基本的な使い方 (v5.1)

基本的な使い方をご説明します。詳細は以下のページを参照してください。

ヘルプ
https://poweraddress.jp/help/

参考)基本的な用語

フィールド  :姓、名、電話番号など、個々の情報を入力する欄
レコード   :一人分のフィールドの集まり、1レコードは一人分のデータ
現在のレコード:現在選択中または表示中の1レコード
対象レコード :検索や除外などで編成した現在表示中の複数のレコード
レイアウト  :ソフトの画面

レイアウトの切り替え

アプリケーションウィンドウ内のメニュータブ、サブメニュー、ボタン、アイコンなどをクリックして切り替えます。主なレイアウトは以下のとおりです。

リスト

複数のレコードを表示するレイアウトです。表示項目固定の8種類のリストと、個々のデータ項目を編集できる一覧表があります。

カード

個々のレコードを表示するレイアウトです。詳しい情報の入力および表示用に3種類のレイアウトがあります。

検索

レコード内のフィールドを横断検索するレイアウトと、3種類のカードに対応した検索レイアウトがあります。

インポート

指定されたファイルまたはデータソースからレコードをインポート(取り込み)するレイアウトです。

エクスポート

指定されたファイルにレコードをエクスポート(書き出し)するレイアウトです。バックアップや Mac の連絡先を更新するボタンも配置しています。

印刷

名簿印刷、はがき/封筒/ラベルへの宛名印刷を行うレイアウトです。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

メール

電子メールを作成し、メールソフト経由での送信を行うレイアウトです。

設定

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。

レコードの基本操作について

レコードの新規追加、複製、削除など基本操作は、レイアウト上にあるボタンをクリックして行います。主な操作ボタンは以下のとおりです。

新規

レコードを新規追加します。

複製

現在のレコードを複製します。

検索

カード検索レイアウトを開きます。

削除…

現在のレコードを削除します。対象レコードをすべて削除することもできます。

対象外…

指定したレコードを対象レコードから除外(一時的に非表示)します。複数のレコードを除外する場合は、現在のレコードを起点に除外数を指定します。現在のレコード以降のすべてを除外したい場合は、適当な大きな数字(1000件の対象レコードがある場合は9999など)を指定して除外します。

対象入替

対象レコードと除外したレコード(一時的に非表示にしたレコード)を入れ替えて表示します。

すべて表示

すべてのレコードを表示します。

データの入力

入力したいフィールドをクリックすると入力可能状態になります。Tab キーや return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

データの確定について

フィールドに入力された値は、データが確定された後に自動的に保存されます。データは、次のいずれかの操作を行った時点で確定されます。

  • 他のレコードを選択する
  • 現在のフィールド以外の場所をクリックする
  • Windows の場合、テンキーの Enter、または Ctrl+Enter を押す
  • Mac の場合、enter キーを押す

住所の入力について

住所欄は、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名の6つに分かれています。必ずしもこの分割方法を強要するものではありませんが、分割して入力しておけば、以下のような住所データが自動的に生成されます。

  • 郵便番号〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜番地の連結データ(2分割向け)
  • 市区町村〜町域の連結データ(3分割または4分割向け)
  • 町域〜建物名の連結データ(3分割向け)
  • 町域〜番地の連結データ(4分割向け)
  • 番地〜建物名等の連結データ(3分割または4分割向け)

これらのデータは、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名とともに、自由に組み合わせてエクスポートすることができます。これにより、一度入力した住所データを任意の形式で再利用することができます。

住所の分割数や表示方法が異なるファイル形式(vCard、Windows アドレス帳 CSV、Yahoo!アドレスブック CSV、Google Gmail 連絡先 CSV)にエクスポートする際は、対応する項目が自動的に割り当てられます。住所の分割数を意識したり、エクスポート後に別途編集する必要はありません。

郵便番号データベースについて

カードまたは印刷画面に配置している [所属] ラベルと住所欄の [〒] マークは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号データベースを起動すると、対応したフィールドの内容で郵便番号データベースを検索し、候補がある場合はそのリストを表示します。

