基本的な使い方 (v5.1)

基本的な使い方をご説明します。詳細は以下のページを参照してください。

ヘルプ
https://poweraddress.jp/help/

参考)基本的な用語

フィールド  :姓、名、電話番号など、個々の情報を入力する欄
レコード   :一人分のフィールドの集まり、1レコードは一人分のデータ
現在のレコード:現在選択中または表示中の1レコード
対象レコード :検索や除外などで編成した現在表示中の複数のレコード
レイアウト  :ソフトの画面

レイアウトの切り替え

アプリケーションウィンドウ内のメニュータブ、サブメニュー、ボタン、アイコンなどをクリックして切り替えます。主なレイアウトは以下のとおりです。

リスト

複数のレコードを表示するレイアウトです。表示項目固定の8種類のリストと、個々のデータ項目を編集できる一覧表があります。

カード

個々のレコードを表示するレイアウトです。詳しい情報の入力および表示用に3種類のレイアウトがあります。

検索

レコード内のフィールドを横断検索するレイアウトと、3種類のカードに対応した検索レイアウトがあります。

インポート

指定されたファイルまたはデータソースからレコードをインポート(取り込み)するレイアウトです。

エクスポート

指定されたファイルにレコードをエクスポート(書き出し)するレイアウトです。バックアップや Mac の連絡先を更新するボタンも配置しています。

印刷

名簿印刷、はがき/封筒/ラベルへの宛名印刷を行うレイアウトです。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

メール

電子メールを作成し、メールソフト経由での送信を行うレイアウトです。

設定

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。

レコードの基本操作について

レコードの新規追加、複製、削除など基本操作は、レイアウト上にあるボタンをクリックして行います。主な操作ボタンは以下のとおりです。

新規

レコードを新規追加します。

複製

現在のレコードを複製します。

検索

カード検索レイアウトを開きます。

削除…

現在のレコードを削除します。対象レコードをすべて削除することもできます。

対象外…

指定したレコードを対象レコードから除外(一時的に非表示)します。複数のレコードを除外する場合は、現在のレコードを起点に除外数を指定します。現在のレコード以降のすべてを除外したい場合は、適当な大きな数字(1000件の対象レコードがある場合は9999など)を指定して除外します。

対象入替

対象レコードと除外したレコード(一時的に非表示にしたレコード)を入れ替えて表示します。

すべて表示

すべてのレコードを表示します。

データの入力

入力したいフィールドをクリックすると入力可能状態になります。Tab キーや return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

データの確定について

フィールドに入力された値は、データが確定された後に自動的に保存されます。データは、次のいずれかの操作を行った時点で確定されます。

  • 他のレコードを選択する
  • 現在のフィールド以外の場所をクリックする
  • Windows の場合、テンキーの Enter、または Ctrl+Enter を押す
  • Mac の場合、enter キーを押す

住所の入力について

住所欄は、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名の6つに分かれています。必ずしもこの分割方法を強要するものではありませんが、分割して入力しておけば、以下のような住所データが自動的に生成されます。

  • 郵便番号〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜番地の連結データ(2分割向け)
  • 市区町村〜町域の連結データ(3分割または4分割向け)
  • 町域〜建物名の連結データ(3分割向け)
  • 町域〜番地の連結データ(4分割向け)
  • 番地〜建物名等の連結データ(3分割または4分割向け)

これらのデータは、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名とともに、自由に組み合わせてエクスポートすることができます。これにより、一度入力した住所データを任意の形式で再利用することができます。

住所の分割数や表示方法が異なるファイル形式(vCard、Windows アドレス帳 CSV、Yahoo!アドレスブック CSV、Google Gmail 連絡先 CSV)にエクスポートする際は、対応する項目が自動的に割り当てられます。住所の分割数を意識したり、エクスポート後に別途編集する必要はありません。

郵便番号データベースについて

カードまたは印刷画面に配置している [所属] ラベルと住所欄の [〒] マークは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号データベースを起動すると、対応したフィールドの内容で郵便番号データベースを検索し、候補がある場合はそのリストを表示します。

候補の中から転載データに対応したボタン([〒]、[住所]、[事業所名]、[すべて])をクリックすると、該当するフィールドへデータが転載されます。

検索について

姓名の先頭文字で検索する「クイック検索」、データ項目を指定して検索する「カード検索」、複数のデータ項目を横断的に検索する「横断検索」の3種類の検索方法があります。

クイック検索

リストや印刷詳細レイアウトの画面上部にある [あ]、[か]、[さ] などのボタンをクリックして検索します。姓名の先頭文字や、マークの有無、英住所の検索および除外などを素早く検索できます。姓名の先頭文字から検索する場合は、あらかじめ姓名のふりがなが設定されている必要があります。

