カード画面の任意の欄を指定して検索するには?

任意のフィールドを検索する方法

Q. 質問

カード画面の任意の欄(フィールド)を指定して検索することはできますか?

A. 回答

はい、簡単に行えます。カード検索の画面をご利用ください。カード検索の画面を表示するには、リストやカード画面内にある [検索] ボタンをクリックするか、検索画面のサブメニュー(Simple、Full、Memo)をクリックします。

リストやカード画面内にある [検索] ボタンをクリックすると、直近に使用したカード画面用の検索画面が表示されます。例えば、直近にカード画面の Simple を使っていた場合は、Simple 用の検索画面が表示されます。カード検索画面は、検索画面のサブメニュー(Simple、Full、Memo)をクリックして自由に切り替えることができます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ

カード検索のオプション

カード検索のオプションについて説明します。

検索方法の指定

次のいずれかの検索方法を指定することができます。検索方法の指定は、カード検索画面の「対象」メニューを使って指定します。

検索オプションを指定しない検索

検索オプションを指定しない場合は、全レコードから条件に合致したレコードが検索されます。

絞り込み検索

検索オプションに「絞り込み」を指定した場合は、対象レコードから条件に合致したレコードを絞り込みます。

拡大検索

検索オプションに「拡大」を指定した場合は、条件に合致したレコードを対象レコードに加え、検索結果の範囲を拡大します。

検索処理全般のオプションを設定するには

オプションを設定するには、「設定> 検索」画面にある以下の各項目をご利用ください。

重複した値を検索

重複した値を検索します。任意の値を指定して検索することもできます。

重複した値をすべて検索するには

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 一つまたは複数の検索対象のフィールドに全角または半角の「!」を入力します。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、表示名が重複しているレコードを検索するには、表示名フィールドに「!」を入力します。「山田 太郎」が2件重複していれば、その2件のレコードが抽出されます。この他に「田中 一郎」が3件重複していれば、「山田 太郎」の2件と「田中 一郎」の3件を合わせた計5件のレコードが抽出されます。

さらに条件を絞って検索することもできます。例えば、表示名が同じ「山田 太郎」でも、会社名や電話番号が異なる「山田 太郎」は、重複したレコードとは見なさないでしょう。表示名の他に会社名や電話番号が重複しているレコードを検索するには、表示名のフィールドの「!」に加え、会社名や電話番号のフィールドにも「!」を入力します。

任意の重複した値を検索するには

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 一つまたは複数の検索対象のフィールドに全角または半角の「!」を入力し、続けて任意の文字列を入力します。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、表示名フィールドに「!山田」と入力すると、「山田 太郎」が2件重複していれば、その2件のレコードが抽出されます。「山田 太郎」の他に「田中 一郎」が3件重複していても「山田 太郎」の2件のレコードだけが抽出されます。

指定した範囲のレコードを検索

指定した範囲のレコードを検索します。

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 検索対象のフィールドをクリックし、範囲指定の演算子を含んだ値を入力します。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、年齢が25歳未満(25歳を含まない)のレコードを検索するには、年齢の欄に「<25」を入力して検索します

年齢が25歳以下(25歳を含む)のレコードを検索するには、年齢の欄に「<=25」を入力して検索します。

年齢が30歳以上(30歳を含む)のレコードを検索するには、年齢の欄に「>=30」を入力して検索します。

年齢が30歳をこえた(30歳を含まない)レコードを検索するには、年齢の欄に「>30」を入力して検索します。

年齢が25歳から30歳までのレコードを検索するには、年齢の欄に「25..30」を入力して検索します。

関連ページ

指定したテキストに完全に一致するレコードを検索

指定したテキストに完全に一致するフィールドを持つレコードを検索します。

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 検索対象のフィールドをクリックし、== を入力してから検索文字列を続けて入力します。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、各レコードの役職フィールドに以下のようなデータがあるとします。

  • レコード1の役職のフィールド:課長
  • レコード2の役職のフィールド:課長補佐
  • レコード3の役職のフィールド:担当課長
  • レコード4の役職のフィールド:○○○ 課長
  • レコード5の役職のフィールド:課長 ○○○
  • レコード6の役職のフィールド:課長(○○○)

この中から「課長」というテキストに完全に一致するフィールドを持つレコードを検索する場合は 、カード検索時に役職フィールドをクリックし、「課長」の前に == を付けて検索します。

検索例)
==課長

上記の検索の場合、以下のレコードが合致します。

  • レコード1の役職のフィールド:課長

役職フィールドが「課長」のレコードだけが検索され、その他の「課長」を含むレコードは除外されます。ちなみに、「課長」の前に == を付けないで検索した場合は、「課長」を含むレコードの検索となりますので、レコード1~6のすべてが対象となります。

関連ページ

指定した単語に一致するレコードを検索

指定した単語に一致するレコードを検索します。

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 検索対象のフィールドをクリックし、= を入力してから検索文字列を続けて入力します。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、各レコードの役職フィールドに以下のようなデータがあるとします。

  • レコード1の役職のフィールド:課長
  • レコード2の役職のフィールド:課長補佐
  • レコード3の役職のフィールド:担当課長
  • レコード4の役職のフィールド:○○○ 課長
  • レコード5の役職のフィールド:課長 ○○○
  • レコード6の役職のフィールド:課長(○○○)

この中から「課長」という単語に完全に一致するレコードを検索する場合は 、カード検索時に役職フィールドをクリックし、「課長」の前に = を付けて検索します。

検索例)
=課長

上記の検索の場合、以下のレコードが合致します。

  • レコード1の役職のフィールド:課長
  • レコード4の役職のフィールド:○○○ 課長
  • レコード5の役職のフィールド:課長 ○○○
  • レコード6の役職のフィールド:課長(○○○)

レコード2の「課長補佐」とレコード3の「担当課長」は、指定した単語「課長」と一致していないので除外されます。ちなみに、「課長」の前に = を付けないで検索した場合は、「課長」を含むレコードの検索となりますので、レコード1~6のすべてが対象となります。

関連ページ

OR 検索 (いずれかの条件に一致)

複数のフィールドに条件を入力し、そのいずれかの条件に一致するレコードを検索します。

操作例

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 条件毎に [新規] または [複製] ボタンを使ってカード検索画面を表示します。[削除] をクリックすると検索条件が削除されます。検索条件はレコード移動ボタンで確認できます。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、すべてのレコードから、姓が「山田」または「鈴木」のレコードを検索する場合は、まずカード検索画面の姓の欄に「山田」と入力します。次に [新規] ボタンをクリックして新たなカード検索画面を表示し、その画面の姓の欄に「鈴木」と入力して検索します。

関連ページ

AND 検索 (すべての条件に一致)

複数のフィールドに条件を入力し、そのすべての条件に一致するレコードを検索します。

操作例

  1. カード検索画面を表示します。
  2. 複数のフィールドに条件を設定します。
  3. 必要であれば検索オプションを指定し、enter キーか [検索実行] ボタンをクリックします。

例えば、すべてのレコードから、姓が「山田」、名が「太郎」のレコードを検索する場合は、カード検索画面の姓の欄に「山田」、名の欄に「太郎」と入力して検索します。

関連ページ