候補の中から転載データに対応したボタン([〒]、[住所]、[事業所名]、[すべて])をクリックすると、該当するフィールドへデータが転載されます。

検索について

姓名の先頭文字で検索する「クイック検索」、データ項目を指定して検索する「カード検索」、複数のデータ項目を横断的に検索する「横断検索」の3種類の検索方法があります。

クイック検索

リストや印刷詳細レイアウトの画面上部にある [あ]、[か]、[さ] などのボタンをクリックして検索します。姓名の先頭文字や、マークの有無、英住所の検索および除外などを素早く検索できます。姓名の先頭文字から検索する場合は、あらかじめ姓名のふりがなが設定されている必要があります。

カード検索

データ項目を指定して検索します。リスト、カード、インポート、エクスポート、印刷レイアウトにある [検索] ボタンをクリックするか、検索レイアウトのサブメニュー(Simple、Full、Memo)から移行すると、カード検索レイアウトが表示されます。検索対象のフィールドにキーワードを入力し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

横断検索

複数のデータ項目を横断的に検索します。検索レイアウトのサブメニューから [横断検索] を選び、検索したいキーワードを入力すると、すべてのフィールドを対象に検索が行われます。

印刷について

名簿印刷、はがき/長封筒/洋封筒/ラベルへの宛名印刷が行えます。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

現在のレコードを1件だけ印刷する場合は、スクリプトメニューから「現在のレコードのみ表示」などを実行してあらかじめ対象レコードを1件にするか、プリントダイアログで「現在のレコード」を指定します。

対象レコードを一括して印刷する場合は、プリントダイアログで「対象レコード」を指定します。

ラベル印刷時は、印刷前に表示されるレイアウトで「現在のレコード」、「対象レコード」、「現在のレコードを繰り返し印刷」の中から選択して印刷します。

電子メールの作成と送信について

メール画面を使うと、メールソフト経由でのメール送信が簡単に行えます。メールソフトの挙動設定で [ダイアログなしで実行] を OFF にしておけば、メールを送信する前に内容を確認することができます。より複雑な処理は、FileMaker 版をご利用ください。

レコードの状態表示

リスト/カード/印刷レイアウトの画面右上には、レコードの状態を示す情報が表示されています。

番号

対象レコードの中で、現在のレコードが何番目にあるかを表示します。対象レコードをソートすると番号も変わります。

対象

対象レコードの数を表示します。

総数

全レコードの数を表示します。

順序

対象レコードのソート状態を表示します。ソート名の前の記号「▲」は昇順、「▼」は降順を表しています。ソート後、レコードが新規追加または複製され、対象レコードが部分的にソートされているときは「△」や「▽」となります。

所属宛または自宅宛のレコードを検索するには?

Q. 質問

所属先(会社)の住所が登録されているレコード、または自宅の住所が登録されているレコードを検索するには?

A. 回答

いくつかの方法がありますが、以下の方法が簡単です。カード検索で、郵便番号や都道府県が入力済みのレコードを検索します。

1. カード検索の画面を開く

リストやカード画面にある [検索] ボタンをクリックします。

2. 所属または自宅の住所を検索

所属先(会社)の住所が登録されているレコード、または自宅の住所が登録されているレコードを検索します。例えば、所属先の郵便番号と都道府県が入力済みのレコードを検索するには、所属の郵便番号と都道府県の欄に * を入力し、[検索] をクリックして検索します。

所属宛のレコードを検索する場合
自宅宛のレコードを検索する場合

3. 検索結果を確認

検索後はリスト画面で検索結果を確認するとよいでしょう。所属宛のレコードを確認するには「リスト> 所属住所」の画面を開きます。自宅宛のレコードを確認するには「リスト> 自宅住所」の画面を開きます。不要なレコードがあれば、そのレコードをクリック(リスト画面を維持したい場合は表示名以外のところをクリック)し、[対象外…] > [このレコード] をクリックします。

所属宛を検索後、所属宛のレコードを確認
自宅宛を検索後、自宅宛のレコードを確認

PowerAddress は複数のウインドウ操作に対応しています。ウインドウをもう一つ開き、所属宛と自宅宛の操作(検索、ソート、印刷など)をウインドウ毎に行うこともできます。新たなウインドウを開くには、メニューバーの [ウインドウ] から [新規ウインドウ] を実行します。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.x

