郵便番号データベースの特長

郵便番号データベースの検索方法は、シンプルな1ボタン方式です。住所→郵便番号、郵便番号→住所の検索は、カードレイアウトの [〒] マークをクリックするだけです。事業所名から検索する場合は、カードレイアウトの [所属] ラベルをクリックします。

[〒] マークをクリックすると

郵便番号欄に入力値があればその値で検索します。都道府県以降の欄(建物名除く)に入力値があれば、それらを連結した値で検索します。郵便番号と住所欄の両方に入力値がある場合は、どちらの値で検索するかを問うダイアログが開きます。 郵便番号と住所欄に何も入力されていなければ、郵便番号データベースの検索画面を開きます。

[所属] ラベルをクリックすると

所属欄に入力値があればその値で検索します。所属欄に何も入力されていなければ、郵便番号データベースの検索画面を開きます。

住所フィールドの記入方法に左右されない検索

都道府県~番地の欄の入力値を連結した値で検索しますので、住所欄の記入方法に左右されない仕様となっています。以下の記入例はすべて同じ結果が得られます。その他、都道府県フィールドなどに、住所のキーワードを空欄で区切って入力しても検索可能です。

  • 都道府県、市区町村、町域、番地、建物名に分けて記載している場合
  • 都道府県の欄にすべての住所を連結して記載している場合
  • 住所フィールドの特定の欄を除外している場合

住所からの検索

  • 漢字または住所のよみ(ひらがな)で検索可能
  • 住所の一部でも検索可能
  • 住所に含まれる「が、ガ、ヵ、ケ、ヶ」は、いずれの表記でも検索可能
  • 住所に含まれる「つ、っ、ツ、ッ」は、いずれの表記でも検索可能
  • 住所に含まれる「之、の、ノ」は、いずれの表記でも検索可能
  • 住所に含まれる「大字、字」は省略して検索可能
  • アラビア数字(全角/半角)でも漢数字(単位あり/なし)でも検索可能
    例)北20条、北20条、北二十条、北二〇条

郵便番号からの検索

  • ハイフンは付けても付けなくても検索可能
  • 1~7桁に対応
  • 郵便番号の半角、全角は問いません

事業所名からの検索

  • 法人格は省略して検索可能

データの転載

  • 検索方法に関係なく、郵便番号、住所、事業所名を個別に転載指定するこも、それらすべてを一括して転載することも可能
  • 住所に全角英数字がある場合は半角英数字に変換可能(設定画面で選択可)
  • 大口事業所名に全角英数字がある場合は半角英数字に変換可能(設定画面で選択可)
  • 法人格と事業所名の間の空欄を詰めたり、事業所名に含まれる全角スペースを半角スペースに変換することが可能
    例)株式会社 ○○ 本店 → 株式会社○○ 本店

その他の特長

  • 同一郵便番号の2つ以上のレコードの内容を併合するなど、より正確な候補を表示できるよう配慮しています。
  • 郵便番号は町域を基に設定されていますが、町域内の一部の地域や番地を除くなどの例外もあります。PowerAddress 郵便番号データベースは、このような例外にも対応しています。
  • 丁目や番地を考慮した処理 ユーザが入力した住所内の数字に注意を払っています。数字の意味が、丁目か番地で郵便番号が変わる場合があるからです。このような場合、両方の候補を表示するなどして対処しています。

※京都の通り名について

京都府は通り名を除いた町名に郵便番号を設定しています。住所から郵便番号を検索する際は、通り名を除いて検索してください。例えば、「京都市上京区今出川通常福寺西入2町目東上善寺町」の場合は「京都市上京区東上善寺町」で検索します。一部のデータは通り名が入っていても正しく検索できますが、意図しない検索結果が表示された場合は、通り名を除いた住所で再検索してください。

郵便番号データベースの使い方

郵便番号と住所の相互変換、大口事業所の検索

郵便番号データベースは、日本郵便株式会社編の全国約12万件の郵便番号データと約2万件の大口事業所データを PowerAddress 用に最適化したものです。郵便番号検索、住所の一部からの検索、ひらがなでの検索、事業所名からの検索などを使って、住所データを簡単に入力することができます。