カード検索

データ項目を指定して検索します。リスト、カード、インポート、エクスポート、印刷レイアウトにある [検索] ボタンをクリックするか、検索レイアウトのサブメニュー(Simple、Full、Memo)から移行すると、カード検索レイアウトが表示されます。検索対象のフィールドにキーワードを入力し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

横断検索

複数のデータ項目を横断的に検索します。検索レイアウトのサブメニューから [横断検索] を選び、検索したいキーワードを入力すると、すべてのフィールドを対象に検索が行われます。

印刷について

名簿印刷、はがき/長封筒/洋封筒/ラベルへの宛名印刷が行えます。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

現在のレコードを1件だけ印刷する場合は、スクリプトメニューから「現在のレコードのみ表示」などを実行してあらかじめ対象レコードを1件にするか、プリントダイアログで「現在のレコード」を指定します。

対象レコードを一括して印刷する場合は、プリントダイアログで「対象レコード」を指定します。

ラベル印刷時は、印刷前に表示されるレイアウトで「現在のレコード」、「対象レコード」、「現在のレコードを繰り返し印刷」の中から選択して印刷します。

電子メールの作成と送信について

メール画面を使うと、メールソフト経由でのメール送信が簡単に行えます。メールソフトの挙動設定で [ダイアログなしで実行] を OFF にしておけば、メールを送信する前に内容を確認することができます。より複雑な処理は、FileMaker 版をご利用ください。

レコードの状態表示

リスト/カード/印刷レイアウトの画面右上には、レコードの状態を示す情報が表示されています。

番号

対象レコードの中で、現在のレコードが何番目にあるかを表示します。対象レコードをソートすると番号も変わります。

対象

対象レコードの数を表示します。

総数

全レコードの数を表示します。

順序

対象レコードのソート状態を表示します。ソート名の前の記号「▲」は昇順、「▼」は降順を表しています。ソート後、レコードが新規追加または複製され、対象レコードが部分的にソートされているときは「△」や「▽」となります。

起動/終了方法 (v5.1)

起動方法

Windows アプリ版、Mac アプリ版:
PowerAddress フォルダ内の PowerAddress をダブルクリックします。

FileMaker 版:
PowerAddress フォルダ内の main をダブルクリックするか、FileMaker のファイルメニューなどから main を選択して開きます。

終了方法

Windows アプリ版、Mac アプリ版:
メニュータブの [Quit] をクリックするか、ファイルメニューから [終了] を選択します。

FileMaker 版:
メニュータブの [Quit] をクリックするか、FileMaker のファイルメニューから [閉じる] を選択します。

ファイルメニューに「保存」がない?

レコードの編集内容は自動的に保存されます

Q. 質問

ファイルメニューに「保存」がありません。ライセンスキーを購入すると保存できるのですか?

A. 回答

ファイルメニューには「保存」はありません。レコードの編集内容は自動的に保存されます。テキストエディタや表計算ソフトのような保存操作は不要です。編集した住所録データは、PowerAddress フォルダ内の住所録ファイル(data)に保存されます。このファイルを不用意に上書きしたり削除しないようご注意ください。

住所録データを任意のファイル形式で保存したい場合は、エクスポート(書き出し)機能をご利用ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ

ポップアップメニューの内容は変更できる?

用途に応じて自由に変更可能

Q. 質問

カテゴリ、メモ1〜8の項目名、メモ5〜8のメモ内容など、メニューの内容(項目)は変更できますか?

A. 回答

はい、用途に応じて自由に変更することができます。変更するには、メニューの下にある [編集…] を選択します。編集ダイアログが表示されますので、項目の順番を変えたり、新たな項目を追加したり、不要な項目を削除したりすることができます。”-” は、メニュー内の区切り線になります。変更可能なメニューは以下のとおりです。

性別メニューの編集について

性別とカラーラベル(表示名の背景色)を連動したい場合は、男性であれば、”Male”、”男性”、”男”、”♂” のいずれか、女性であれば、”Female”、”女性”、”女”、”♀” のいずれかである必要があります。”男の子”、 “男子”、”女の子” や “女子” などはグレー表示のままになります。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

基本的な使い方 (v5.0)

基本的な使い方をご説明します。詳細は以下のページを参照してください。

ヘルプ
https://poweraddress.jp/help/

参考)基本的な用語

フィールド:姓、名、電話番号など、個々の情報を入力する欄
レコード:一人分のフィールドの集まり、1レコードは一人分のデータ
現在のレコード:現在選択中または表示中の1レコード
対象レコード:検索や除外などで編成した現在表示中の複数のレコード
レイアウト:ソフトの画面