参考資料

住所欄の英語表記ボタンについて詳しく教えてください

国内外の住所管理方法について

Q. 質問

住所欄の「英表記」というチェックボックスについて詳しく教えてください。

A. 回答

このチェックボックスを ON にすると、住所入力欄が英語圏向けの表示に切り替わります。また、リスト表示の住所や印刷時の住所が、英語圏向けの順序に変換され、住所フィールド間の適切な箇所にコンマや改行が付加されます。英語表記住所の切り替えは、レコード毎に設定することができます。対象レコードに対し一括して ON/OFF することもできます。この機能を使うと、日本と海外の住所が混在した住所録や顧客名簿の管理、名簿印刷、エアメール用の宛名印刷などが簡単に行えます。

検索や除外も容易です。英語表記住所を抽出したい場合は、リスト画面などにある「英住所検索…」をクリックします。英語表記住所を除外したい場合は、そのとなりの「除外」をクリックします。同様の操作は、スクリプトメニューから行うこともできます。

住所入力欄が英語圏向けの表示に切り替わります

カード及び印刷レイアウト内の住所入力欄が、英語圏向けの表示に切り替わります。フィールドの配置が変わるほか、フィールドラベルも英語表記対応となります。以下は、通常の住所欄です。

通常の住所欄

以下は、「英表記」を ON にしたときの住所欄です。

英表記を ON にしたときの住所欄

以下は、英語圏向け住所の入力例です。

英語圏向け住所の入力例

国内の住所と同様、地図検索や住所コピーボタンも使えます

住所入力欄にある地図検索ボタンの「Map」もそのまま使えます。例えば、Google マップのように、海外の地図に対応している地図検索サイトなら、海外の地図検索も簡単に行えます。住所入力欄の違いを意識する必要はありません。また、PA の「設定> 地図」の追加キーワードに「Bank」などと入力しておけば、住所周辺の Bank も表示可能です。以下は、Google マップを使った検索例です。

海外の地図の表示例

住所入力欄の下にある「住所コピー」ボタンも、国内の住所のときと同様に使えます。このボタンは、連結した住所をクリップボードにコピーします。クリップボードとは、コピー&ペーストの際に一時的に保存される記憶領域です。

例えば、先の入力例の場合、このボタンをクリックすると「10 Market St, San Francisco, CA 94111, USA」という値がクリップボードにコピーされます。試しに備考欄にペーストしてみてください。住所内のコンマが自動的に挿入されていることに気づくでしょう。

リスト画面の住所表示が英語圏向けの表記に切り替わります

所属住所リストと自宅住所リストの住所欄が英語表記に切り替わります。先の入力例であれば、所属住所リストの住所表示は「10 Market St, San Francisco, CA」となり、住所フィールド間の適切な箇所にコンマが挿入されます。

以下はリスト表示の例です。リスト表示が日英混在になっているのがわかります。

日英混在のリスト表示例

自動生成される住所フィールドが英語表記に切り替わります

リストレイアウトでの住所表示と同じように、自動生成される住所フィールド「所属_郵便番号から建物名等」や「所属_都道府県から建物名等」などが英語表記に切り替わり、住所フィールド間の適切な箇所にコンマが挿入されます。

例えば「所属_郵便番号から建物名等」フィールドは
「10 Market St, San Francisco, CA 94111, USA」となります。
※英語表記のときだけ国名が付加されます。

「所属_都道府県から建物名等」フィールドは
「10 Market St, San Francisco, CA」となります。

印刷時の住所が英語表記に切り替わります

英表記が ON のレコードのみ英語表記順に切り替わり、住所フィールド間の適切な箇所に改行とコンマが挿入されます。通常のレコードは日本語順のままですので、日英混在で印刷することができます。以下はリストとはがきの印刷例です。

英語圏向け住所のリスト印刷例
英語圏向け住所のはがき印刷例

エアメール向けのはがき(ポストカード)は、郵便局でも販売しています。あらかじめ70円の切手と”AIRMAIL”という文字のほか、はがきの上下に赤と青の帯が印刷されています。エアメールの雰囲気を楽しみたい方はお試しください。

もちろん、この他のポストカードやはがきも使えます。普通の官製はがきを使う場合は、所定の切手を追加し、”AIRMAIL”という文字を印刷(PowerAddress で印刷できます)すればOKです。はがきやポストカードの他に、ラベルや封筒にも印刷可能です。以下はラベル印刷の例です。

