名

自宅住所の国名を入力するフィールドです。英字を用いる場合は半角での入力を推奨します。このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

このフィールドは、以下の自動的に生成されるフィールドの構成要素の一つです。英語圏向け住所表記のときだけ国名が追加されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 自宅住所
  • リスト > 一覧
  • カード > Simple
  • カード > Full
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

リスト印刷とカード印刷の画面には「自宅_国名」のフィールドは配置されていませんが、英表記マークが ON のときだけ、印刷用の「自宅住所」の欄に国名を含む連結住所が表示されます。

レイアウト上のフィールドラベル

  • 日本国内表記のとき:国名、英語表記のとき:Country

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 自宅_国名

項目: 所属_国名

所属住所の国名を入力するフィールドです。英字を用いる場合は半角での入力を推奨します。このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

このフィールドは、以下の自動的に生成されるフィールドの構成要素の一つです。英語圏向け住所表記のときだけ国名が追加されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 所属住所
  • リスト > 一覧
  • カード > Simple
  • カード > Full
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

リスト印刷とカード印刷の画面には「所属_国名」のフィールドは配置されていませんが、英表記マークが ON のときだけ、印刷用の「所属住所」の欄に国名を含む連結住所が表示されます。

レイアウト上のフィールドラベル

  • 日本国内表記のとき:国名、英語表記のとき:Country

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 所属_国名

項目: 役職

役職名や肩書を入力するフィールドです。このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

役職名は、リスト印刷や宛名印刷時に ON/OFF することができます。印刷設定は「設定> 印刷> 印刷一般」画面をご利用ください。詳しい設定方法はこちらをご覧ください。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 所属
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > リスト(詳細画面)
  • 印刷 > カード(詳細画面)
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)
  • メール

レイアウト上のフィールドラベル

  • 役職

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 役職

項目: 部署

部署名を入力するフィールドです。このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

部署名は、リスト印刷や宛名印刷時に ON/OFF することができます。印刷設定は「設定> 印刷> 印刷一般」画面をご利用ください。詳しい設定方法はこちらをご覧ください。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 所属
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > リスト(詳細画面)
  • 印刷 > カード(詳細画面)
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)
  • メール

レイアウト上のフィールドラベル

  • 部署

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 部署

項目: 所属

会社名、団体名、店鋪名、事務所名、屋号、商号、学校名、グループ名など、所属先名を入力するフィールドです。このフィールドは [表示名] フィールドの構成要素の一つです。

このフィールドはオートコンプリートに対応しています。このフィールドに文字を入力すると、他のレコードの入力値に基づいた入力候補が表示されます。複数の候補がある場合は一覧が表示されます。

[設定> 郵便番号] レイアウトの「郵便番号データベースを使う」が選択されている場合は、カードレイアウトや印刷詳細レイアウトの「所属」ラベルは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。所属フィールドが空のときに「所属」ラベルをクリックすると、大口事業所名の検索ウインドウが開きます。[所属] フィールドにデータがある場合は、大口事業所名の検索結果が表示されます。

このフィールドにデータを入力すると、[所属_ふりがな] フィールドに所属名のふりがなが自動的に設定されます。さらに、[所属_ふりがな] フィールドをもとに、[所属_フリガナ]、[所属_フリガナ_半角] フィールドも自動的に設定されます。例えば、このフィールドに「株式会社山田」と入力すると、関連するフィールドはそれぞれ以下のようになります。

  • [所属]:株式会社山田
  • [所属_ふりがな]:かぶしきがいしゃやまだ
  • [所属_フリガナ]:カブシキガイシャヤマダ
  • [所属_フリガナ_半角]:カブシキガイシャヤマダ

Mac 環境のみの機能

Mac 環境の場合は、このフィールドにコピー&ペーストした場合も、[所属_ふりがな] フィールドに所属名のふりがなが自動的に設定されます。また、このフィールドを編集したり削除すると、[所属_ふりがな] フィールドが自動的に更新されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 基本
  • リスト > 所属
  • リスト > 所属住所
  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > リスト(詳細画面)
  • 印刷 > カード(詳細画面)
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)
  • メール

レイアウト上のフィールドラベル

  • 所属

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 所属