PowerAddress フォルダとは

PA フォルダ

PowerAddress をダウンロードして展開またはコピーすると、PowerAddress Win 5.1、PowerAddress Mac 5.1、PowerAddress 5.1 などのフォルダが現れます。このフォルダのことを便宜上、単に「PowerAddress フォルダ」と呼びます。バージョン毎のフォルダ名は以下のとおりです。

バージョン動作環境実際のフォルダ名
v5.1Win アプリ版PowerAddress Win 5.1
Mac アプリ版PowerAddress Mac 5.1
FileMaker 版PowerAddress 5.1
v4.9Win アプリ版PowerAddress RT 4.9
Mac アプリ版PowerAddress RT 4.9
FileMaker 版PowerAddress FM 4.9
v4.8.2Win アプリ版PowerAddress RT 4.8.2
Mac アプリ版PowerAddress RT 4.8.2
FileMaker 版PowerAddress FM 4.8.2

PowerAddress フォルダ内には、メインファイル(main)、住所録ファイル(data)、郵便番号データベース(zipcode)、その他の関連ファイルが含まれています。Win/Mac アプリ版の場合は、それらに加えて実行ファイル(Win 版は PowerAddress.exe、Mac 版は PowerAddress.app)が追加されます。PowerAddress フォルダは、住所録データベースの一つの単位と言ってもよいでしょう。ファイル構成の詳細は「ファイル構成」をご覧ください。

PowerAddress を起動(アプリ版は実行ファイルを、FileMaker 版は main をダブルクリック)すると、同一階層にある住所録ファイルが参照されます。PowerAddress は、PowerAddress フォルダ単位で独立して動作します。これにより、任意の場所への設置(展開またはコピー)、複数の PowerAddress の設置、複数の PowerAddress の並列起動などが可能です。

PowerAddress フォルダの名称は自由に変更できます。複数設置する場合は、「PA 5.1 個人用」や「PA 5.1 仕事用」などとするとわかりやすいでしょう。PowerAddress フォルダ毎の移動も可能です。

基本的な用語

用語

PowerAddress を使う上での基本的な用語についてご説明します。

インスタント Web 公開とは

Instant Web Publishing (IWP)

v4.9 と FileMaker Pro 12 環境でのみご利用いただけます。データベースを Web 上に公開し、ネット上の複数のユーザーが Web ブラウザを使ってデータベースを操作する技術です。Web ブラウザ上で、データの閲覧、入力、検索、ソートなどが行えます。v5.0 からは WebDirect に変わりました。

Web ブラウザでの操作のため、使える機能や操作方法にいくつかの制限はありますが、接続数 5 以内であれば、FileMaker Pro 12 一つで手軽に共有することができます。

関連ページ

WebDirect とは

FileMaker WebDirect

v5.0 から FileMaker WebDirect(ファイルメーカー ウェブダイレクト)に対応しました。ご利用には、v5.0 と FileMaker 16 以降の環境が必要です。FileMaker WebDirect は、PC または AWS などの Cloud 上の FileMaker Server でデータベースを公開し、ネット上の複数のユーザーが Web ブラウザを使ってデータベースを操作する技術です。Web ブラウザ上で、データの閲覧、入力、検索、ソートなどが行えます。WebDirect は、FileMaker 12 のインスタント Web 公開の後継機能です。

Web ブラウザでの操作のため、使える機能や操作方法にいくつかの制限はあります。v5.0 では印刷レイアウトもそのまま表示できますが、リスト印刷とカード印刷のみをサポートいたします。

関連ページ

フィールドとは

項目、入力欄

姓、名、郵便番号、都道府県、電話番号など、個々の情報を入力する欄を「フィールド」と呼びます。「項目」や「入力欄」と呼ぶこともあります。エクセルなどの表計算ソフトで言うと、個々の「セル」にあたります。PowerAddress のフィールドは、以下の3種類に大別されます。

フィールドのタイプは、テキスト、数字、日付、オブジェクト、計算の4種類があります。入力および編集可能なフィールドのほとんどは、テキストタイプのフィールドです。フィールドのタイプにより、検索方法やソート結果が若干異なります。

フィールドの表示形式は、編集ボックス、ポップアップメニュー、ドロップダウンリスト、チェックボックス、ドロップダウンカレンダーなどがあります。入力および編集可能なフィールドのほとんどは、編集ボックス形式で表示しています。フィールドのタイプ別の特徴や保存容量などは「フィールドの種類」をご覧ください。

関連ページ

以下のページには、フィールド名の一覧とサンプルレコードを CSV、Excel、FileMaker 形式のファイルにまとめたものがあります。CSV やエクセルファイルをインポートする際にご利用ください。インポート前に PA 用のフィールド名に編集しておけば、互いのフィールドの位置合わせが自動で行えます。

エクスポートとは

書き出し、保存

住所録データなどを任意のファイル形式で書き出すことを「エクスポートする」などと言います。他のソフトでは、「書き出し…」、「書き出す…」などと言うことがあります。

エクスポートは、住所録データを任意のファイル形式で保存したいときや、他のソフトやウェブサービスに住所録データを移行したいときに実行します。

エクスポートするには、エクスポート画面を表示し、ファイルタイプに応じた [エクスポート…] ボタンをクリックします。[住所録をバックアップ…] ボタンを使って、すべてのレコードを簡単にエクスポートすることもできます。

関連ページ

インポートとは

取り込み、読み込み

指定したファイルまたはデータソースから住所録データなどを取り込むことを「インポートする」などと言います。他のソフトでは、「取り込み…」、「読み込み…」、「読み込む…」などと言うことがあります。

インポートは、住所録データを任意のファイルから取り込みたいときや、他のソフトやウェブサービスから住所録データを移行したいときに実行します。

インポートするには、インポート画面を表示し、ファイルタイプに応じた [インポート…] ボタンをクリックします。

関連ページ

コンテキストメニュー (ショートカットメニュー) とは

右クリックしたときのメニュー

右クリックしたときに表示されるメニューです。Mac では、右クリックのことを「副ボタンのクリック」と呼ぶことがあります。2ボタン以上のマウスであれば、副ボタンのクリックを右ボタンに割り当てておくとよいでしょう。1ボタンのマウスであれば、control キーを押しながらクリックします。トラックパッドであれば、2本指でのタップを設定することもできます。

関連ページ