英語圏向け住所のラベル印刷例

PowerAddress なら、日本と海外の住所をシームレスに管理することができます。海外のご友人や顧客が多いお客様、海外赴任中や留学中のお客様など、グローバルにご活躍中のお客様はもちろん、現在この機能が必要ではないお客様にもおすすめの機能です。備えあれば患えなし。この機能を備えておけば、親しい友人が海外に引っ越しても、海外の顧客が増えたとしても、住所録の乗り換えや作り替えは不要です。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.x
  • PowerAddress 4.9

住所から郵便番号を検索できる?

住所の全部または一部を入力して [〒] をクリック

Q. 質問

住所録の入力方法についての質問です。住所から郵便番号を検索して入力できますか?

A. 回答

"郵便番号データベース

はい、もちろん検索して入力できます。

住所欄に住所の一部や読みを入力して [〒] ボタンをクリックするだけです。差し当たっては、住所欄の区分を気にせず、都道府県の欄に検索キーワード(市区町村名など)を入力して検索してみてください。都道府県以外の欄を使ったり、複数の欄を指定して検索しても構いません。

検索語句は、住所の一部はもちろん、ひらがなでの読み方やスペースで区切った単語でも検索可能です。該当する情報があれば、いくつかの候補が表示されます。より正確に検索するには、検索のキーワードを多くするか、都道府県、市区町村、町域の欄にそれぞれ入力して検索します。

検索時の文字列を残したい場合は、番地の欄に住所の一部や読みを入力して検索してみてください。検索後の候補を確定すると、都道府県から町域が自動入力されます。番地以降に文字列がある場合は、そのまま残すか消去するかを選択することができます。

検索結果を入力するには

郵便番号データベースの検索結果を住所欄に入力するには、検索結果の右端にある [〒]、[住所]、[すべて] のいずれかをクリックします。特にこだわりがなければ [すべて] をクリックするとよいでしょう。郵便番号、住所、事業所名(会社の場合)のすべてが転載されます。

郵便番号データベースについて

PA は以下の3通りの入力が可能です。

  • 郵便番号 → 住所
  • 住所 → 郵便番号
  • 会社名や役所名など → 住所と郵便番号

ぜひお試しください。PA には専用の郵便番号データベースが付属しており、郵便番号、住所、大口事業所名の相互変換が可能です。データベースならではの柔軟で強力な郵便番号検索をご体験ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

基本的な使い方 (v5.0)

基本的な使い方をご説明します。詳細は以下のページを参照してください。

ヘルプ
https://poweraddress.jp/help/

参考)基本的な用語

フィールド:姓、名、電話番号など、個々の情報を入力する欄
レコード:一人分のフィールドの集まり、1レコードは一人分のデータ
現在のレコード:現在選択中または表示中の1レコード
対象レコード:検索や除外などで編成した現在表示中の複数のレコード
レイアウト:ソフトの画面

レイアウトの切り替え

アプリケーションウィンドウ内のメニュータブ、サブメニュー、ボタン、アイコンなどをクリックして切り替えます。主なレイアウトは以下のとおりです。

リスト

複数のレコードを表示するレイアウトです。表示項目固定の8種類のリストと、個々のデータ項目を編集できる一覧表があります。

カード

個々のレコードを表示するレイアウトです。詳しい情報の入力および表示用に3種類のレイアウトがあります。

検索

レコード内のフィールドを横断検索するレイアウトと、3種類のカードに対応した検索レイアウトがあります。

インポート

指定されたファイルまたはデータソースからレコードをインポート(取り込み)するレイアウトです。

エクスポート

指定されたファイルにレコードをエクスポート(書き出し)するレイアウトです。バックアップや Mac の連絡先を更新するボタンも配置しています。

印刷

名簿印刷、はがき/封筒/ラベルへの宛名印刷を行うレイアウトです。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