レイアウトの切り替え

アプリケーションウィンドウ内のメニュータブ、サブメニュー、ボタン、アイコンなどをクリックして切り替えます。主なレイアウトは以下のとおりです。

リスト

複数のレコードを表示するレイアウトです。表示項目固定の8種類のリストと、個々のデータ項目を編集できる一覧表があります。

カード

個々のレコードを表示するレイアウトです。詳しい情報の入力および表示用に3種類のレイアウトがあります。

検索

レコード内のフィールドを横断検索するレイアウトと、3種類のカードに対応した検索レイアウトがあります。

インポート

指定されたファイルまたはデータソースからレコードをインポート(取り込み)するレイアウトです。

エクスポート

指定されたファイルにレコードをエクスポート(書き出し)するレイアウトです。バックアップや Mac の連絡先を更新するボタンも配置しています。

印刷

名簿印刷、はがき/封筒/ラベルへの宛名印刷を行うレイアウトです。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

メール

電子メールを作成し、メールソフト経由での送信を行うレイアウトです。

設定

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。

レコードの基本操作について

レコードの新規追加、複製、削除など基本操作は、レイアウト上にあるボタンをクリックして行います。主な操作ボタンは以下のとおりです。

新規

レコードを新規追加します。

複製

現在のレコードを複製します。

検索

カード検索レイアウトを開きます。

削除…

現在のレコードを削除します。対象レコードをすべて削除することもできます。

対象外…

指定したレコードを対象レコードから除外(一時的に非表示)します。複数のレコードを除外する場合は、現在のレコードを起点に除外数を指定します。現 在のレコード以降のすべてを除外したい場合は、適当な大きな数字(1000件の対象レコードがある場合は9999など)を指定して除外します。

対象入替

対象レコードと除外したレコード(一時的に非表示にしたレコード)を入れ替えて表示します。

すべて表示

すべてのレコードを表示します。

データの入力

入力したいフィールドをクリックすると入力可能状態になります。Tab キーや return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

データの確定について

フィールドに入力された値は、データが確定された後に自動的に保存されます。データは、次のいずれかの操作を行った時点で確定されます。

  • 他のレコードを選択する
  • 現在のフィールド以外の場所をクリックする
  • Windows の場合、テンキーの Enter、または Ctrl+Enter を押す
  • Mac の場合、enter キーを押す

住所の入力について

住所欄は、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名の6つに分かれています。必ずしもこの分割方法を強要するものではありませんが、分割して入力しておけば、以下のような住所データが自動的に生成されます。

  • 郵便番号〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜建物名の連結データ
  • 都道府県〜番地の連結データ(2分割向け)
  • 市区町村〜町域の連結データ(3分割または4分割向け)
  • 町域〜建物名の連結データ(3分割向け)
  • 町域〜番地の連結データ(4分割向け)
  • 番地〜建物名等の連結データ(3分割または4分割向け)

これらのデータは、郵便番号、都道府県、市区町村、町域、番地、建物名とともに、自由に組み合わせてエクスポートすることができます。これにより、一度入力した住所データを任意の形式で再利用することができます。

住所の分割数や表示方法が異なるファイル形式(vCard、Windows アドレス帳 CSV、Yahoo!アドレスブック CSV、Google Gmail 連絡先 CSV)にエクスポートする際は、対応する項目が自動的に割り当てられます。住所の分割数を意識したり、エクスポート後に別途編集する必要はありません。

郵便番号データベースについて

カードまたは印刷画面に配置している [所属] ラベルと住所欄の [〒] マークは、郵便番号データベースの起動ボタンとして機能します。

郵便番号データベースを起動すると、対応したフィールドの内容で郵便番号データベースを検索し、候補がある場合はそのリストを表示します。

候補の中から転載データに対応したボタン([〒]、[住所]、[事業所名]、[すべて]) をクリックすると、該当するフィールドへデータが転載されます。

検索について

姓名の先頭文字で検索する「クイック検索」、データ項目を指定して検索する「カード検索」、複数のデータ項目を横断的に検索する「横断検索」の3種類の検索方法があります。

クイック検索

リストや印刷詳細レイアウトの画面上部にある [あ]、[か]、[さ] などのボタンをクリックして検索します。姓名の先頭文字や、マークの有無、英住所の検索および除外などを素早く検索できます。姓名の先頭文字から検索する場合は、あらかじめ姓名のふりがなが設定されている必要があります。