郵便番号データベースを使用するには、PowerAddress フォルダ内に zipcode ファイルが保存されている必要があります。また、「設定> 郵便番号DB」画面で [郵便番号データベースを使う] が ON になっている必要もあります。郵便番号データベースの特長は以下のページをご覧ください。

郵便番号データベースは、カードや印刷詳細レイアウトに配置されている [〒] ラベルか [所属] ラベルをクリックすると検索処理が起動します。スクリプトメニューから「郵便番号データベースを開く」を選択して開くこともできます。

郵便番号データベースを使うと、住所の入力が簡単に行えます。郵便番号データベースの検索および住所の入力方法の詳細は、以下の各ページをご覧ください。

郵便番号データベースを使って入力すると、郵便番号は半角のハイフン有りの形式に、住所や事業所名は日本郵便の郵便番号データベースに沿った形式となり、住所に関連する表記を一定の形式に揃えることができます。

関連ページ

項目: 自宅_郵便番号から建物名等

自宅住所の郵便番号から建物名までを連結したフィールドです。[自宅_郵便番号]、[自宅_都道府県]、[自宅_市区町村]、[自宅_町域]、[自宅_番地]、[自宅_建物名等] フィールドを基に自動生成されます。番地と建物名の間には半角スペースを挿入します。このフィールドへの入力及びインポートはできません。[英表記住所] が ON の場合は、英語表記用の並びに変換され [自宅_国名] が付加されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 一覧
  • カード > Memo
  • 印刷 > リスト(詳細画面)
  • 印刷 > カード(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

なし

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 自宅_郵便番号から建物名等

項目: 所属_郵便番号から建物名等

所属住所の郵便番号から建物名までを連結したフィールドです。[所属_郵便番号]、[所属_都道府県]、[所属_市区町村]、[所属_町域]、[所属_番地]、[所属_建物名等] フィールドを基に自動生成されます。番地と建物名の間には半角スペースを挿入します。このフィールドへの入力及びインポートはできません。[英表記住所] が ON の場合は、英語表記用の並びに変換され [所属_国名] が付加されます。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 一覧
  • カード > Memo
  • 印刷 > リスト(詳細画面)
  • 印刷 > カード(詳細画面)

レイアウト上のフィールドラベル

なし

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 所属_郵便番号から建物名等

項目: 自宅_郵便番号

自宅住所の郵便番号を入力するフィールドです。半角での入力を推奨します。[設定> 郵便番号DB] レイアウトの「郵便番号データベースを使う」が選択されている場合は、カードや印刷詳細レイアウトの「〒」ラベルは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号~番地が空のときに「〒」ラベルをクリックすると、郵便番号の検索ウインドウが開きます。郵便番号に入力値があるときに「〒」ラベルをクリックすると、郵便番号の検索結果が表示されます。郵便番号が空で、都道府県~番地に入力値があれば、住所の検索結果が表示されます。郵便番号と都道府県~番地の両方に入力値がある場合は、どちらの値で検索するかを問うダイアログが開きます。

このフィールドは、以下の自動的に生成されるフィールドの構成要素の一つです。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 自宅住所
  • リスト > 一覧
  • カード > Simple
  • カード > Full
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

リスト印刷とカード印刷の画面には「自宅_郵便番号」のフィールドは配置されていませんが、印刷用の「自宅住所」の欄に郵便番号を含む連結住所が表示されます。

レイアウト上のフィールドラベル

  • 日本国内表記のとき:〒、英語表記のとき:Zip

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 自宅_郵便番号

項目: 所属_郵便番号

所属住所の郵便番号を入力するフィールドです。半角での入力を推奨します。[設定> 郵便番号DB] レイアウトの「郵便番号データベースを使う」が選択されている場合は、カードや印刷詳細レイアウトの「〒」ラベルは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号~番地が空のときに「〒」ラベルをクリックすると、郵便番号の検索ウインドウが開きます。郵便番号に入力値があるときに「〒」ラベルをクリックすると、郵便番号の検索結果が表示されます。郵便番号が空で、都道府県~番地に入力値があれば、住所の検索結果が表示されます。郵便番号と都道府県~番地の両方に入力値がある場合は、どちらの値で検索するかを問うダイアログが開きます。