メール

電子メールを作成し、メールソフト経由での送信を行うレイアウトです。

設定

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。

レコードの基本操作について

レコードの新規追加、複製、削除など基本操作は、レイアウト上にあるボタンをクリックして行います。主な操作ボタンは以下のとおりです。

新規

レコードを新規追加します。

複製

現在のレコードを複製します。

検索

カード検索レイアウトを開きます。

削除…

現在のレコードを削除します。対象レコードをすべて削除することもできます。

対象外…

指定したレコードを対象レコードから除外(一時的に非表示)します。複数のレコードを除外する場合は、現在のレコードを起点に除外数を指定します。現 在のレコード以降のすべてを除外したい場合は、適当な大きな数字(1000件の対象レコードがある場合は9999など)を指定して除外します。

対象入替

対象レコードと除外したレコード(一時的に非表示にしたレコード)を入れ替えて表示します。

すべて表示

すべてのレコードを表示します。

データの入力

入力したいフィールドをクリックすると入力可能状態になります。Tab キーや return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

データの確定について

フィールドに入力された値は、データが確定された後に自動的に保存されます。データは、次のいずれかの操作を行った時点で確定されます。

  • 他のレコードを選択する
  • 現在のフィールド以外の場所をクリックする
  • Windows の場合、テンキーの Enter、または Ctrl+Enter を押す
  • Mac の場合、enter キーを押す

住所の入力について

住所欄は、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名の6つに分かれています。必ずしもこの分割方法を強要するものではありませんが、分割して入力しておけば、以下のような住所データが自動的に生成されます。

  • 郵便番号〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜番地の連結データ(2分割向け)
  • 市区町村〜町域の連結データ(3分割または4分割向け)
  • 町域〜建物名の連結データ(3分割向け)
  • 町域〜番地の連結データ(4分割向け)
  • 番地〜建物名等の連結データ(3分割または4分割向け)

これらのデータは、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名とともに、自由に組み合わせてエクスポートすることができます。これにより、一度入力した住所データを任意の形式で再利用することができます。

住所の分割数や表示方法が異なるファイル形式(vCard、Windows アドレス帳 CSV、Yahoo!アドレスブック CSV、Google Gmail 連絡先 CSV)にエクスポートする際は、対応する項目が自動的に割り当てられます。住所の分割数を意識したり、エクスポート後に別途編集する必要はありません。

郵便番号データベースについて

カードまたは印刷画面に配置している [所属] ラベルと住所欄の [〒] マークは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号データベースを起動すると、対応したフィールドの内容で郵便番号データベースを検索し、候補がある場合はそのリストを表示します。

候補の中から転載データに対応したボタン([〒]、[住所]、[事業所名]、[すべて]) をクリックすると、該当するフィールドへデータが転載されます。

検索について

姓名の先頭文字で検索する「クイック検索」、データ項目を指定して検索する「カード検索」、複数のデータ項目を横断的に検索する「横断検索」の3種類の検索方法があります。

クイック検索

リストや印刷詳細レイアウトの画面上部にある [あ]、[か]、[さ] などのボタンをクリックして検索します。姓名の先頭文字や、マークの有無、英住所の検索および除外などを素早く検索できます。姓名の先頭文字から検索する場合は、あらかじめ姓名のふりがなが設定されている必要があります。

カード検索

データ項目を指定して検索します。リスト、カード、インポート、エクスポート、印刷レイアウトにある [検索] ボタンをクリックするか、検索レイアウトのサブメニュー(Simple、Full、Memo)から移行すると、カード検索レイアウトが表示されます。検索対象のフィールドにキーワードを入力し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

横断検索

複数のデータ項目を横断的に検索します。検索レイアウトのサブメニューから [横断検索] を選び、検索したいキーワードを入力すると、すべてのフィールドを対象に検索が行われます。

印刷について

名簿印刷、はがき/長封筒/洋封筒/ラベルへの宛名印刷が行えます。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

現在のレコードを1件だけ印刷する場合は、スクリプトメニューから「現在のレコードのみ表示」などを実行してあらかじめ対象レコードを1件にするか、プリントダイアログで「現在のレコード」を指定します。

対象レコードを一括して印刷する場合は、プリントダイアログで「対象レコード」を指定します。

ラベル印刷時は、印刷前に表示されるレイアウトで「現在のレコード」、「対象レコード」、「現在のレコードを繰り返し印刷」の中から選択して印刷します。

電子メールの作成と送信について

メール画面を使うと、メールソフト経由でのメール送信が簡単に行えます。メ ールソフトの挙動設定で [ダイアログなしで実行] を OFF にしておけば、メールを送信する前に内容を確認することができます。より複雑な処理は、FileMaker 版をご利用ください。