カード検索

データ項目を指定して検索します。リスト、カード、インポート、エクスポート、印刷レイアウトにある [検索] ボタンをクリックするか、検索レイアウトのサブメニュー(Simple、Full、Memo)から移行すると、カード検索レイアウトが表示されます。検索対象のフィールドにキーワードを入力し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

横断検索

複数のデータ項目を横断的に検索します。検索レイアウトのサブメニューから [横断検索] を選び、検索したいキーワードを入力すると、すべてのフィールドを対象に検索が行われます。

印刷について

名簿印刷、はがき/長封筒/洋封筒/ラベルへの宛名印刷が行えます。用紙アイコンをクリックすると、印刷の詳細レイアウトが表示されます。

現在のレコードを1件だけ印刷する場合は、スクリプトメニューから「現在のレコードのみ表示」などを実行してあらかじめ対象レコードを1件にするか、プリントダイアログで「現在のレコード」を指定します。

対象レコードを一括して印刷する場合は、プリントダイアログで「対象レコード」を指定します。

ラベル印刷時は、印刷前に表示されるレイアウトで「現在のレコード」、「対象レコード」、「現在のレコードを繰り返し印刷」の中から選択して印刷します。

電子メールの作成と送信について

メール画面を使うと、メールソフト経由でのメール送信が簡単に行えます。メ ールソフトの挙動設定で [ダイアログなしで実行] を OFF にしておけば、メールを送信する前に内容を確認することができます。より複雑な処理は、FileMaker 版をご利用ください。

レコードの状態表示

リスト/カード/印刷レイアウトの画面右上には、レコードの状態を示す情報が表示されています。

番号

対象レコードの中で、現在のレコードが何番目にあるかを表示します。対象レコードをソートすると番号も変わります。

対象

対象レコードの数を表示します。

総数

全レコードの数を表示します。

順序

対象レコードのソート状態を表示します。ソート名の前の記号「▲」は昇順、「▼」は降順を表しています。ソート後、レコードが新規追加または複製され、対象レコードが部分的にソートされているときは「△」や「▽」となります。

起動/終了方法 (v5.0)

起動方法

Windows アプリ版、Mac アプリ版:
PowerAddress フォルダ内の PowerAddress をダブルクリックします。

FileMaker 版:
PowerAddress フォルダ内の main をダブルクリックするか、FileMaker のフ ァイルメニューなどから main を選択して開きます。

終了方法

Windows アプリ版、Mac アプリ版:
メニュータブの [Quit] をクリックするか、ファイルメニューから [終了] を選択 します。

FileMaker 版:
メニュータブの [Quit] をクリックするか、FileMaker のファイルメニューから [閉じる] を選択します。

[レコード] メニュー

[レコード] メニューの主なコマンドについて説明します。いくつかの項目はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)やレイアウト上のボタンからも使用できます。

[新規レコード]

レコードを新規作成します。レイアウト上の [新規] ボタンと同じ働きをします。

[レコード複製]

現在のレコードを複製します。レイアウト上の [複製] ボタンと同じ働きをします。

[レコード削除…]

現在のレコードを削除します。レイアウト上の [削除…] ボタンの後の [このレコード] をクリックしたときと同じ働きをします。

[全レコード削除…] / [対象レコード削除…]

全レコードまたは対象レコードを削除します。全レコードを表示しているときは [全レコード削除…] が表示されます。対象レコードを表示しているときは [対象レコード削除…] が表示されます。いずれのコマンドも、レイアウト上の [削除…] ボタンの後の [対象レコード] をクリックしたときと同じ働きをします。

[全レコードを表示]

すべてのレコードを表示します。レイアウト上の [全て表示] ボタンと同じ働きをします。

[対象外のみを表示]

対象外になっているレコードを表示し、対象レコードを入れ替えます。レイアウト上の [対象入替] ボタンと同じ働きをします。

[レコードを対象外に]

現在のレコードを対象外します。レイアウト上の [対象外…] ボタンの後の [除外] をクリックしたときと同じ働きをします。

[複数レコードを対象外に…]

複数のレコードを対象外します。レイアウト上の [対象外…] ボタンの後の [複数指定…] をクリックしたときと同じ働きをします。

[ソート解除]

現在のソートを解除し、レコードが作成された順に戻します。このコマンドは、リスト、インポート、エクスポート、印刷一覧画面の右上にある「順序」の欄の右側にある [x] ボタンをクリックしたときと同じ働きをします。ソートの状態は、リスト、インポート、エクスポート、印刷一覧画面の右上にある「順序」で確認することができます。

