Archive | 8月, 2017

v4.9 ビジネス、使用許諾数アップのお知らせ

使用許諾数 50 → 100

住所録DBソフト PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。

2017/08/27 の価格改定に続き、「v4.9 ビジネス」の使用許諾数を 50 から 100 に改定いたしましたのでお知らせいたします。FileMaker 同時共有時の PowerAddress 側の最大許容値も 100(注)となります。ビジネスでの利用をご検討中のお客様、この機会によりお求めやすく便利になった「v4.9 ビジネス」はいかがですか。本日から使用許諾数 100 版のライセンスキーが発行されます。

ライセンス 使用許諾数 価格(総額) 備考
v4.9 ビジネス 50 → 100 ¥14,800 → ¥9,800 8/28 改定
v4.9 グループ 10 ¥7,800  
v4.9 プロ 5 ¥5,800  

PowerAddress Store がオープンした 2016/10/15 以降に「v4.9 ビジネス」をご購入いただいたお客様へは、順次、使用許諾数 100 版のライセンスキーを送付いたします。送付まで少々お待ちください。
 ↓
2017/08/29 18:30、対象のお客様へ新しいライセンスキーを送付いたしました。もし届いていないお客様がいらっしゃいませいたら support@powershift.ne.jp までご連絡ください。

関連店舗の対応状況

2017/09/14 06:00 現在の対応状況です。

  • PA SPIKE 店、即時発行 OK
  • PA Vector 店(シェアレジ) OK
  • PA BASE 店、3営業日以内の発行 OK
  • PA STORES.jp 店、3営業日以内の発行 OK

注:FileMaker 側の同時共有数は、FileMaker のライセンスにより変わります。

v4.9 ビジネス、価格改定のお知らせ

価格 ¥14,800 → ¥9,800

住所録DBソフト PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。

2017/08/27、PowerAddress Store 内の「v4.9 ビジネス」の価格を改定いたしましたのでお知らせいたします。ビジネスでの利用をご検討中のお客様、この機会によりお求めやすくなった「v4.9 ビジネス」はいかがですか。

ライセンス 使用許諾数 価格(総額) 備考
v4.9 ビジネス 50 ¥14,800 → ¥9,800 8/27 改定
v4.9 グループ 10 ¥7,800  
v4.9 プロ 5 ¥5,800  

 

 

PayPal 決済を再開

PayPal Express Checkout で簡単決済

住所録DBソフト PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。

その他のオプション

2017/08/12、メンテナンス中だった PayPal 決済を再開いたしましたのでお知らせいたします。決済サービス名は「PayPal」から「PayPal Express Checkout」となります。PayPal にアカウントをお持ちであれば、PayPal Express Checkout での決済が便利です。PayPal に登録済みのクレジットカードで簡単に決済できます。ご購入いただいたライセンスキーは即時発行されます。

決済方法

  1. お好みのライセンスをカートに入れます。ライセンスの一覧はこちら
  2. カート画面の [お支払いに進む] をクリック。
  3. [PayPal Express Checkout] を選び、[Continue to payment] をクリック。
  4. PayPal にログインし、金額、支払方法、規約などを確認し、[同意して支払う] をクリック。

外部サイト

PayPal についての詳細は、以下の PayPal 日本語公式ホームページをご覧ください。

コード署名付き PA RT 4.9 Mac 公開のお知らせ

PowerAddress RT 4.9 for Mac

住所録DBソフト PowerAddress をご利用いただきありがとうございます。

2017/08/11、コード署名付きの PowerAddress RT 4.9 for Mac を公開いたしました。以下のページから自由にダウンロードしてお試しください。

本製品は、PowerAddress RT 4.9 for Mac のアプリケーション本体とソフ ト配布用のディスクイメージにコード署名を施したものです。これにより、本製品が最後に署名した時点から改変されていないことをお客様に保証できるようになります。コード署名による動作改善点は以下のとおりです。

  • Gatekeeper の警告がなくなります
    • 起動時に「開発元が未確認のため開けません」というメッセージが表示されなくなります。Gatekeeper とは、OS X Mountain Lion から搭載されたセキュリティ機能です。
  • macOS Sierra 環境でダウンロードした際の問題を回避
    • 起動時に「メインファイルが見つかりません」というメッセージが表示されなくなります。

インストール方法

  1. ディスクイメージをダウンロード
    ダウンロードページから Mac アプリ版のディスクイメージ(part_490_mac.dmg)をダウンロードします。
  2. 仮想ディスクをマウント
    ダウンロードしたディスクイメージ(part_490_mac.dmg)をダブルクリックします。デスクトップ上に「PART 490 Mac」という仮想ディスクが表示され、その中身を示す Finder ウインドウが開きます。
  3. コピー
    仮想ディスク内の PowerAddress RT 4.9 フォルダを任意の場所にドラッグ&ドロップしてコピーします。コピー先は、デスクトップや自身の書類フォルダがよいでしょう。ドラッグ&ドロップとは、対象物をクリックしたまま移動し、目的の場所で離す操作です。
  4. 起動
    コピーした PowerAddress RT 4.9 フォルダを開き、PowerAddress.app をダブルクリックします。.app は拡張子です。非表示にしている場合は PowerAddress と表示されます。初回起動時は「開いてもよろしいですか?」というダイアログが表示されます。[開く] をクリックして PowerAddress を起動します。

参考

  • デスクトップ上の仮想ディスク(PART 490 Mac)について
    コピーが完了したら、仮想ディスクは不要です。ゴミ箱に移動するか、仮想ディスクを右クリックして「”PART 490 Mac”を取り出す」を選択します。
  • ダウンロードしたディスクイメージ(part_490_mac.dmg)について
    削除してもかまいません。必要であれば保管してください。
  • ファイルの拡張子について
    PowerAddress.app の .app などの部分を拡張子と呼びます。Finder の設定で非表示にしている場合は、単に PowerAddress などと表示されます。

外部サイト

ダウンロード用のページを設置

PowerAddress ダウンロード

住所録DBソフト PowerAddress 4.9 のダウンロードページを設置しました。FileMaker 版の dmg ファイルと Mac 版の dmg ファイルおよびアプリ本体にはコード署名を施しています。これにより、Gatekeeper の警告や macOS Sierra 環境でのダウンロード時の問題がなくなります。v4.9 のダウンロードは、こちらのページをご利用ください。