レコードの状態表示

リスト/カード/印刷レイアウトの画面右上には、レコードの状態を示す情報が表示されています。

番号

対象レコードの中で、現在のレコードが何番目にあるかを表示します。対象レコードをソートすると番号も変わります。

対象

対象レコードの数を表示します。

総数

全レコードの数を表示します。

順序

対象レコードのソート状態を表示します。ソート名の前の記号「▲」は昇順、「▼」は降順を表しています。ソート後、レコードが新規追加または複製され、対象レコードが部分的にソートされているときは「△」や「▽」となります。

自動的に生成されるフィールド一覧

英語表記の住所を検索

英表記住所」フィールドが ON のレコードを素早く検索します。検索の対象はすべてのレコードか対象レコードです。

英語表記の住所を検索するには(メニューから検索)

メニューから「英表記住所を検索…」を除外を実行します。検索レイアウトや設定レイアウトでは実行できません。

英語表記の住所を検索するには(ボタンで検索)

  1. リストや印刷詳細レイアウトを表示します。
  2. 画面上部にある [英住所検索…|除外] ボタンの [英住所検索…] をクリックします。

ボタンの文字色が青のものは、該当するレコードが存在することを表しています。

ボタンの文字色がグレーのものは、該当するレコードが存在しないことを表しています。クリックしても検索は行われません。

参考)[英住所検索…|除外] ボタンの [除外] は、対象レコードから英語表記の住所のレコードを除外します。

設定: 郵便番号DBの住所を転載するとき

郵便番号データベースを使って住所を転載するときの設定を行います。

全角文字(英数字、記号、スペース)を半角に変換する

郵便番号データベースを使って住所を入力する際に適用されます。チェックボックスをクリックして ON/OFF を切り替えます。ON/OFF での状態は以下のとおりです。

  • ON ← Win/Mac 初期値
    住所データに、全角英数字、全角記号、全角スペースがある場合は、それぞれを半角に変換してから転載します。大口事業所の住所の場合は、番地データ内のハイフンも半角に変換します。
    例)住所に全角英数字がある場合の変換例
    A棟 → A棟
    1区 → 1区
    1丁目2-2 → 1丁目2-2
  • OFF
    郵便番号データベースの住所データをそのまま使用します。住所データ内の英数字や番地データ内のハイフンは、オリジナルデータのとおり全角のまま転載します。

関連ページ

設定: 郵便番号DBで住所を検索するとき

郵便番号データベースを使って住所を検索するときの設定を行います。

日本語読みの曖昧検索を有効にする

曖昧検索を有効にすると、ひらがなとカタカナ、濁点と半濁点と濁点なし、促音や拗音を小書き表記したものと小書き表記しないものをそれぞれ区別しません。

  • ON
    日本語読みの曖昧検索を有効にします。
  • OFF ← Win/Mac 初期値
    日本語読みの曖昧検索を無効にします。

関連ページ

郵便番号データベースの検索結果を転載

郵便番号データベースの検索結果を現在のレコードの該当フィールドに転載することができます。

郵便番号データベースのデータを転載するには

  1. 郵便番号データベースから転載するデータを検索します。郵便番号データベースを開いて検索するか、カードや印刷詳細レイアウトからの [所属] または [〒] マークから検索を実行します。
  2. 郵便番号データベースのリストレイアウトに検索結果が表示されます。郵便番号データにはそれぞれ、[〒] 、[住所]、[事業所名]、[すべて] などの転載ボタンがあります。
    1. [〒] をクリックすると郵便番号のみが転載されます。
    2. [住所] をクリックすると住所のみが転載されます。
    3. [事業所名] をクリックすると事業所名のみが転載されます。※
    4. [すべて] をクリックすると郵便番号、住所、事業所名(データがある場合)が転載されます。
  3. 転載するデータを選び、該当するボタンをクリックします。

※事業所名が含まれない場合は、ボタンの文字色が薄いグレーで表示されます。この場合、クリックしてもデータは転載されません。