このフィールドは、以下の自動的に生成されるフィールドの構成要素の一つです。

フィールドを配置しているレイアウト

  • リスト > 所属住所
  • リスト > 一覧
  • カード > Simple
  • カード > Full
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)

リスト印刷とカード印刷の画面には「所属_郵便番号」のフィールドは配置されていませんが、印刷用の「所属住所」の欄に郵便番号を含む連結住所が表示されます。

レイアウト上のフィールドラベル

  • 日本国内表記のとき:〒、英語表記のとき:Zip

インポート/エクスポート時のフィールド名

  • 所属_郵便番号

設定画面

設定用のレイアウト

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。メニュータブの下には、レイアウトを切り替えるためのサブメニューを配置しています。以下は各レイアウトの概要です。

一般

ソフトウェア全般の挙動を設定します。起動時に開くレイアウト、レイアウトの切り替え方、ウインドウサイズの調整方法、フィールド内容の最適化方法など、ソフトウェアを利用する上での基本事項を設定します。設定値や住所録をバックアップすることもできます。

カラー

カラーラベルの色を設定します。カラーラベルとは、「性別」または「カテゴリ」に基づきレコードを色分けする情報フィールドです。リストレイアウトの左から2列目と、カードレイアウトの表示名欄に配置しています。

カスタムメモ

カスタムメモ1~8の項目名を設定します。カスタムメモ1~4はテキスト形式のメモ、カスタムメモ5~8はポップアップ形式のメモです。カスタムメモは、「リスト> メモ」レイアウトや、カードレイアウトに配置しています。項目名は任意の値を設定することができます。

地図

地図検索サイトに関する諸設定を行います。あらかじめ地図検索サイト1には「Google マップ」の URL が、地図検索サイト2には 「Yahoo!地図」の URL が設定されています。地図検索サイト3は空欄になっていますので、任意の地図検索サイトの URL などを設定することができます。

カードレイアウトなどにある [Map] ボタンをクリックすると、既定のブラウザが起動し、ここで設定した地図検索サイトが表示されます。

郵便番号DB

郵便番号データベースに関する諸設定を行います。郵便番号データベースの使用/不使用、郵便番号データベースから住所や大口事業所名を転載する際の諸設定が行えます。

郵便番号データベースは、カードレイアウトなどにある [所属] ラベルボタンや [〒] ラベルボタンをクリックすると起動します。その他、スクリプトメニューからも開くことができます。

検索

検索に関する諸設定を行います。横断検索時の曖昧検索設定、検索結果の表示方法、検索をキャンセルしたときの挙動などを設定することができます。

データ移行

拡張タイプのインポートおよびエクスポートに関する諸設定を行います。メニュータブの下には、レイアウトを切り替えるためのサブメニューを配置しています。設定可能なファイルタイプは、vCard、Windows アドレス帳 CSV、Google Gmail 連絡先 CSV です。

印刷

印刷に関する諸設定を行います。メニュータブの下には、レイアウトを切り替えるためのサブメニューを配置しています。印刷の一般設定、はがきの詳細設定、封筒とラベルの詳細設定、差出人情報の設定などが行えます。

セキュリティ

住所録ファイルのパスワード設定を行います。住所録ファイルとは、PowerAddress フォルダ内にある data ファイルのことです。お客様が入力した住所録データはこのファイルに保存されます。

ライセンス

ライセンス情報の管理を行います。ライセンスキーを購入した際に使用します。

に投稿

Win/Mac アプリ版 v3.0.1 をリリース

PowerAddress 3.0.1 for Windows、PowerAddress 3.0.1 for Macintosh をリリースしました。v3.0 ご登録ユーザ様は無償でご利用いただけます。v3.0.1 では、いくつかの問題を修正したほか、郵便番号データベースを 200/09/30版に更新しています。

お知らせ

v3.x は 2012/11/30 にサポートを終了しました。たくさんのダウンロード、誠にありがとうございます。