関連ページ

メニュータブとは

画面切り替えのタブボタン

PowerAddress のレイアウトを切り替えるための複数のタブボタンです。main ウインドウの上部にある [リスト]、[カード]、[検索]、[インポート]、[エクスポート]、[印刷]、[メール]、[設定] のタブボタンのことを、まとめて「メニュータブ」と呼びます。

メニュータブは階層化されています。下位メニューは、メニュータブの下に配置されています。カードレイアウトであれば、メニュータブの下の [Simple]、[Full]、[Memo] などが該当します。下位メニューのことを「〜のサブメニュー」と呼ぶことがあります。

[ウインドウ] メニュー

[ウインドウ] メニューの主なコマンドについて説明します。

[新規ウインドウ]

main ウインドウを新たに開きます。ウインドウ毎に異なるレイアウトを表示したり、レコードの検索やソートを独立して行えます。

ウインドウを閉じるには…

Win/Mac アプリ版の場合は、閉じたいウインドウの [Quit] ボタンをクリックします。[Quit] ボタンは、メニュータブの右側にあります。最後のウインドウで [Quit] ボタンをクリックすると PowerAddress が終了します。

FileMaker 版の場合は、閉じたいウインドウを選択(ウインドウ内をクリックして前面に表示した状態)して、ファイルメニューから閉じるを実行するか、ウインドウのタイトルバーにある閉じるボタンをクリックします。

[ウインドウを表示]

隠れたウインドウを表示します。関連ファイルの場合は、それぞれの About 画面を表示します。

[ウインドウを隠す]

ウインドウを隠します。main ウインドウを隠した場合は、[ウインドウを表示] から main を選択します。

[ウインドウを最小化]

ウインドウを最小化します。main ウインドウを最小化した場合は、[ウインドウ] メニューから main を選択します。

関連ページ

[ヘルプ] メニュー

[ヘルプ] メニューの主なコマンドについて説明します。

[FileMaker Pro ヘルプ] (FileMaker 版)

FileMaker Pro のヘルプを開きます。

[ショートカットキー] (FileMaker 版)

FileMaker Pro のヘルプの「リファレンス > キーボードショートカット」のページを開きます。

[リソースセンター] (FileMaker 版)

FileMaker のサイトの「FileMaker リソースセンター」のページを開きます。

[ソフトウェア更新の確認…] (FileMaker 版)

FileMaker Pro のソフトウェア更新の有無を確認します。

[FileMaker Pro の登録] (FileMaker 版)

FileMaker Pro の製品登録ダイアログを開きます。

[FileMaker Pro について…] (FileMaker Windows)

FileMaker Pro の About 画面を表示します。Windows で起動したときに表示されます。Mac では、[FileMaker Pro] メニューに表示されます。

[PowerAddress について…] (Windows)

PowerAddress の About 画面を表示します。この画面は、PowerAddress の起動時にも表示されます。ソフトのバージョン、関連ファイルのバージョン、ライセンス名、登録者名、現在共有中のユーザー数などを確認することができます。ライセンス名については「ライセンス情報の管理」をご覧ください。このコマンドは、Windows で起動したときに表示されます。FileMaker Mac では、[FileMaker Pro] メニューに表示されます。Mac アプリ版では、[PowerAddress] メニューに表示されます。前の画面に戻るには、画面中央の [OK] ボタンをクリックします。

[PowerAddress ヘルプ]

PowerAddress ホームページ内のヘルプを開きます。

[フィードバックを送信…]

デフォルトのメールソフトを起動し、support@powershift.ne.jp 宛てのメールを新規作成します。宛先と件名の例は以下のとおりです。件名はお使いの動作環境をもとに自動的に作成されます。

宛先:support@powershift.ne.jp
件名:[PA フィードバック] RT v5.0, 201801271605, *****, *****

メールの本文は、自由に編集してください。PowerAddress についてのご意見、ご要望、問題点、不満に感じることなど、些細な点でも結構ですのでぜひ皆様の声をお寄せください。いただいたメールは開発責任者がすべてに目を通し、製品の改善や追加機能の検討をさせていただきます。

メールを送信するには、本文を編集後、通常のメール送信と同じようにメールソフトの「送信」ボタンなどをクリックしてください。

[PowerAddress Webページ] (Win/Mac アプリ版)

デフォルトのWebブラウザを起動し、PowerAddress のホームページを開きます。

[PowerAddress 購入方法]

デフォルトのWebブラウザを起動し、PowerAddress の購入説明ページを開きます。

[ユーザー登録、登録内容の変更]

デフォルトのWebブラウザを起動し、PowerAddress のユーザー登録ページを開きます。メールアドレスの変更、お知らせメールの購読変更、その他、住所、TEL、FAXなどの追加や変更は、このページにある「登録内容の変更」をご覧ください。